スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第690話「忍者の…!!」①

 
<コクン>(ナルト/サスケ)

(六道・地爆天星!!!!)(ナルト/サスケ)

(またしても……
このチャクラの祖であるワラワが……
この様な分散したチャクラ共に
破れるとは…)<ズン>(カグヤ)

(何故だ……!!!??)(カグヤ)

一瞬の躊躇がアダとなりナルトとサスケの六道・地爆天星がカグヤを襲います。カグヤを閉じ込める大きな手のひら。太陽と月がカグヤの第三眼・十尾眼(三重写輪眼)を覆い隠します。そして、この光景…カグヤは過去にも遭遇していました。ハゴロモとハムラのそれであります。かつて六道仙人が夜空に浮かぶ「月」を作ったとされたこの術でカグヤはまたもや封印されてしまいます。それもかなりあっけなく(汗)。カグヤもナルトとサスケが揃う状況を極端に警戒していましたし、カグヤにとっては最悪で不可避の攻撃だったんですね。それでカグヤは封印の核となり新しい「月」が作られようとしています。しかし、あっけない…カグヤは全部乗せの最強チャクラを持ってるのに…。

カグヤ自身も何で分散したチャクラであるナルトとサスケ…かつてはハゴロモとハムラに封印された…に敗れるのか?と非常に悔しがっております。僕もカグヤがナルトとサスケを圧倒できないのはいまいちピンと来ないなーと思ったりしましたけど、それは「十尾<十尾の人柱力」が示すように折角得られた「力」が制御されずに無駄遣いされていたからかな…と思うのであります。僕はカグヤの第三眼である三重写輪眼に注目しています。敢えてそれを「輪廻眼」と呼ばないところがナル×ジャンのミソでありまして(笑)。そして、カグヤとは全く逆の方向に世界を導こうとした六道仙人・ハゴロモの有様に「力」に対する人のあるべき姿、或いは方向性は見え隠れしているように思うのです。

ところでこれまであまり登場の機会がなかったハゴロモの兄弟であるハムラですけど、思いっきり「百眼」ですね。絵的には彼はサスケに対応する存在のようなんだけど、最強の瞳力である「輪廻眼」はナルトに対応するハゴロモに乗っかっております。また二人が錫杖を所有している事から二人が六道仙術を会得していると考えられまして、ナルトとサスケとは違うパワーバランスが構築されていた事が伺えますね。ハムラの錫杖が六道・陰のチャクラ=月をイメージした形状ではないのもその所為でしょう。そしてハムラは何らかの事情があって潰えております。僕はハムラが六道仙人に取り込まれているのではないかと考えています。そこからインドラとアシュラが分極された…とも。

ハゴロモがハムラを取り込む事でハゴロモはカグヤの仕組みを理解したんじゃないのかな?と僕は思うのです。恐らくそれは神樹の意思とのコンタクトではないかとも考えているんですけど、その時点でのハゴロモとカグヤの差分が黒ゼツと考えれば僕の中では辻褄が合うのです。しかし、ハゴロモはカグヤの様にならずインドラとアシュラを残しました。「忍宗」という人と人の繋がり方すら残して世界を導こうともしました。しかし、ぶっちゃけその「忍宗」がチャクラを利用して繋がる「忍術」の一種だったのがご愛嬌で、それに黒ゼツの暗躍が加わりこの世界は瞑想し混迷を深めたようです。あ”…時間だ!!急いでアップしないとΣ(*゚Д`;)ア…ア…アッハァァァァァァァァ?!!という事で…

続きまーす!!(ちょっと忙しい)

第690話「忍者の…!!」② | BLOG TOP | 第689話「大好きだ」⑤

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。