スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第663話「絶対に」④

 
<ボン>(十尾)

<ズズズズ><ザッ><ザッ>(マダラ)

<ズズズズ>(マダラ)

<ズズ>(マダラ)

<パキキキ><ザッ>(マダラ)

<ザッ>(マダラ)

<ザッ>(マダラ)


<ザッ>「これが六道の力か……

後は左目だな」(マダラ)

<ダン>(マダラ)

グルグル?の中身は誰なのか?をよそ目にマダラはサクッと十尾の人柱力になってしまいましたね。これに左目の輪廻眼が合わされば「鬼に金棒」になってしまいます。しかし、マダラが本当に無限月読で世界を夢に落としたいのなら、このお話はここで詰んだと思うんですけど(汗)。サッサと神樹の花を咲かせてしまえばいい。そうすれば世界は終ります。なのに何でマダラは左目を所望するんでしょうか?何事にも完璧主義なのかしら?もしかして左目の瞳力が無限月読のキーだったりして…と考えたりもしますが、マダラの背後には例の黒玉がホバリングしてて、めっちゃシンプルなデザインですが錫杖(しゃくじょう)まで装備する…コレはまさに見紛う事無き血継絶後(仮称)

しかも十尾の組成的にも九尾の陰のチャクラだけを欠くほぼフルスペックであります。加えてマダラの基礎的な能力の高さを鑑みるとオビトの比ではなかろうかと。しかも、マダラはオビトと違って「心」が折れなそうです(笑)。既にナルト達に付入る隙なんかなさそうですけど、これでマダラが無限月読発動で世界に安寧秩序が訪れました…ってな感じのエンドロールが流れて「岸本斉史先生の次回作にうんたらかんたら」なんて事にはならんでしょう(汗)。それで僕はオビトが搭載する左目の輪廻眼をナルトが引き受けて、かつて尾獣共から拝領した尾獣のチャクラ(守鶴のは我愛羅から提供される予定…笑)を用い、一時的にナルトもマダラと同じスペックを実現するしかない…と考えてみたのです。

しかし、こうして左目の輪廻眼だけを残して完成された六道・マダラ威容をみて、ナルトがこれと同じになっても仕方ねーッ…と妙に納得してしまいました。マダラは在りし日の六道仙人そのものを再現した姿なのであります。言ってみれば「うちはの石碑」最終的な目標でしょう。そして、これを止めることができなければ世界は夢の世界に落ちる…しかない。六道仙人が世界に齎した「安寧秩序」こそが無限月読の夢だったと、僕は考えていて、六道仙人はそれを空しさを感じ自分と世界を割ったのだと思います。六道仙人の期待とはそれを全く違うやり方でひっくり返すところにあって、弟系に託した「予言」はそんな六道仙人の想いが詰まっていたのではないでしょうか。

つまり、六道仙人は兄系には自分以上を期待していない訳です。寧ろ兄を当て馬にして弟系に自分の予感や想像を超えさせる期待を懸けているように思います。しかし、それじゃー兄系が可愛そ過ぎるだろうと、「うちはの石碑」「予言」を残した六道仙人の恣意というものに対して「異議」を申し立てる…僕もその一人なのだと思います。しかし、ナルトが六道になる事に対する反意とは、それとは別象限にありまして、忍のメンタリティと申しますか、忍術チャクラに頼って形成された絶対的な強者にかなりアッサリと服従する気質が忍世界には蔓延しておりまして、どうもそれがこの世界を非常に残念な形に誘導しているように思うんです。戦争編で棒立ちする忍共ってまさにそれでしょう。

そして、ここで十尾の人柱力として六道・マダラが完成され、それに対抗する為に六道・ナルトが作られたとしても、それは一人のマダラが二人になっただけなのであります。結局、世界は二人の内の勝者にただ従うだけなのです。もしそれでこの世界が終るなら、終ると思っていたのなら六道仙人は自分が創り出した「安寧秩序」に安住した筈です。しかし、そこに留まらなかったのは自分の子らの可能性に懸けたからだと思います。自分が思いもよらないアイデアで世界を導いてくれると(主に弟系に…)期待したのだと、僕は思うのです。その為に斯くも回りくどい恣意を巡らせた…。イタチがサスケを導いたのと物凄く似ていますね。六道仙人も草葉の陰でそれを悔いているでしょう(笑)。

…と言う訳で、ナルトがオビトの所有する輪廻眼を引き受けて…じゃない方法で何とかして六道・マダラをやっつけねばならんと、僕は思っています。しかし、その前に六道・マダラには無限月読の発動権限が得られた訳で、それでチャッチャと自分の想いを果たして、実はそれが世界を解放する事になるのかも知れませんし、何だか映画・マトリックスと似てるなー…と最近感じます。現実だと思ってたのが夢の中のお話で、しかし夢の中で死んだら夢を見てる個体も死んじゃうから、どっちにしてもナルトとサスケはヤバイ…的な(笑)。そして、この死の淵から舞い戻るといきなりステージが上昇して突然空を飛んじゃったり(スーパーマンみたいに)…。それもやだな…と、溜め息混じりです(笑)。

あと少し続きます…次でしっかりと纏めますね(汗)。

横浜は今日も雪だった……アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ…


 

第663話「絶対に」⑤ | BLOG TOP | 第663話「絶対に」③

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。