スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第684話「殺しておくべきだ」③

 
「チャクラは練っておいてやったぞ!
ナルト!」(九喇嘛・陰)

「サンキュー九喇嘛!」
(多重—)(ナルト)

「!」<ガラ>(カグヤ)

<ボボボン>(影分身の術!!!)(ナルト)

ナルトに協力する九喇嘛・陰黒くないとか特に指摘しません(してますけど…)。ここで穆王よろしく九喇嘛も九尾のアイデンティティを示す血継限界チャクラを披露してくれたら嬉しかったんですが、今回も量的なチャクラの提供に止まっていますね。しかし、ここでナルトは伝家の宝刀たる「多重影分身の術」を発動してカグヤを撹乱しようと目論み…。この展開!!ホントだったら最終回とかイーシャンテンでもいいけど、アニメだったら第一クールの懐かしいオープニングの主題歌のイントロが流れそうなところなんですよ!!主人公が原点回帰してラスボスをやっつけて…っていう典型的なのシナリオなんだけど、週ジャンはそんな生易しいコンテンツじゃない訳よ!!(笑)

ここで原点回帰持って来るかよーッ!!って僕は正直思っています。こういう演出してるから疲れる…というか諦めちゃうんです。これって記念すべき『NARUTO -ナルト-』の第一回目のセルフオマージュみたいな展開なんですよ。それやったら「もう仕舞うんでしょ!?」ってフツーだったらなるんだけど、どう考えても仕舞わないからジクジクするんです。アンチに転ぶ人達の気持ちが非常によく分かります(笑)。僕はやっぱりこの場は穆王と同じ様に九喇嘛血継限界チャクラを提示すればもっと盛り上がったんじゃーないかと思います。例えばカグヤの背後を奪うような瞬神(飛雷神)を発動することで九喇嘛閃遁チャクラみたいな提示とか。それだったら萌えたのにね(笑)。

次はもっと萌えるアイデアを…続きます!!

 

第684話「殺しておくべきだ」④ | BLOG TOP | 第684話「殺しておくべきだ」②

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。