スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第686話「残せし者と継ぎし者」③

  
(母さん…
あいつらが揃ったんなら仕方がない…
もうチャクラを出し惜しみしてる
場合じゃないよ)(黒ゼツ)

「分かっている」(カグヤ)

<カッ>(カグヤ)

<フッ>



「!!?」(サクラ)

<ガクン>「痛ッ」<ガッ>(カカシ)

「!!」<グイン>(分身ナルト)

<ボン><ボン><ボン><ボン><ボン>

「いでェ!」(ナルト)

「だぁ!!」(分身ナルト)





<グググ>(体が……重い…
この地面……体がくい込む…)<プル>(サクラ)

「これじゃ…浮けねェ……」<グググ>(ナルト)

<プル>「今度は超重力の空間…
…だが…)<プル><プル>(サスケ)


「奴も同じ様に…」(サスケ)

「くっ……」(カグヤ)

オビトとサクラがサスケを何とか見つけ出し合流できた訳ですが、そこからナルトの本体が居る氷の世界(でしたっけ?)に帰って来るのは結構あっさりでした。きっと合流したサスケがチャクラを補助してオビトの神威を発動させたのでしょう。サスケとオビトは同じうちは一族ですからチャクラが効率良く術に変換されるのだろうと思います。それとサスケの瞳力も時空間に作用するタイプですが、有効射程が思いの外短いようです。オビトもカグヤの時空間に干渉した時に途方もない距離に驚いていましたからサスケの瞳力が干渉できないのでしょう。ナルトはサスケのチャクラを逸早く感知しオビトとサクラに合流しますけど、それに黒ゼツが危機感を露にしています。

それでカグヤを焚き付けて超重力の世界にスイッチさせると皆地面に引き寄せられて這いつくばってしまいます。地面が正多面体っぽい形状に変化して氷の世界から明らかにシーンが変更されてて、ナルトの影分身は地面に吸い付けられて霧散しています。六道ナルトの影分身を葬るくらいの強度があると思われます。サクラやヘロヘロのオビトが堪えているのを鑑みると本体ナルトが仰天の余り自発的に影分身を解除してチャクラを本体に還元したように思います。これまでカグヤを数で翻弄したのはあくまでも時間稼ぎでしたから、求道玉のトリックでカグヤを完璧に欺いたにも関わらずサスケが現れた途端、カウンター攻撃よりも合流を選択したのはナルト単体での勝機がないと見ました。

でも、そんな事よりカグヤですよ!!カグヤ…。超重力の世界にシーン(世界)をスイッチしたのはいいんですが、何で自分まで<プル><プル>なってるんですかッ!!サスケも絶句してるじゃないですか!!「奴も同じ様に…」って(笑)。こんな安いお笑いのネタでゼッテーに僕は笑わないんだから(笑)。カグヤがナルトやサスケと同じ様に正多面体の地面に引っ付いて<プル><プル>なってるのを見てカグヤはあかん奴やと思いました(笑)。温存するチャクラを使って策を弄したのに何でカグヤも同じ様に枷を追うのか?これ何の罰ゲーム?みたいな(笑)。トコトコトコ…とカグヤに近付いて<パシン>と頭をはっ倒したくなるんだけど…

変ですかね(笑)。

『NARUTO -ナルト-』の何が面白いって、物語の中に科学が在って作中の描写がその世界観において再現性が感じられるところだったんですよ。だからこそ「考察」できる…って言うか数在る漫画の中で唯一「考察」できたのが『NARUTO -ナルト-』だったと思うんですけど、近頃そうじゃなくなってませんかね。出来の悪いアニメを「原作レイプ」とか言ったりしますけど、原作者がご自身でご自身の作品をレイプしちゃいかんでしょッ!!意味の分からない描写が多くなって安いお笑いの塩っぱいネタでお茶を濁されても感想なんて書けません。これは「作品は誰のものか?」という命題にカスるお話ではありますが、超重力で照準が上に逸れる時点で終わってると、僕は思います。

正直描き直して欲しい…続きます。



第686話「残せし者と継ぎし者」④ | BLOG TOP | 大丈夫マイフレンド(140729)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。