スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第672話「夜ガイ…!!」④

 
「ナルト…

イヤ…なんとなく前と違うな…」(マダラ)

「ああ…自分でも不思議に思うってばよ…

今なら…全部を変えられそうだ!」(ナルト)

ガイの「夜ガイ」が完璧にマダラに極まった筈なんですけど、「死ぬところだったぞ」(しかもハハハ)で流されています。「夕象」においては空拳(空気砲)による物理的攻撃でしたが、「夜ガイ」は空間を歪める程にガイの移動速度(運動エネルギー)が高く、その余りにも速過ぎる攻撃速度が空気の移動を凌駕する為にガイの足刀(蹴り)がマダラの肋骨を直撃する事になったのだと思います。勿論、音よりも速く、その速度は限りなく光速に近付いているのだと思います。血継絶後(仮称)チャクラがマダラに在る以上、忍術による攻撃は通じません。それはイタチの”須佐能呼”が所有する八咫鏡チャクラの相克を利用して攻撃チャクラを無効化する理屈と似ているのではないかと、僕は考えています。

例えば風遁で起こした暴風で吹き飛ばされた石つぶてはマダラにダメージを与えられないんでしょうか?或いは雷遁チャクラで加速器(=電磁砲)を稼動して鉄の塊を撃ち出してマダラに浴びせたらどうなるんでしょうか?僕はガイの八門遁甲の陣とはりっぱな忍術だと考えています。点穴の一種である八門を順次開放しより高次の肉体活性を得るのですが、その原動力はやはりチャクラに他なりません。マダラの肋骨に刺さったガイの足刀とはチャクラによって加速された純粋な砲弾と同義でありましょう。ガイの足刀がマダラに刺さって死にかけるんですから、先に言ったレールガンなんかが存在するならマダラなぞ瞬殺できるんじゃーないでしょうか。そういう「第三極」が存在が予想されたりして…。

ま…もしそんなのがいるんなら間違いなく第三部突入でしょうから全世界で卓袱台乱舞するでしょうね(笑)。ガイがマダラに一矢報いた後、体が焼け焦げて足刀は<サラ><サラ>と黒い灰になっていました。それは完全にリミッターを外して肉体を酷使した以外に移動速度による空気の摩擦熱や足刀衝撃の反作用(反動)の賜物でしょう。そして、それを可能にしたのはやはりガイのチャクラでありまして、単にガイはそれを体術に変換していたに過ぎません。厳密にはガイは体術に変換する事しかできなかった訳ですが、そのロジックが通るなら他にも血継絶後(仮称)チャクラに対抗する手段はいくらでも存在すると僕は思います。ありますかね…「謎の機械化小隊編」とか!!(笑)

しかし、ガイの決死の攻撃もマダラには及ばなくて柱間から奪った自動再生能力がマダラを修復します。そして、武士の情けでガイの介錯をしようとするんですけど…マダラの黒い玉って「求道玉」って言うんですね。それでガイを粉々にしようとするのを復活したナルトが救います。ガイは八門遁甲の陣を使ったのだからどうせ死んでしまうんだから同じ力でマダラを畳み掛けるべきだろ!!と思いましたが、ナルトにはガイを助ける手段があったのです。例の右掌の”太陽”の紋章…それが翳したガイの「死門」<フォッ…>とまた火が灯ります。ナルトは六道仙人ことハゴロモから「力」を授けられました。僕はそれを木遁に止まらない生命全般に関わる能力であると予想しています。

ここで颯爽と登場したナルトに注目してみましょう。特に目立ったオーラ(チャクラ)で体が覆われる等の神々しさはありません(笑)。しかし、目が「蛙眼+狐目」で、これは長門を倒した時の「仙人モード+九尾のチャクラ」と似ています…が、今回は仙人モード特有の「隈取り」がないですね。これで単行本化した時にキッ神のタイムマシンが発動されて「隈取り」が加筆されるのも剛毅剛毅ですけど、恐らく全ての忍術を否定出来る血継絶後(仮称)チャクラの塊である「求道玉」を足蹴にして無傷なんですから、ナルトもマダラと同質の「力」を手に入れたと考えるべきだろうと思います。そして、神威の異空間からの復帰もナルトがオビトにも<フォッ…>とした可能性が…あるある(笑)。

ガイが死ななくて良かったーッ!!(笑)

第672話「夜ガイ…!!」
ナル×ジャン ケルベロス

 

第673話「オレらで…!!」① | BLOG TOP | 第672話「夜ガイ…!!」③

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。