スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第663話「絶対に」③

 
「くっ………

せめて……ワシの禁術
魂だけでも…」(穢・扉間)

(もう……

チャクラが感知できぬ…)(穢・扉間)

「…瞬身どころか…身体が動かぬ
マダラめ!」(穢・扉間)

<ガガガガガ>(香燐)

「サスケン所へ行くんだ!!
どけェ!!コノヤロー!!」(香燐)


「うそ…すっげーな
香燐…!」(水月)

「コレは!?」(重吾)

「……」(大蛇丸)

「うずまきクシナと同じ力……」(大蛇丸)

(今になってやっと…)(大蛇丸)


<バッ>(黒ゼツ改めグルグル?)

<ダッ>(グルグル?)

「ウチをなめんなぁ!!」(香燐)

<ドカ>(グルグル?)

<ズババ>(グルグル?)


<スッ><スッ>(水月)

「!」(グルグル?)

<ドッ>×2「2丁!!」(水月)

<バシ>(重吾)

「やるね」(グルグル?)

「!」(グルグル?)

<ガプ>(大蛇丸)

<ズズズ><ズズズ><ズズズ>



「よっ!」<ズザザ>(水月)

<ガッ>(重吾)

<ギュン><ドッ>(大蛇丸)


「動けな…」(呪印か…!)(グルグル?)

<ザザ>「ハハ―――
残念でしたァ―――!!」(水月)

「す…すげェ…」(忍連合)

「大蛇丸の奴………
抜けおったか」(穢・ヒルゼン)



<ドサッ>(グルグル?)

<ズズズズ>←ココッ!!(呪印の無効化)

「まあ…いっか
向こうへ行っても
もう遅いからね」<ムク…>(グルグル?)


「大丈夫か香燐?」(重吾)

「ああ…ンなことより」<ジュウウウウウ>(香燐)

「サスケが!!
サスケが感知できねーんだよ!!」(香燐)

エーッと、複数のナル×ジャン読者様から似たようなメッセージを戴きました(汗)。忍連合の前進を阻む真数千手(木遁の千手観音)を扱うお面の輩黒ゼツに操られるオビトだと、僕はうっかり思い込んでおりましたが、そうじゃないんじゃないかという内容です。それにオビトのお面が一個前のうずまき模様になってると思ってたのも水月の二丁水鉄砲?の攻撃でお面ではなく幼きオビトの欠けた身体を補ったグルグルで、剥がれた外皮の下に黒髪と耳が覗いています。白ゼツや黒ゼツが現存するので、やはり柱間細胞を外道魔像のチャクラで培養した人造体のグルグルがオビトに最適化された個体以外に存在しても良いだろうと思います。取り敢えず、これの呼称を「グルグル?」としましょう。

それにこれが黒ゼツに操られるオビトならばミナトやカカシがこの場に居なきゃオカシイです。問題はオビトが左目に搭載した輪廻眼の行方であり、ミナトとカカシが奪取したのであれば眼を潰すかするだろうし、前回の感想で書いたように何らかの事情があって潰せない設定が必要でしょう。それと逆に黒ゼツ(オビト)がミナトとカカシを抑えたのだとしたら迷わずマダラに輪廻眼デリバリーするでしょう。いろいろ考えるとこれが黒ゼツに操られるオビトと考えると無理がありそうです。しかも、グルグル?は忍連合を足止めするだけで満足してる風なので黒ゼツの帯びた使命(輪廻眼の確保)とベクトルがかなり違います。やっぱグルグル?オビト(with黒ゼツ)ではないと考えるべきでしょう。

それでグルグル?の中身は誰なんだ?という疑問。タレコミでは「シスイ説」「ヤマト説」が主だったところでした。鎖のチャクラを振り乱す香燐に接近して挿し木の術を使ってる描写や木遁+仙術が必要かと思われる真数千手(千手観音)を扱ってる描写などを考え合わせると、グルグル?柱間細胞の人造体という事でエンジンは完備されていますから、残るはそれをコントロールする写輪眼が必要になるんではないかと、僕は考えています。…という事はうちは一族の誰か?に絞り込まれるのかな。ヤマト説木遁制御レベルが高過ぎてヤマトっぽくないので、何でヤマトが真数千手を扱えるレベルまで木遁制御技術が向上したかを説明できなければ厳しいと、僕は考えます。

しかし、ヤマトはカブトに拉致されて”暁”の管理下にあります。しかも身体の自由を拘束されただけで殺されてはいないのでグルグル?で囲って乗っ取るには都合がいい。しかも、何とかしてグルグル?を引き剥がしてヤマトを取り戻すいい機会ですから有り難い側面もあります。なので消し切れません(笑)。しかし、やはりオビトがマダラに見出されたのは写輪眼が扱える才能うちは一族であったからだと思われ、それは柱間細胞の潜在的な能力である木遁を写輪眼の瞳力、或いは陰遁によって引き出す目論見があったからではないかと、僕は考えます。それを土台にグルグル?の中身を考えれば、うちは一族の猛者で正式に死亡が確認されていない個体が選択肢に上がるでしょう。

それにオビトの瞳力以上を望むならば万華鏡写輪眼開眼者ですから、これまでの登場人物で括るならうちはシスイ…かな。それと、うちはイズナ。しかし、どっちもナル×ジャン的には「異議」を唱えて欲しい面子につき……アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ…(笑)。ところで大蛇丸軍団の猛攻の締め括りに大蛇丸が呪印グルグル?の動きを拘束してましたが、グルグル?は時間を要したけれど(大蛇丸達を取り逃がしています)無効化させています。そう言えば…呪印使い…って居たよな。居た居た!!しかもそいつは写輪眼(基本巴だけど…)も使ってたよな。その上…右目だけ…。それにその亡骸はオビト(トビ)が回収してましたよね。柱間細胞との親和性も一応クリア。そう……その人の名は…

志村ダンゾウ…死にましたけどー(汗)。

この問題…もう少し考えさせて下さい。

続きまーす(タレコミありがとー!!)。



 

第663話「絶対に」④ | BLOG TOP | 第663話「絶対に」②

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。