スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第624話「相子」(補足)

 
「お前は千手…
できれば違って欲しかった

オレの兄弟は千手に殺された…

…だからさ
お互い(はらわた)を見せる
必要もねーだろ

…次からは戦場
会うことになろうぜ
千手柱間…

オレは……
うちはマダラだ」<ギン>(マダラ)

「見て父様!
兄さんの目…!」(イズナ)

「フフッ…
千手の情報は入らなかったが
…代わりにいいものをこちらは
手に入れられたようだ…」
(タジマ)


「…写輪眼…
開眼したのか…?」(仏間)

「その時…
写輪眼の開眼が何を意味するのか……
オレには分かった気がした」(穢・柱間)

第624話「相子」の補足。時期を逸してしまったのでサラッと行きます(汗)。柱間とマダラ。二人はそれぞれの弟を守る為に対峙する事となります。そして、双方ともこれまで無意識に避けて来た双方の「’姓」を知るところとなる…。これまで死んだ双方の弟達…どちらも仇同士の千手とうちは。二人にとって最悪の展開と相成ります。そして、マダラはこの時、写輪眼一つ巴文様開眼します。柱間はマダラの開眼の意味を直観するのです。多大なる愛の喪失…それが写輪眼開眼条件と扉間が提示しましたが、恐らくマダラがその心の中に培った柱間に対する「愛」を、マダラは完全に消去してしまったのでしょう。それは勿論、弟・イズナを守る為。マダラの人となりに照らせば自明の理でありましょう。

未来を夢想した柱間とマダラそれは子供を戦争に引きずり込んで憚らない…それぞれのに拠って引き裂かれたのだと、僕は思います。そういう時代だった…のかも知れません。しかし、そういう時代というものを柱間とマダラは変えねばならないと考えていたのです。それが如何にも儚く脆かったのは、大人が子供を戦に巻き込む倫理観にあったのだと、僕は思います。そして、それに何とか抗おうとする柱間に対して、問答無用で従ってしまったマダラには、やはり扉間が提示した「悪に憑かれた一族」遺伝子レベルでの人格破綻因子が影響しているのでしょう。事実、写輪眼開眼したマダラは掌を返したように柱間を消去する方向に動きます。それは予め計画されていたようにスムースな流れでした。

基本的にこの流れとは六道仙人が恣意的に残したものだと、僕は考えています。特に、どうしようもないキャラ設定瞳力者たる兄系の存在こそ六道仙人の恣意に塗(まみ)れていると、僕は考えています。そして、その一方で出来損ないの兄を放っておけない愛に満ち満ちた弟系を六道仙人は残しています。兄系は「愛」がある故に、それを失う状況で簡単に陥落し、弟系は「愛」が有り余るが故に飢餓感に苛まれる兄系を放置できない…。それが両者が反目しながらも絡み合う構図を維持しているのです。まるで自分の尻尾を食べる蛇のように両者は在る。図らずも、僕はそれを「悪意」をも取れるような表現をしたりもしておりますが、やっぱこれを「親心」と解す度量が必要なのかな……。

<ズバ>「!!?」(イズナ)

「飛雷神斬り!!!」(扉間)

サスケの五影会談襲撃で雷影・エーが雷遁チャクラを纏う「雷遁の鎧」で、外的な防御力の増幅だけではなく、内的に神経系の反応速度を飛躍的に上げ、写輪眼の処理速度をも凌駕する機動性を発揮していましたが、扉間の斬撃は「飛雷神」と銘打っていますが、ミナトが使用した時空間移動というよりは雷影が用いた肉体活性に近いものではないかと、僕は考えています。そもそも「忍」とは「侍」からチャクラの用法を斬撃の補助からもっと広範囲に拡張する方向に分派していますが、扉間の斬撃は丁度、その過渡にあるように思います。五影会談襲撃の折りに雲隠れの知性派・シーが説明していましたが、雷影の戦法も雷遁チャクラを基盤にした「飛雷神」と同様な忍術体系にあったのではないでしょうか。

そして、二痔目火影となる扉間の「飛雷神」をミナトが継承して移動速度の向上を追求した結果、時空間移動にまで術範囲が及んだのではなかろうかと、僕は考えています。その意味で、ミナトが扉間の残した忍術に触れ易い状況にあったのかな…と推察しています。ミナトの「姓」「波風」なのでそういう一族が存在していたのだと思います。そして、二代目火影・扉間→三代目火影ヒルゼンの弟子である自来也に師事する事となります。いろんな環境が「飛雷神」を継承する為に都合が良かったのだとも思います。そして、ミナトには恵まれた才能がありました。そして、恐らく九尾の人柱力であるクシナ協力が加わり、木ノ葉の黄色い閃光「飛雷神の術」は完成されたのだと考えています。

第四次忍界大戦において四代目火影親衛隊ゲンマ・ライドウ・イワシ(?)の三位一体での「飛雷神の術」の再現(水影メイちゃんの転送)がありましたが、三人掛かりでやっとこさ術が発動できたところに注目すれば、「飛雷神の術」には二種類以上のチャクラが関与してて、ナルトが影分身を利用して風遁螺旋手裏剣を練るように、親衛隊の一人が雷遁チャクラ、もう一人が風遁チャクラ、残る一人がそれらを制御していたんではないかと思われ、それがナル×ジャンで考える「九尾チャクラ=閃遁」で埋められれば、九尾の人柱力であったクシナの九尾封印座標に鎮座するクシナの子宮にアクセスできた唯一の存在であるミナトがその恩恵に与ったのではないかと……

ちょっとエッチな事を考えている次第です(笑)。

  

第625話「本当の夢」① | BLOG TOP | 「鬼子」⑧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。