スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第666話「2つの万華鏡」⑤

 
<ズザッ>(オビト)

「!!

オビト!」(サクラ)

<スウ…>(オビト)


「大丈夫だ
オレがナルトを助けてやる」(オビト)

「信用できるの!!?」(サクラ)

「オレは昔から

真っ直ぐ素直には歩けなくてね…

だがやっと

辿り着いた」<スッ…>(オビト)

<ズオオ>(オビト)

<ゴゴゴゴゴ>

「今回ばかりは
いい時に来てくれたよ」
(カカシ)

(カカシを—
助けてくれてありがとう—)
(穢・ミナト)

(ガイ!!)(カカシ)

<ゴゴゴ>


「大丈夫か?カカシ」(ガイ)

「……
…どこかで見たな」(マダラ)

「ん!?

誰だ…アレ?」(ガイ)

ミナトがズッ転けてナルトをオビトに託した後、(そしてー)と続けて、これは退場のサインなのか!?と独り慌てましたが、ガイに対するお礼に続く(そしてー)だったのでホッとしました(笑)。微妙にガイが白目に見えますけど黒目が(←マダラの方)を向いているからで死にそうではありません(笑)。ただ、ガイの体からは闘気(オーラ)が立ち昇っていますから「開門」しているでしょう。既にナルトが配布した九尾の衣が消え失せているし、戦闘状態が長引いてガイもレロレロ…スミマセン!!期待している人がいると聞きまして…ヘロヘロの筈なんですが、土俵際で何度も人は踏ん張れるんですね!!カカシの神威もアレですし、ここはそういう事にしておきましょう(笑)。

ところで、オビトが無事にナルトに九喇嘛・陰(九尾の陰のチャクラ)をインストールできるとしたなら…未だオビトの半身に黒ゼツが纏わり付いていて気持ち悪いです…ナルトの意識に呼応して既に配布済みに九尾の衣が消失した事から、チャクラの供給源九喇嘛・陽からに変わったとしても、チャクラのリンクをナルトが管理している事実を考慮するなら、九尾の衣が再度忍連合を盛り立てるだろうと、僕は考えています。九尾の衣は消えたように見えるけど小さくなっているだけでリンケージは残ってるから大丈夫!!という提示がありましたね。しかし、それがナルトの死にかけ騒ぎリンク切れと相成りました…と言うのであれば諦めるしかありませんが(笑)。

しかし、オビトの「オレは昔から真っ直ぐ素直には歩けなくてね…」という台詞が回想があったからこそ響きます。そして、重い重い肩の荷を降ろすように…「やっと辿り着いた」と吐き出すように語るオビトに何だか胸が詰まりました。僕だってオビトみたいに彼方行ったりこっち来たり、ゴツゴツといろんなところをぶつけながら歩んでいます。いろんな人に迷惑も掛けたし、そりゃいけない事だって沢山したわよ…<スパーッ>(←煙草を吹かす音&何故にオネー言葉…)。でもこんな風に…オビトみたいに何かをなす為に僕らは生まれて来るんだよなー…と思うのです。皆、迷いながら失敗しながら呆れながら嘆きながら歩んでいるんですよ。そしていつか何かに辿り着く辿り着ける。

僕はそう信じています。僕がナル×ジャンをこんな風に続けているのも全く意味がない訳じゃないと思うのです。こんな僕でも何か出来る。かも知れない。だから、ここに来てオビトが過ちに気付き自分を見出してこんなに頑張ってる姿に何だか勇気付けられています。お前も頑張れよって…。僕もいつかオビトのように、こんな表情でこんな風に言えるんだろうか?最近、歳の所為か涙腺が緩みっ放しで、阿修羅男爵(byマジンガーZ)みたいなオビトの風貌が若干目障りではありますが心地よい涙を流させて戴きました。もしかしたらオビトは黒ゼツを支配して自分の生命維持に利用しているのかも。それはこれまでマダラに散々利用され続けたせめてもの腹癒(はらい)せみたいなものかもね…。

話が前後しますけど、サクラが「オビト!」というのに何だか違和感があります。そこは「トビ」じゃないのか?と思いましたけど(笑)。ま…お面もしてませんし、体の半分は黒ゼツ(口のデザインがね…嫌らしい)だし(←あんまし関係ないか)。それとガイも普通に血継絶後(仮称)黒玉を撃退してますけど、「開門」ってリミッターを外して身体エネルギーを引き出す荒業なのかな…それで血継絶後(仮称)を弾く理屈がイマイチ解りません。爆発の大きさからして昼虎使ったようでもないし、ここは何とか上手く説明して欲しいと思います。しかし、ガイのお陰で六道・マダラ鬼鮫とダブるから不思議。でも…「次号、ガイがついにあの禁断の技を…!?」の煽りに一気にガイに「死亡フラグ」が……。

アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ…

第666話「2つの万華鏡」
ナル×ジャン ケルベロス


 

ナル×ジャンの「死亡フラグ」が立つとは!? | BLOG TOP | 第666話「2つの万華鏡」④

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。