スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第673話「オレらで…!!」④

 
■ナルトの仕上がり

(まだ回復が完全ではない…
…からか!?

イヤ…!
コイツの力が急に伸びている!?)(マダラ)

(孫!チャクラを貸してくれってばよ!!)(ナルト)

(オッシャ!!)(孫悟空)


「!?」(マダラ)

(仙法・熔遁螺旋手裏剣!!!)(ナルト)

今にも潰えそうなガイの死門を止め、剰え(新たな?)チャクラの火を灯す…。またマダラの「求道玉」を変形させた錫杖?(陰の錫杖ではなくシンプルな黒棒)の強烈な一撃を拳で受け止め…。自分の体内に宿る四尾・孫悟空にチャクラを借りて仙術・螺旋手裏剣に組み込み影分身のアシストなく単身で練り上げる…。しかも螺旋手裏剣の投擲動作中にマダラの輪墓・辺獄照準を察知し<サッ>と躱してマダラに螺旋手裏剣を見事に命中させる。熔遁螺旋手裏剣の一撃はマダラを仕留めるには至らずとも傷を与えており、ナルトの(はじけろ!!!)防御態勢(十字受け)から察するに神樹の幹の切断に重きが在るようです。恐らく「土+火」の熔遁チャクラの採用の狙いもそこにあったのでは?

螺旋手裏剣の様相を見るに件の「土星型」でありまして、これは風遁特性が形作る外形であろうかと、僕は考えています。ナルトのオーダーを受けた孫はナルトが練り出す仙術チャクラ風遁チャクラの総量に応じた熔遁チャクラを提供して斯様な螺旋手裏剣が錬成できたように思います。ここで神樹が木遁チャクラで組成されていると考えればその組成は「水+土」であり、それに向けられるナルトの仙術・熔遁螺旋手裏剣「風+土+火」となりそれぞれの「土」相殺関係となり、残る神樹木遁の「水」に対して「風+火」で対抗しようとナルトは考えたのではなかろうかと思います。それはアレとしても現状ナルトは一尾から九尾までのチャクラを扱える状態に在ると思われます。

ナルトの瞳の文様を吟味すると、蛙眼九尾眼(仮称・九尾のチャクラの影響下にある状態)が合わさっています。これは長門を懐柔した行で一度ナルトは発現させています。九喇嘛・陽曰く「仙人モードに九尾のチャクラが合わさった状態」で、今は九尾・九喇嘛とも和解し連係が取れるので、現状九喇嘛・陰がナルトに対して積極的に「力」を貸しているのだと考えて宜しいっかと思います。その点ではナルトは今も九尾の人柱力としてのアイデンティティが色濃く、加えて一尾〜八尾のチャクラに関してはその一部が格納されているに過ぎないのでナルトが九尾のチャクラをその主軸に置いていると思われます。髭痣・太隈取りで、動くなのチャクラ九喇嘛・陰がフカサクやシマの役割を担っているのか知れませんね。。

そしてマダラに「オレらで…」と大見得を切ったナルサスの揃い踏みで見せるナルトの外観に目を移すとマダラと同じ「求道玉」を背後に従え、先にマダラが使った黒棒を両手に携えています。上着は”尾獣モード”長半天から少し丈の短いブルゾンに変容しています。そして首にはしっかりと「六道の勾玉」を配し、内包する尾獣のチャクラのコントロールに対応しているように思います。しかも、地面に刺さっていた飛雷神のクナイを拾い上げその口に加えて器用に見得を切る(笑)。いい所で<ゴニョゴニョ>とならなかったので<ホッ>としました割とマジで(笑)。これはサスケの召還座標を示す以外に今後ナルトが飛雷神の術を扱える兆しではなかろうかと僕は考えています。

ナル×ジャンの考察ではミナトが飛雷神の術を扱えたのは九尾の人柱力であったクシナとミナトがそれこそ猿のように交わったからだと展開しています。何せ”陰””陽”を完備したフルスペックの九尾・九喇嘛封印座標であり恐らく封印自体に重要な役割を果たしていたであろうクシナの子宮に誰よりも密にミナトの敏感な部分がアクセスしていた(からナルトが生まれたので!!)結果としてミナトは九尾・九喇嘛のチャクラを後天的に獲得出来たと思われ、それをしてナル×ジャンでは「閃遁チャクラ」として飛雷神の術動力源と考えています。悲運にも九喇嘛・陽はマダラに奪われてしまいましたが、ナルトにも同質のチャクラが根付ており、今回それに九喇嘛・陰が加わり漸く完成した次第であります。

それを知ってか知らでかは置いといてナルトの「何でも出来そうな気がする〜ゥ!!」エロ詩吟的達観飛雷神のクナイを見逃さなかったのだと思います。それで大事な見得切り障害になろうとも大切に拾い上げこれから黒棒で塞がるであろう両手を温存するために口に咥えた筈です。明らかに自分の能力というか全体像がナルトには見えているように思います。そしてマダラはの評価としてナルトは「六道仙術」を開花させています。それはナルトが背後に従える「求道玉」と両手に携える黒棒…そして、背中に描かれる輪廻眼の文様3×3で整列する九つの勾玉文様が示しています。ナルトの背中の術式(文様)とはオビトにも示されていましたので「十尾の封印式」と考えて良かろうと思います。

一尾〜八尾までのチャクラの一部と九尾・九喇嘛”陰”。それと全ての尾獣からの「信託」がナルトには在りますので、ナルトもまた立派な十尾の人柱力なのであります。ただナルトはそれらのチャクラを一個の大きな塊としての「十尾」として認識しておらず、尾獣を「畜生共」侮辱するマダラとは正反対に尾獣達を個々に存在する「名」を持つ「命」として尊重しております。その点でマダラとは「力」の発現において違った様相を見せるのではないかと期待しています。六道仙術…ナル×ジャン的には血継絶後(仮称)のチャクラの扱い方に関しては対オビト戦で充分学習しているので自由に変形出来る「求道玉」ナルトの意外性がどのように扱うかは非常に興味深いです。

飛雷神のクナイの刻印は「忍愛之剣」でしたー!!

続きます!!


 

第673話「オレらで…!!」⑤ | BLOG TOP | 第673話「オレらで…!!」③

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。