スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第647話「後悔」(補足・敵)

 
「神樹」は争いを繰り返す人類に関わることなく存在し、人類はそれを「神柱」と崇めていた提示がありました。「神樹」神聖視され、両者が関わらなかったのは寧ろ人が畏怖を感じ近寄らなかったからかな…と考えています。「神樹の実」を食った大筒木かぐやはある意味禁忌を犯した訳で、それに怒った「神樹」が動物化した姿が「十尾」であり、十尾が暴れたのは忍に伝わったチャクラを奪い返しに来た…忍は十尾「養分」であった事実が、忍連合の心を挫(くじ)き、絶望の淵に今将に沈まんとしていると、僕は現状を受け取っています。そして忍が十尾(最終形態)の「養分」というのは、今さらかぐやが食った「神樹の実」復元できないからかな…とも、僕は思いました。

かぐやが「神樹の実」を口にし、それは遺伝的形質として六道仙人である大筒木ハゴロモに継承されています。そして、それは兄・弟に後継されて、チャクラを扱える能力を有する「忍」が派生しています。この過程で「神樹の実」は忍の経絡系へと変移し、分散しながら独自に進化していると思われ、恐らく非可逆。「神樹の実」復元不可だから、十尾(最終形態)は忍からチャクラを吸う以外ない。それが忍が「養分」たる理由であろうかと、僕は考えています。そこから「神樹の実」とは十尾チャクラを発生させるモジュールだった事実が浮かび上がって来ます。「実」と言うとアレですが、千年に何らかの事情があって一所に集めてアレしてたのをかぐやはパクッとやったのかな(笑)。

ま…細かい部分はこの際スルーしてもいいと思いますが(笑)。十尾と九つの尾獣の関係性は可逆性が認められるので、「神樹の実」は機能的に自然エネルギーからチャクラを発生させるコンバーター(変換器)みたいなものなのでしょうね。その機能やノウハウが「神樹の実」に詰まっていたのでしょう。それを喰らい尽くしたのがかぐやで、ノウハウを解明(明確にチャクラの存在を認識させた)したのがハゴロモ…なのかな。それが「忍宗」の元の元だったように思います。そして、その真理が示す方向性の一部分を拡大解釈して忍…六道仙人の二人の子である兄・弟の子孫…が発展させたのが「忍術」だったと思います。そして、それは神樹が失った機能と能力と重複する。

神樹十尾チャクラ(=神樹の実)

忍がチャクラの運用を効率良く術に変換するスキルを高めた結果、「チャクラを失った神樹」とも言える十尾の暴力を時に凌駕し抑え込む可能性を見出すに至る…。それが「人柱力のシステム」であり、封印に至る不可能を可能にする数々の戦略性に長けた忍術の運用だったと思います。「神樹の実」を食ったかぐやの子孫の知性レベルが子々孫々に極端に向上しなかった事。実を食った前後で世界の情勢が変化無く人類(忍を含む)が争いに明け暮れた事…などなどから、「神樹の実」十尾の知性レベルの因果関係はないと推認でき、そもそも神樹に知性はなかったと、僕は断定しています。それは「神樹」が完璧な単体として在るとするナル×ジャンの想定とも符合しています。

完璧な単体だから他を思い遣ってり気遣ったりする必要が無い。知性なんて必要ないのです。そして「神樹」から「神樹の実」が知性を有する人(類)の手に渡り、そこから「忍」が分岐し、それが「忍術」が発達した筈で、オビトが十尾の最終形態でやらかそうとしている「無限月読」とは十尾の人柱力オプション(六道仙人が考案した忍術)だったと導き出されるんじゃないでしょうか。それを成す為に必要なのが「輪廻眼」「柱間細胞」だったと、僕は考えています。オビトはそれらを使って十尾を取り込み、執念でコントロールし切った…その結果、十尾の最終形態を制御下に置けたんですね。これは人(類)が神樹(実が欠けた部分=十尾)を取り込んだ結果でもあります。

「神樹の実」を取り込み、チャクラを得た人類が、チャクラの運用を発展させた「忍術」をもって、今度は「神樹」すら取り込めたのです。斯くも浅ましいのが人の本質なのかも知れませんね(笑)。結局、人(類)の敵は人(類)なのです。忍の敵は忍なのです。人は神樹すら武器に換えてしまう。それをマダラは「呪い」(呪われた)と示しているのです。これは非常に的を射た(×:的を得た)発言だと、僕は考えています。物語は十尾の人柱力という絶対的な敵を見出しています。しかし、問題はその本質に在るのではないかと、僕は考えます。ここで僕らは考えないといけないんじゃないでしょうか!?本当に戦うべきは何なのかを。そして、きっとその答え「呪い」を解くになるでしょう。

第647話「後悔」
ナル×ジャン ケルベロス


 

第648話「忍の夢…!!」① | BLOG TOP | 第647話「後悔」(補足・チート)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。