スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第639話「襲」(おそう)③

 
「父ちゃん!

三代目のじいちゃんも
父ちゃんの術で飛ばせなかったのかよ!」(ナルト)

「オレ自身かオレのチャクラが間接的にでも
触れていなければ飛ばせない……」
(ミナト・分身体)

「喚くなナルト…

火影達は穢土転生だ…」(サスケ)

「死なないのを分かっていて
敵の出方や能力を分析するため
あえて突っ込んでいったんだ
…あの戦いを見て

心配より分析しろ」(サスケ)

(サスケくんか…
優秀な子だ)
(ミナト・分身体)

「穢土転生が回復するまでには
少し時間がかかるけどね」
(ミナト・分身体)

<ドサ>(オビト)

「まずはオレが出てスキを作る!」<ブワ>(ミナト・分身体)

<ブワ>っとなってますけど、ミナトは穢土転生だから人柱力の要件を満たしていない筈…。なのに何でナルトと同じような”尾獣モード”…ちなみにこれは人柱力の覚醒ステージとしても相当に上位であります…で、穢土転生無限のチャクラのチート以上にチートなんですけど、マダラさんは穢土転生で呼ばれてるから十尾の人柱力を却下されてるんで、ここんところはしっかりと説明しなきゃなんないでしょ!!…って言うか、キッ神に説明責任があるように思います。十尾の人柱力尾獣(一尾〜九尾)の人柱力とでは違うでもいいんですが、死んだ時点で人柱力だったらオッケーとか…。基本的にテイルズ穢土転生はそれで成立していましたんで、そっちかな。

九尾事件で屍鬼封尽を発動してミナトは死んでしまったんだけど、同時に九尾の陰のチャクラ人柱力になってたんだと思います。そのタイミングがミナトの死亡と同期してるだけなんでしょう。そして、屍鬼封尽の死神の腑の中で永久不滅、未来永劫にミナトと九尾の陰のチャクラは闘う地獄を味わうんだけど、その中でミナトの魂は九尾を誑し込んで、丁度現状のナルト程度に九尾とリンクできるように関係性を構築していたと想像します。その関係性(と九尾の陰のチャクラの現物)があって、穢土転生においてミナトは人柱力たり得るのだろうと、僕は解釈します。しかし、チートな穢土転生ではありますが、単に魂の形を具現化する術だと考えると説明し難い…というか、いろいろと破綻してしまう(汗)。

例えば、歴代火影最強の三代目火影・ヒルゼン(臨の書より)がジイちゃんの姿で呼ばれて、マダラさんとか柱間&扉間がいい感じのお年頃で呼ばれちゃのとか、穢土転生って単に魂そのものを呼び出しただけじゃないように思います。そもそも穢土転生って「口寄せ」なんですよね。それに術の要件として「召還者の遺伝情報物質」が必要です。現世の遺伝情報物質(肉)に浄土に行ってしまった(御霊)を口寄せ召還する仕組みだと思うんだけど、時空間忍術としての口寄せにおいて、魂の召還座標として何年前とか…何年何月とか…魂が現世に在った日時を指定できるんじゃないかと思うんです。それで歴代火影って大蛇丸がサスケの疑問を解消する為の証人として知識が必要ですね。

柱間や扉間は木ノ葉隠れの里の興りから草創期の証言は絶対必要ですから、二人がバリバリの現役の頃合いで召還可能ですけど、ヒルゼンの場合は木ノ葉隠れの上層部として執政している頃の証言が必要ですから、全盛期を通り越したジイちゃんの姿で呼ばれる必要があったのだと思います。そもそも、大蛇丸がサスケの為にお膳立てした穢土転生は戦闘用ではなく、歴史の生き証人的な役割でしたから、柱間&扉間は偶々全盛期辺りでしたけど、ヒルゼンはそれに当たらないジイちゃん(上層部として執政していた頃)で在るべきなのです。なので、この穢土転生のヒルゼンは「歴代火影最強」にはほど遠い老いぼれだと思いますが…何か(笑)。彼らは証言者であって戦闘のコマではなかった筈です。

しかし、結果的に穢土転生完成度が上がって、生前の力量が思いっ切り正確に再現されたから戦闘力がハンパ無かったんですが、それは狙った結果ではなかったと思います。戦闘力云々を優先するならヒルゼンはもっと脂の乗った若き日を指定したと思います。恐らく、穢土転生の召還術式には召還時期の指定が可能なのだと思います。ミナトの場合は九尾事件の一部始終を知り得るタイミングが史実として残ってる筈ですから、そこをピンポイントでしていしたから、九尾の陰のチャクラ人柱力として穢土転生に召還されたのだと思います。ただ、その時点と人柱力として熟成された期日(死神の腑で揉み合った末)が同一とは考えにくいはので、ミナトの場合はある程度大雑把な召還指定が結果的にナルトの利益に傾いたのだと理解するべきでしょう。

大蛇丸も戦争に全く興味がなかった訳でもありませんし、屍鬼封尽・解歴代火影穢土転生が単なるサスケへの奉仕にしては大袈裟過ぎます。その意味では、もっと大きな意志が背後に在って大蛇丸に関与している可能性もあるでしょう。ソースがイマイチ不明瞭ですけど、オビトやマダラがラスボスではない…というのがアリなら、僕だったらこの辺からズブズブと広げるかな(笑)。十尾の人柱力のオリジナルとしての個体が世界を統治していた…とする考えも甚だ虚無戦記的ではありますが、それを意識しています(笑)。いろいろとかき混ぜてみましたけど、そんな訳で穢土転生のミナトは九尾の陰のチャクラ人柱力として<ブワ>っとできるんだよ…と、僕は考えます。

続きます@サブカル脳(笑)。

 

第639話「襲」(おそう)④ | BLOG TOP | 第639話「襲」(おそう)②

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。