スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異議④

 
「ワシのかつての教え子でしての…」(自来也)

「!」(フカサク)

「!」(シマ)


「そんな奴がおったとは
聞いとらんぞ!
…ほんならそいつも—」(フカサク)

「予言の子…か!?

なら…何でお前が闘う?」(シマ)

「どうやら
正しい方向には
成長しなかったようでしての
…それに
すでに死んだと聞かされてまして…
この子ではないと
思い込んでました」(自来也)

「どちらにしろ

正しくなけりゃ

殺さなにゃいけん!」(フカサク)

自来也がペインと殺り合ってたのって巻ノ四十一(第41巻/118-119頁)だったんだ…それで死んだのが巻ノ四十二で、今から何年前なんだろー。もうかなり前だけど(←数えろやーッ!!)、それでも自来也”仙人モード”の支援に駆けつけた二大仙人のフカサクとシマと自来也のやり取りを読み込んで「エーッ!!」と心の中で絶叫したのを今も生々しく覚えております。そうなんです。自来也は自分の弟子を殺しまくっていたんです!!こう書いてしまうとちょっとアレですが、世界が未だ自来也弟子予言の子によって正しく導かれていませんので、病死か戦死、その他の事態で死んでしまわなければ、自来也が殺していたって事になります。そして、その理由が凄い…。

正しくなけりゃ…ですから!!僕は自来也”仙人モード”を見て、アレレ!?と思ったもんです。な、何で両肩にフカサクとシマが載っかってるんだろう…って。何でも「動くなのチャクラ」を練るパートを仙人蝦蟇が担当して、おまけに自来也サポートしてるという触れ込みなんですが、これは自来也の態のいい監視役だな…と、僕は思いました。それでこの随分と後に、フカサクが「仙法・両生の術」仙人化できるようになったナルトに試みるんですが九尾のチャクラ(当時はこれを八卦の封印式の拒絶と解釈しておりましたが…)に弾かれるのを見て、僕は「よくやったもんだ!!」と、賞賛しましたっけ(笑)。

当時はミナトも仙術を修得してて、同じように妙木山の監視を逃れる為に「仙法・両生の術」を断る必要があり、それでミナトは”仙人モード”のリミットである5分以内に全てを成し遂げる時短スペシャリストとして大成し、「木ノ葉の黄色い閃光」と呼ばれたんじゃないのか?などと考察したのが…懐かしい(※「ミナトは何故、"黄色い閃光"だったのか?」参照)。結局、穢土転生で呼ばれたミナトの描写で仙術「せ」の字もミナトにはなかったんですけど、ミナトは仙術の力を借りるまでもなく九尾と殺り合う手段がありましたから、別の意味で凄いです。「九尾事件」なんてのがなけりゃ、ホントにミナトが「予言の子」として世界を変革してたんじゃないかと思います。

なければ、ミナトだって自来也に殺されてたかも知れないんです。僕はね…フカサクやシマが言う「正しくなけりゃ…」って何なの!?って疑問なんです。有り体に言わせて頂くなら虫酸が走ります(笑)。正しいとか正しくないに何で妙木山蝦蟇が関わらんといけないんですか?ま…確かに自来也も一緒に居るけど、明らかに二大仙人の蝦蟇ちゃんが主導してるやありませんか!?まるで自分らが絶対の正義だと言わんばかりじゃありませんか!!それだったら、大ガマ仙人がこの世界を変革したらいいんですよ!!高齢でダメだって言うのならフカサクやシマがやればいいじゃないですか!?何で自来也弟子をわざわざ選別して行く必要があるのよ。そんなの狡いじゃない!!

…と、僕は思うんです。でも、それが「予言」なんだから仕方ないと蛙の唄がそれこそ大合唱で聞こえて来そうですが、よくよく考えてみると、これって「うちはの石碑」同じじゃね↑?と、僕は考え至る訳です。勿論、大ガマ仙人が垂れ流す「予言」のネタ元は六道仙人だと、僕は考えています。どっちも酷く迂遠(遠回し)で、芸風と申しますかやり口が全く一緒じゃない!!しかし純粋な蝦蟇を間に挟んで、これまた純粋な自来也を抱き込んで、無邪気な「情」で無邪気な自来也雁字搦めにして管理するなんて許せない…と、まあ…短気な僕は熟考の末に激しく切れた訳です(笑)。そういう訳で、当事者であるフカサクやシマと自来也の信頼関係とか愛情の所在担保されるとも思います。

自来也ペイン戦においてフカサクとシマに心の底から感謝していましたから。フカサクとシマだって自来也我が子…否…我が子以上に愛していたと思います。あの頃、僕は感想を書きながらいつも泣いていたな…それを思い出してまた今もが溢れちゃうんだけど、いくら弟系だからってね…「愛」を武器みたいに振り回しちゃいけないよッ!!自来也がどんな想いで可愛い弟子を殺して来たと思ってるんだよ!!「愛」を嘗めんなよッ!!善意の第三者として妙木山を使ったのだろうけど、六道仙人のやり口は許せねー!!と、短気な僕はヒートアップしちゃう…。そして自来也だってそうだったんじゃないのかな…と思うんですよ。それで自来也はフカサクやシマ…妙木山切れる為に…。

いいところですが…続きます。

明日は感想(13:00)だよーッ!!


 

第655話「轍(わだち)」① | BLOG TOP | 異議③

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。