スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第641話「君らがメインだ!!」⑤

 
<バッ>「天照!!!」(サスケ)

「!!」(穢・ミナト/扉間)

<グルル><ドゴウ>(オビト)

「サスケくん!ナルト!!
オレがスキを作るって言ったでしょ!」(穢・ミナト)

「オレがスキを作る!」(サスケ)

「イヤ!オレ達でだ!
メインは父ちゃん達にまかせる!!」(ナルト)

「チャクラを
左目に溜めていたのはバレてる…
不意打ちにはならんぞ」(オビト)

「行くぞ…四代目」<トン>(穢・扉間)

「まったくもう!」(穢・ミナト)


分身での飛雷神ではやはり遅い…
ワシら2人で飛雷神回しをやるぞ
お前もマーキングをワシに付けておけ」(穢・扉間)

「ナルト
今度はオレが写輪眼で
お前のチャクラ比に合わせる」
(サスケ)

「ンとに負けず嫌いだってばよ
コイツも!」(ナルト)

「ハイ…この体なら…
当たってからでも…」(穢・ミナト)

<スッ>(穢・ミナト)


(風遁・螺旋手裏剣!!)(ナルト)

(炎遁・加具土命!!)(サスケ)

<ガッ>

<ズオ>

それで、ミナトがサスケサスケ主導の合わせ技の術名を考案するなら、ズバリ灼遁・光輪疾風漆黒玉壱式」なんだろうな…と、僕は思いました。後述がありますが、その命名(詠唱にちかいけど…笑)は端折られます(笑)。ミナトの考えとしては、光輪=螺旋丸。疾風=ナルトの風遁属性。漆黒=火遁秘術・天照。=形態。壱式=合わせ技のバージョン…を整理しているんだと思います。僕も写真を撮る時やフォトショで加工する時などに、日付を名前に織り込んで管理していますが、アーカイブの管理手法として、ミナトはタグである程度の情報を引っ張って管理したい人なのかな…と、僕は思います。それと十尾に対して放たれた初回の零式より壱式の規模が小さいのはサスケの問題でしょう。

零式は扉間が絶賛した規模の加具土命でしたけれど、あれはサスケ・須佐能呼渾身の一撃にナルトが潤沢なチャクラ量にモノを言わせて「チャクラ比」を合わせたからでありまして、如何に永遠の万華鏡写輪眼のチャクラを運用するサスケと言えども、”九尾チャクラモード”…外見は”尾獣モード”のナルトではありますが、今は九喇嘛が引き蘢ってスタンドアローンのナルトでありますれば、明神門の直上に蓄えた九尾のチャクラのみを租借する量的な制限があると考察…のチャクラ量には劣るのだと思います。チャクラ無限の穢土転生でも制限があるように、埋蔵量(貯蔵量)と一回の術の発動で使用出来るチャクラ量は「水道の蛇口」のようにボトルネックよろしく違うモノです。

サスケも一撃に関してはナルトに遜色はないでしょうが、それを連発するとなると息切れするのだと思います。それと今回は双方の掌で練り上げたチャクラを授受する形式で合わせ技を演出していますので、自傷の回避もあって規模を限定した可能性もあります。それで、「チャクラ比」ですけど、サスケが意図的にそれを加減したとすれば、今回の術名に「灼遁」ではなく、「炎遁」が冠せられる可能性もありまして、その辺の精密なミナトの見立てというものに、僕は多大な興味があったんですが、激闘のドサクサに紛れてなし崩しになりそうな気配です(汗)。この描写は「チャクラ比」の加減で血継限界チャクラが変化する提示になりえるものでありまして、ちょっと下腹ウズウズします…。

そこまで拘るかよ!!と申されましても、それがナル×ジャンなので仕方ない(え!?そんなのどうでもいい…とな…汗)。ま…ナルトが一般的な出力(決して大玉とか超大玉じゃない)で練った風遁螺旋手裏剣に相応しい炎遁・加具土命を用意し、ナルトの風遁螺旋手裏剣を模した回転数や回転量を帯びた(形態変化)炎遁チャクラをサスケは出力して、自然に馴染ませる…同期させてるんですね。これは超高等技術であり、螺旋丸をサスケがコピーしている可能性を濃厚に感じる描写でもあります。非常に余談ですが、だからサスケはナルトとの決戦で、炎遁・螺旋丸とか、もっと高等にと千鳥丸(螺旋丸+雷遁…雷遁・螺旋丸、或いは雷遁・螺旋手裏剣とか…)とかをサクッと出す可能性がありますね。

それで、前回の零式(ホントにもう「零式」で良いし、ミナトとナルサスの分別をしたいなら頭に「光輪」を付けて「光輪・零式」でおK…というか、それってナルトが螺旋丸オンリー前提なのも微妙に切ない…笑)ではナルトが「チャクラ比」を調整してたのがバレました。それはナルトが”尾獣モード”で良好な感知能力を有しているでしょう。この辺り、”仙人モード”と混用・混同されがちですが、基本的に扉間→ミナト→ナルト「感知系」みたいな…そこはかとない同系統「縁」みたいなものを臭わせているのだと思います。僕としては柱間突出した存在(特異点)なだけに、扉間系の方が正当な弟系の発展形態ではないかと考えていまして、明らかに主流に思えるんですが…。

続きます(ちょっと散漫でスミマセン)。

 

第641話「君らがメインだ!!」⑥ | BLOG TOP | 第641話「君らがメインだ!!」④

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。