スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第655話「轍(わだち)」①

 
<ズズ…>

「約束を守ったな…!
うずまきナルト
オレ達を本当に助けやがるとはな!」(孫悟空)

「オッス!孫!!」(ナルト)

「ヘヘ…」(牛鬼)

(ラッキーだった)(重明)

(やるやよ…)(犀犬)

(本当にな)(穆王)

(そうね…)(又旅)

(よかった!)(磯撫)

(…!
こいつは…確か…)(守鶴)

<ダッ>(サスケ)

「!」(ナルト)

<カチャ>(サスケ)

「おっ…!おい!」(ナルト)

「待てサスケ!!」(ナルト)

「奴は…!?」(忍連合)

「奴はどうなった!?」(忍連合)


「あっちだ!
まだ生きている!」(シー)

「!」(オビト)

(そうか……負けか……)(オビト)


<ズズズズズズ>

「!」(サスケ)

<ズズ><ザッ>(カカシ)

「…!」(穢・ミナト)

「カカシ…」(サスケ)

「!!」<ザッ>(ナルト)

「サスケ
積もる話は後だ…
急に出て来てすまないが

かつて…
同期で友であったオレに
こいつのケジメをつけさせてくれ」(カカシ)

「カカシ先生!

そいつは今…!」(ナルト)

一尾・守鶴。二尾・又旅。三尾・磯撫(いそぶ)。四尾・孫悟空。五尾・穆王(こくおう)。六尾・犀犬(さいけん)。七尾・重明。八尾・牛鬼。九尾・九喇嘛。二尾は「猫叉」だと思ってましたが「又旅」が正解でした(汗)。また尾獣達も十尾の中でそれぞれのアイデンティティを失う事無く独立したままで居られたんですね。十尾のチャクラを九分割して生み出された尾獣達でしたが、それぞれが独立してそれぞれの人生(←尾獣の場合なんて言うの?)を歩んで来ましたから、充分に自我が確立されているんでしょう。それが十尾に取り込まれた後も解け合う事を拒んだのではないのかと思います。尾獣達も十尾の中から出ようと必死に闘っていたんじゃないでしょうか。

そう考えれば内外からの攻撃をたった一人で何とかしてたオビトも大したものですけど、尾獣のチャクラの所有権は十尾に在って、その管理者であるオビトのでも折れない限り、最後の大綱引きも忍連合に勝機はなかったのではないかと思います。それ程、九つの尾獣のチャクラを統合した十尾とは巨大な力なのだと思います。なので、最後まで諦めずオビトに食い下がったナルトの功績は非常に大きく「予言の子=変革者」の面目躍如といったところでしょうか。しかし、オビトの主張の僅かな綻びをこの騒がしさの中で見逃さず、的確に論破したナルトの頭脳明晰さ。僕だったらグダグダでおまけに短気なので「四の五の言ってないで…」議論そのものが成立しなかったろうなー(笑)。

ここで注目すべきは何が何と戦っているか?というところでしょうか。それはナルトやサスケ、忍連合の忍達だけでなく十尾に取り込まれた九つの尾獣にも当て嵌めて考えるべき問題点でしょう。僕はこの世界は異常だと考えていて、その原因は六道仙人の生前の悪巧み(仮説)にあると、僕は思っています。芸風としては分割好き?もしかしたら六ちゃんってジグソーパズルファンだったのかもーと疑いたくなるくらいです(笑)。そして、それを世界に鏤めてこの混沌の下地を拵えたんだと思います。そして、その意図を効率的に再現させる為に遺したのが兄系「うちはの石碑」であり弟系「予言」だったんじゃーなかろうかというのを「異議」(疑問の考察)でネチネチと展開してる訳だ。

取り留めのない話ばっかで申し訳ないので本編に戻りますと、力尽きて倒れるオビトにサスケが駆け寄り、大蛇丸から拝領した草薙の剣でチャッチャと片付けようとするんですね。これはオビトがマダラとして「うちは虐殺」に関わったからだと、僕は思います。「うちは虐殺」の一部始終はイタチ本人からしっかりと聞かせれていまして、オビトの大罪をサスケは許せなかったのでしょう…けど、サスケだって鉄の国で侍を殺しまくってますし、今まで散々好き勝手して来たのに、ちょっと面の皮が厚過ぎないですかー…ですけど、そこはイケメン無罪の法則が発動されるのかな(笑)。しかし、その凶行を食い止めたのがカカシ先生。神威の異空間からは自力で復帰できたようですね。

ナルトの提供した九尾の衣は消え失せています。それ程に神威の異空間でのオビトとのガチンコ対決が苛烈だったのでしょう。しかし、ここでサスケに先んじてオビトに馬乗りになってクナイを構えるのはカカシの大人がサスケを気押すには充分で、サスケの身勝手な生き方をやんわりと戒めているような気がしてなりません。ナルトが「そいつは今…!」とカカシに言ってますが、尾獣を抜かれた人柱力は死にます。だから、もうオビトは長くない…と伝えたかったのでしょうが、そんなのカカシだって織り込み済みだと思います。自分だけが苦しいと思うのは子供です。一方、尾獣を抜かれても直ぐに絶命できない生命力をオビトは呪っているのかな?

クシナ草葉の陰で…さぞかし…。

続きまーす!!


 

今夜も月が綺麗ですね(131118) | BLOG TOP | 異議④

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。