スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第648話「忍の夢…!!」⑥

 
「………」(忍連合)

「……」(忍連合)

「今日はその夢への
第一歩にしていただきたいのだ…!
どうか!どうか!どうか!どうか!

どうか!」(柱間)

「頼む!!

我らの愛すべき子供達よ!!

今こそ我ら忍の痛みから

苦悩から

挫折から…

紡いで見せてくれ!!

我ら忍の—

本当の夢を!!」(穢・柱間/分身体)

柱間の言いたい事は良く分かるんです。それに忍が詰まらない事で殺し合わないで済む仕組みを何とか創ろうと、生前頑張っていたのも良く判ります。加えて、柱間の純朴な人間味が理屈云々ではなく注目に値する希代のカリスマを有していた事も、『NARUTO -ナルト-』の読者として毎週週ジャンを心待ちにして毎回毎回しゃぶり尽くすように味わってますから、柱間のウンタラカンタラは容易に理解できます。柱間人間味…もっと言うと…人間力が世界をダイナミックに動かしていた様が伝わって来る。それを「カリスマ」の一言で説明するのは癪ではありますが、凡人には如何ともし難い、越えられない壁。人生の不公平たる「血と肉と骨」を、読者の一人としてヒシヒシと感じます。

しかし、柱間の意識がいのの心転身のネットワークを介して忍連合全体に流れ出して、この期に及んで忍連合が柱間の偉業を知るに至り、「忍の夢」とされるモノに気付く…。僕はそれを「今さらかよッ!!」と糾弾したい気持ちで一杯なのであります(笑)。まったく…この子らは、いい歳したオッチャンも居るやないですか…忍連合は何と戦うつもりだったんですか!?と、僕は問いたいです。命懸けで戦ってましたよね…彼ら。我愛羅が演説して<ワーッ!!>と盛り上がってましたけど、今さら柱間意識に触れて本気出すとか、正直有り得ない…と言うか、今までおまいら何の為に戦ってたんだよ!!と言いたい。言わせて頂きたい。ああ…戦死したネジが不憫だわーっ。

まさかとは思いますが、我愛羅が演説して何か盛り上がってるし、”暁”だか何だかの悪者が「月の眼なんたら」をしようとしてるから蹴散らそう!!皆もそう言ってるし…みたいな感じで戦争が始まったのかと思うと、これまでに戦死した忍が犬死にしか思えません(汗)。僕にはこんな事で揺らいで、こんな事で持ち直す忍連合の忍達が危うく感じられます。こんなんでこの人らは命を懸けるし、他人の命も奪えるのですから、これを危ういと言わないなら、何を危ういと言いましょう(笑)。この子らは「歴史」から何も学ばない…と言うか、そもそも「歴史」という学問がない。いやいやいや…それ以前にこの世界には何も無い。「憲法」とか「法律」とか。僅かに「拳法(剣法)」はあるか(笑)。

ハッキリ言って異常ですよ。雷影の「押し通る」とする単純明快な生き様を「忍道」『NARUTO -ナルト-』の世界観では定めています。そして、忍はそれぞれ自分が好き勝手に決めた「忍道」を拠り所にして生きています。それは裏を返せば敵である忍には何をしてもいいという事なのであります。トビがナルトの「忍道」に対して度々ツッコミを入れてましたけど、それって自分勝手な生き方に対する批判であって、メチャクチャ正論なんじゃないでしょうか?!「自分の仲間は死なせない」→「じゃ、それ以外は死んでもいいの?」ってなりますよね。それで「オレもお前と同じなんだけど」ってなったらお互い殺し合うしかないじゃない。それがこの世界の「痛み」なんじゃないの!?

僕は柱間の意識一つでやる気出す忍連合って恐いと思いました。それ以前に、自分らが何の為に戦っているのかをイメージできないまま命を懸けたり、他者の命を奪えるこの人らが恐ろしいよ。こんな程度の低い人らがチャクラとか忍術を操って大それた事が出来る世界があったら、普通は絶望すると思います。民度が低すぎる。ホントの土人さんには悪いけど、この人らは土人です(笑)。僕も「無限月読」でこの人達を眠らせるのに賛成!!!!なんだけど、それだと『NARUTO -ナルト-』不憫なので、ここから改心する方向に突っ走るお約束を信じて監視を続行します(笑)。誰か…この異常な世界異常さに気付いて!!その為に考える力が何よりも重要だと、僕は考えるのです。

絶賛死にかけ中シカマルの頭脳が…。

第648話「忍の夢…!!」
ナル×ジャン ケルベロス


 

第649話「忍の意志」① | BLOG TOP | 第648話「忍の夢…!!」⑤

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。