スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第648話「忍の夢…!!」①

 
「サスケェ!!
オレも行くってばよ!!」(ナルト)

「フン………」(サスケ)

「……」(忍連合)

「……」(忍連合)



「…うずまきナルト」(オビト)

(何度も…何度も…)(オビト)

「すまねーな…またチャクラ
もらっちまってよ
」(九喇嘛・陽)

「…気にするな」(九喇嘛・陰)

<プチ>(ナルト頼むよ)(穢・ミナト)

<フッ>(穢・ミナト)

「で…

サスケ…お前…
相手は仙術しか効かねェって
分かってるよな!?」(ナルト)

「さっきのお前と一緒にするな」(サスケ)

<ズズズズ>(重吾)

<ズズズズ>(須佐能呼)

<ズズズズ>(須佐能呼)


「…香燐ほら…!
アレってさ…サスケの呪印模様だよね…」(水月)

「呪印の力は無くなったハズだろ…」(香燐)

「そもそも重吾の呪印仙術の力
…かつて私の実験でその重吾のチャクラを注入して
直ぐ呪印解放したサスケくんだもの……

サスケくんの須佐能呼が同じように
重吾のチャクラに適応しても

何ら不思議じゃないわ

つまり仙術須佐能呼ってとこかしら」(大蛇丸)

(……うちはサスケか…
かつてのマダラと同じ可能性を見せる
…うちはの者よの)(穢・扉間)

「…ウチもあっちに交ざろっかなぁ……」(香燐)

「邪魔だってまた刺されるよ」(水月)

「ラァ!!」(香燐)

「うわっ!」(水月)

(そしてサスケくん…
アナタの力はこの後ろの二人と違って…
…イヤ
私のどの実験体とも違って……

まだまだこんな程度ではない
私には分かるのよ…私の生涯をかけ集めた
情報から導き出せる
私の勘がこう言うの

アナタはいずれマダラを超えた忍になると」(大蛇丸)

何か…アレですかね…最近、ワザと読者のツッコミを登場人物の台詞で先に言わせてますよね(笑)。ナルトが神樹にチャクラ吸い取られたのを九喇嘛・陰が手助けしたり(ミナトの方はチャクラスッカラカンで飛雷神出来ないって言ってたのに!!)、サスケの”須佐能呼”に重吾の呪印が展開したり…実はこうでした!!というのが「何度も…何度も…」出過ぎじゃないですかね(笑)。ま…細かく補足すると、ミナトと九喇嘛・陰リンケージがまだ弱くてミナトが九喇嘛・陰のチャクラを上手く引き出せてなくて、それよりも親密な九喇嘛・陽(ナルト側)にならまだ提供するチャクラがあったと弁解も可能ではあります。チリチリのミナト(チリミナ)にナルトの”尾獣モード”の尻尾が接続されています。

”須佐能呼”だって、サスケのチャクラの具象化であり、重吾から抽出した呪印(酵素)に適応できたり、重吾細胞拒絶反応なく受け容れたサスケと重吾の親和性の高さは明らかであり、それがチャクラベースで実現されたとしても確かに「何ら不思議じゃないわ」金融庁検査っぽく呟(つぶや)きたくはなります(笑)。しかし、どっちも結局、何度も…何度も…だし(笑)、伏線としては弱い。今回みたいにチャクラが都合良く調達できるならナルトはここまでピンチに陥らなかったし、これじゃーチャクラ切れで死にかけた(一度は死んだ)カカシに失礼千万です(笑)。それに輪を掛けて”須佐能呼”に呪印が展開されるなんて未曾有(みぞう)のアクロバットじゃないですか!!(笑)

ま…サスケがナルトとバランスできずに落ち込みそうでしたけど、そこんところを重吾が押し上げる形に収まりそうですね。そして、それを誰よりも大蛇丸が期待しています…と言うよりは、サスケは「いずれマダラを超えた忍になる」と、大蛇丸は断定しています。大蛇丸が生涯掛けて集めた情報がその根拠とありますが、恐らくその情報が穢土転生のマダラを全盛期以上に押し上げたのでしょうから、既に検証が済んでいるとも言えます。具体的にマダラを超える…というのは、今将にマダラが柱間に粘着してグダグダしてるアレであると思われ、それがサスケと重吾の肉体的、チャクラ的な親和性の高さとして、大蛇丸の中ではそれらが同種の可能性として感じられているのだと思います。

大蛇丸がヒヨッコのサスケにアッサリと切り刻まれて、サスケは大蛇丸の遺産を好き放題にしました。サスケが当時結成した"蛇"(現”鷹”)の班員である水月、重吾、香燐も大蛇丸の実験体でありました。それを大蛇丸の「未必の故意」だったと考えると、やはり水月は大蛇丸のスパイで、ある種の「保険」だったんじゃないかしらと、僕は何度目かの妄想タイムに突入しています(笑)。重吾サスケスキーな気持ちだって、予め仕組まれた感情かも知れないし、もっとネチネチと「君麻呂→サスケ」と段階的に重吾洗脳して操る作戦であったとしても描写的には通ります(`・ω・´)キリッ 大蛇丸もイタチのように、サスケを逃げ道の無い一本道に追い込んでいたのかも知れないです。

天の呪印でサスケの拒絶反応を確かめて、今度は重吾細胞との融合を試す…それを水月と香燐が上手くサポートしていた訳で、何とまあ都合のいい!!(笑)オビトじゃないけれど「何度も…何度も…」となる(笑)。サスケがこう成るように大蛇丸は願い仕組んだのではないか?!サスケがマダラを超えるというのだから、重吾細胞の効能により先ず「輪廻眼」が開眼して、次いでサスケも仙術を操れるようになるのでしょう。サスケがそう成れれば、マダラを出し抜いてオビトに取って代わる事だって可能でしょう。マダラが柱間から仙術オプションを戴くのが先か、サスケの中の重吾細胞が覚醒するのが先か…それが問題なんだけど、仙人化した時のサスケの鼻のマーク(手裏剣文様)だけは戴けない(笑)。

続きまーす!!



 

第648話「忍の夢…!!」② | BLOG TOP | 第647話「後悔」(補足・敵)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。