スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第637話「十尾の人柱力」③

 
<ズズズズズ>(穢・柱間)

(この結界中にできる分身は
これが限界か!)
(穢・柱間)

(影分身の術)(穢・扉間)

(たった2体…ワシもこのザマとは…!)(穢・扉間)

<スッ>(穢・ミナト)

<ダダ><ダッ>(木分身)

「オビトの側が間に合わぬとふんで
オレ自身への攻撃準備…


分かっているハズだ
分身では
このオレは止められないと」
<ジュウウ>(穢・マダラ)

「うぐぐっ…」(オビト)

<スッ…>(カカシ・リン)

エーッと、実況中継みたいでアレですが、次の新ジャンの発売日が土曜日(7/13)なもんで、チクと焦ってます(笑)。ナルト達はそれぞれが与えられた状況の中でそれぞれが考え得る最善を尽くしています。柱間と扉間はマダラ本体を叩くべく影分身を製造します。これは四赤陽陣を展開中で本体が制約されているからであります。現状、戦況を忍連合が優位に保っていられるのは十尾の自由を四赤陽陣(と明神門)で奪っているからで、火影軍団が四赤陽陣四隅を離れマダラ追っかけ始めたら途端に十尾が暴れ出して形勢が一気に逆転してしまいます。それで仕方なく影分身(柱間は木分身)なんだけど、マダラが言うように焼け石に水は否めません。それでも柱間も扉間も自分が出来る事をやらずには居られん訳です。

しかし、微妙に疑問なんですが、数なんですかね?マダラが柱間の木分身に言ってましたけど、本体に割り振るチャクラが大きいから分身に手応えが無いんですよね。だったら、それを更に分割するように影分身を量産する戦術ってどーなんですかね。扉間は自分が2体しか絞り出せないのを不憫に感じてるみたいですけど、影分身を一体にしてチャクラを一本化した方が合理的じゃないでしょうか…と、思うんですけど、彼らは彼らが感じる状況の中で精一杯を尽くしているんだから、傍から何も申しますまい。ま…そう思いながらマダラの顔が何気にキレイに修復されてますんで、マダラがオビトを操って発動してる「輪廻天生」も実際、有効みたいですね。現実にマダラが甦生されてるんでしょう。

御霊が既にそこに在る為に、目に見える「輪廻天生」効果って主に肉体方面に現れてるのかも知れません。だから、柱間&扉間が焦るもの一応、現実に適ってるんだと思います。ただ、それにオビトも必死で抗(あらが)ってるんですね。ミナト班を想いだしーの、ミナトやカカシ…そして、リンちゃんを想い出しながら、マダラのドス黒いチャクラにオビトは必死に抗っているんです。しかし、ここでまた疑問に思ってもヨカですか?オビトは神威の異空間でカカシと二人っきりになってガチでぶつかり合って負けたんですよね。負けても上等!!みたいに捨てゼリフを吐きながら現空間に復帰しましたよね。二人だけの戦いを経て、オビトなりにカカシとケリを付けて戦争に復帰したんです。

オビトはカカシに負けても良かった訳です。しかし、戦争の勝敗は譲れないと言う。それはオビトが夢想する「月の眼計画」を断行する為です。それを成す前提としてオビトが十尾の人柱力になる必要がある訳です。マダラも「十尾の人柱力になる前に柱間と…」みたいに言ってましたけど、オビトも同じように十尾の人柱力になる前にカカシとケリを付けたかったのでしょう。そして、その勝敗にはさほど意味がない…というか、負けて良かった感がオビトには在ると思います。マダラのドス黒いチャクラに必死に抗うオビトが想い出すミナト班…カカシと一緒にリンちゃんは何処かに行ってしまう。それをオビトはただ見ている。しかし、オビトはカカシが憎いとか邪魔なようでありません。

何たってカカシに負けても良いんですから!!そんな事にオビトの興味はない訳です。そして、リンちゃんがカカシを好きな事だってオビトは知っています。それをどうにかしようしても、どうにもならないことはナル×ジャンの「恋愛論」に散々綴ってるくらいですから、オビトだって既に悟っている筈です<キリッ>。だから、オビトはリンちゃん気持ちが欲しいんじゃないと思うんです。オビトがカカシに負けても良いのは、リンちゃん気持ちが自分に無くても構わないからだと思います。そんなの関係なく、リンちゃん幸せならオビトは満足!!なんです。オビトが「月の眼計画」で実現したい「夢」って、きっとリンちゃん幸せなんじゃないですかね。

その願いがオビトを支えてます!!

オビトの一生懸命を、僕は感じています。

ナル×ジャンも一生懸命に…続きまーす!!



 

第637話「十尾の人柱力」④ | BLOG TOP | 第637話「十尾の人柱力」②

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。