スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第633話「前へ」②

 
「第八班も行くぞコラ!!
七班なんかに負けねェ!!」(キバ)

「うん!」(ヒナタ)

<ザッ>「ナルト!!
これがてめーだけの術だと
思うなよ!!」(影分身の術!!)<ボン>(キバ)

「!

たった一人増えただけじゃねーか!
昔のオレの方がまだ…」(ナルト)

「頭一つ増えただけで

普段の3倍の力だってんだ

見てろ!!」<バッ>(キバ)

「来い赤丸!!」<バ>(キバ)

「ワン!!」(赤丸)


「敵の中に突っ込むぞ!!」<バッ>(キバ)

(犬塚流人獣混合変化!!)<バッ>(キバ)

<ボン>


<ボフ>(参頭狼!!)(キバ)

「ケッ!!

サスケのギャグは胸クソ悪いが

不思議とテンション上がっちまうぜ!!」(キバ)

<グルン>(参頭狼)


(尾追い―)(キバ)

<ズババ>(牙牙転牙!!)(キバ)

今まで二つ(双頭狼)だったのが三つ(参頭狼)になって…頭が一つ増えて三倍ってことは今までは二倍だったんだ…と…キバの言いたい事は一応分かった(笑)。ま…ナルトがこの忙しい最中に突っ込みたくなるくらいキバの影分身がショボくはあるけれど、これでも高等忍術なんだよね。きっとキバはこの理屈で将来的には十頭狼を披露する筈なんだけど、それは”道”(仮)が登場してお話が拗れに拗れて、最後はジャンプSQ月イチ連載になった頃だと思います(笑)。兎に角、頭が一つ触れるとその分強くなるんだわこの子は!!アナログで良いじゃないですか。しかし、十尾の分裂体の壊れ方からしたらマズマズの能力です。これだと右近・左近羅生門も抉じ開けられるかも知れませんね。

左近・右近が召還したのが羅生門でしたね…。懐かしい…全てが懐かしい(遠い目)。あれって第一部の佳境!!サスケ奪還任務編でしたっけ。あの時、シカマル小隊長になって急遽班編成されたんだけど、出発のワンカットに僕は激しく萌えたもんでした。キッ神の画力が迸ってたな…あの神カット。第一部はホントに良かったと、アンチじゃなくても思います罠。僕は毒を食らわば皿までの精神『NARUTO -ナルト-』を貪る覚悟を決めてますから、今もこうして書いてます。結局、纏わり付き方の違いだけなんじゃないですかね。何やかんや言いながら結局読むのは同じなんだもの(笑)。ホントに嫌いだったら、そもそも関わらない。愛と憎しみはそれほど違わないこれはその証明。

サスケ奪還任務編…いざ参らん!!

そして、それこそ『NARUTO -ナルト-』中核なんだから、アンチファンも同じ「夢」を見てるのでしょう。だからアンチの皆さんだって、僕と一緒にキバの十頭狼を拝む可能性だってあるんだから、そこんところは心しておいてください(笑)。そんでキバの参頭狼「尾追い」が犬好きなら理解できるアレで、そんなんで「オ…オイ!!」と突っ込むとこ…突っ込むとこ…と静かに呟いたアナタ…そう、アナタですよ!!アナタも既にケルベロス脳です(笑)。ま…ナルトの同期のパートはスルーすべきだったのだろうけど、忙しくても書いたのはそれなりに語りたかったからで。この子らも日々精進してたってことを、この子らなりにアピールしたいんだろうなーと、僕は感じちゃいました。

それがキバの単なる影分身の術を応用した参頭狼だっていいじゃない!!と、僕は言いたい(笑)。「ミズキ事件」でナルトが額当てを頂戴する前に大巻物一読しただけで禁術・多重影分身千人動員しちゃったのは、正しくナルトがミナトとクシナのハイブリッド銀の匙超超天才だった逆説的な証明になります罠(汗)。しかし、ナルトの同期連は穢土転生の四代目火影・波風ミナトの出現に少しも食い付きませんが…何か!?お前(ナルト)…火影の子だったんか!?に何故にならん(笑)。ナルトは皆に気付いて欲しいから(ウソ)「父ちゃん」とかなんとか言ってますよね。ミナトだってナルトと同じ”九尾チャクラモード”にトランスしてるのに!!(笑)

きっと全部、十尾の所為です(笑)。

やっぱスルーすべきでした(笑)。

内容のないまま続きます(だから書けたというお話)


第633話「前へ」③ | BLOG TOP | 第633話「前へ」①

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。