スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第657話「うちはマダラ、舞る」③

 
<ダッ>(サスケ)

<スッ>(マダラ)

<サッ><サッ><サッ>(サスケ)

<ザザッ>(マダラ)

「それこそこちらのチャンス

これで確実に殺して
あの世に送り返す事ができる」
(サスケ)

<ザ>(マダラ)

「!」(ナルト)

<ムクッ>(サイ)

「くっ…」(穢・柱間)

「穢土転生のままがよかったと…

悔やみながら逝け!」<ヒュ>(サスケ)

<ズッ>

<ガッ>



「…!
感じるぞ…
その万華鏡

……直巴

通りでいい動きをする
オレの輪廻眼が帰って来るまでの間…(←言っちゃってますけど)
お前の眼をいただくのも
いいかもしれんな」
(マダラ)

サスケが妙にアグレッシブですなー…と思いつつ、穢土転生から輪廻天生にその態を移したマダラの本質をしっかり見抜いてるなと、サスケが頼もしく感じられました。ナルトが示したオビトの出自からはサスケとマダラが血縁にあるような感じですけど、そんな事は関係なくうちは一族として、サスケはマダラの行動に責任を感じているのだと思います。それに加え、オビト戦では仙術スキルが自分には備わっていないので重吾のアシストで辛うじて存在感を示していましたけど、今度は通常攻撃が通じる!!その見立てがサスケにはあるから張り切ってるんだろうなと思います(笑)。しかし、サスケの剣技は素晴らしい。斬撃で間合いを測って刺突でマダラをまんまと捉えています。

これはサスケの写輪眼がマダラのカウンターを充分に警戒できているから思い切り踏み込めたからでしょう。しかし、サスケの切先を腕で受けて何ともない(動じない)マダラが想定外(笑)。普通はこれで詰みなのですが、恐らくマダラは脳内麻薬の分泌を任意に行い痛みすらコントロール下に置いているのでしょう。サスケの草薙がマダラの腕を貫いたのにサスケが動けないのは、これ以上踏み込めば草薙の太刀を折られた上、無手のマダラの間合いに取り込まれサブミッション(関節技)等のリスクが跳ね上がるからだと思います。ところで、サスケがこの局面で千鳥流しで雷遁チャクラをマダラに浴びせないのは輪廻眼・封術吸印フェイクが利いているのではないかと思います。

そこんところはサスケの合理的思考アダになったなー…。それにマダラがシャベリを被せるのは、サスケにマダラに輪廻眼がない事実フォーカスさせない為であり、マダラの死合巧者っぷりが冴え渡ります。しかし、ここでマダラがふと口にした「直巴」ですけど、これって何気に興味深い提示だなー…と、僕はニヤニヤしています。「直巴」…もしかしたら、これは写輪眼の授受に関する用語。恐らくネタ元は「うちはの石碑」ではないかと、僕は考えています。例えば「親→子」「直巴」で、「子→親」「逆巴」だったりするんじゃないのかな…と、期待しています(鬼子参照)。兄弟間の眼の授受は「並巴」とかね。後はマダラさんが詳しく説明してくれる!?(汗)

もしそんな事になれば、いよいよサスケとイタチの関係「えっ!?」とかなったりして、いきなり修羅場がやって来そうで恐かったりもしますが、これは真実を求めるサスケには避けて通れない道でもありましょう。しかし、早晩、サスケが「うちはの石碑」をシゲシゲと読み耽れば解る事(…だと、僕はもうんですよねー)ですから、ここでマダラが介錯(かいしゃく)…じゃないや…解釈(説)するのもまたうちは一族の責務とマダラが感じてくれれば(笑)。それに、それはサスケの注意をマダラの輪廻眼フォーカスさせない手段としては十分過ぎるネタですから、戦況に応じてマダラが切る手札になるんじゃないでしょうか。マダラは戦闘スキル以上に話術に長けているので期待していいですよ(笑)。

続きまーす!!

 

第657話「うちはマダラ、舞る」④ | BLOG TOP | 第657話「うちはマダラ、舞る」②

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。