スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第692話「革命」②

 
「ナルトにサスケ…
我が母カグヤと戦い
己の出した答えに
変化はあったか…?」(六道仙人)

「………」(サスケ)

「答えは変んねェ…
ただ大じいちゃんには
悪りーけど…
今回カグヤってのと戦って
思った…

オレの母ちゃんが
うずまきクシナ
心底よかったって…」(ナルト)



「カグヤは今まで戦った奴らとは違う…

心がねーみてーな感じだった…」(ナルト)

「…母カグヤも
初めは民の信望厚き女神だったそうだ…
鬼と呼ばれる様に変貌したの理由は分からぬが…

おそらく
チャクラの実を喰らった時から
何かが始まっていたのだろう」
(六道仙人)

僕はナルトの直感力をとても信頼していますが、ナルトの感じるカグヤ像に関しては僕も同じ様な事を考えていました。カグヤがナルトとサスケに生身で触れるシーンがありましたよね。その時、カグヤは何とも言えない表情で涙すら流していました。幼くして分かれた子にようやく逢えた…みたいな表情。僕はそれに確かに「母」を感じたんですが、それ以外にカグヤからは何も感じませんでした。しかも、幾つもの世界を保有し圧倒的な存在感を示すものの妙にナルサスを恐れてみたり、世界空間をスイッチするみたい簡単に敵と認識したナルサスに止めを刺せない…。事実、その結果封印されてしまいましたし、少なくともカグヤはナルサスを圧倒するには至らない存在でありました。

ところでクシナって結構なDVママだったみたいですね。その当りがサクラと似通っててサクラが嫁候補って考察があるんですけど、ちょっと違うな…と思うんです。サクラは本気で粉微塵に砕こうとして殴っています(笑)。件の桜花衝で地面が砕けますよね。ナルトが避けられるからいいけど、自来也みたいに綱手の拳をまともに受けようとしてたら…って汗が出ます(笑)←笑えませんが。お笑いの世界で最高の突っ込みはダウンタウンの浜ちゃんだと僕は思っていますが、彼のドツキは痛くないんですってね。恐らくそれは彼の人間性に由来するのだと思うんですけど、気になる人はググってみたらいいかも知れません。別にDVを推奨する訳ではありませんが、そこに「愛」があるのか?って話なんだと思うんです。

ナルトにとってカグヤもクシナも同じ様に怖かったんじゃーないですかね。ナルトは八卦の封印式という擬似的な家庭庇護されて17年間育っていましたから、何とはなしにクシナの人となりを汲んでいたと思います。或いは数少ないミナト(のチャクラ)との接触から何をか悟ったのかも知れません。そして実際に拳を合わせた(闘った)カグヤから感じるものと違う。ナルトの直感。それを重視するならカグヤにはやはり「愛」がなかったんだろうな…と解るんです。恐らくナルサスに触れたカグヤが一瞬、ハムラとハゴロモを思い起こしたのはカグヤの母性僅かにカグヤに残留した本能だったんじゃーないかと僕は思うんですよ。そしてそれがカグヤに対して僕らが率直に感じた…

物足りなさ!?

僕はカグヤに黒ゼツがぶら下がっていてアレコレ指示したり僕らに説明してくれたり何だか煩く感じてました。カグヤにしても自分はこうしたい!!とか、ぶっちゃけ主体性が感じられませんでした。いろんな世界をストックしてたりしますが、それで何をするのか?したいのか?が見えませんでした。まさかそんなに強くない白ゼツ軍団を率いてもっと大きな敵と闘う大義や野心…(こころざし)などは感じられませんでした。正直、カグヤが何をしたかったのか?今でも解りません。しかも、それに興味がない(笑)。それはやはりカグヤに「愛」が感じられないからだと僕は思うんです。カグヤには「心」がない…なかったのでしょう。そしてそれがチャクラの実を食べた所為だった…から。

六道仙人はチャクラの実を喰ったカグヤの変質を示唆しています。これまでの提示で十尾とは神樹だけでなくカグヤが変化したものだったとされています。チャクラの実を喰らったカグヤと神樹が関係して十尾が組成されているんです。そして十尾の人柱力となり無限月読よって神樹に繋がれた人々のチャクラを無制限に使用できるようになったにも関わらず余りにも主体性のないカグヤとそれにぶら下がり悪知恵を与える黒ゼツ。その不自然な共闘を見るにつけカグヤは違うな…と思えたんです。ここ上手く言えないで困るんですけど、ふとある想いが僕の頭に浮かぶのであります。カグヤは神樹チャクラの実に惹かれた虫に過ぎない存在だったのではないか!?…もしかしたら…

神樹食虫植物だった!?…と。

続きまーす!!


 

第692話「革命」③ | BLOG TOP | 第692話「革命」①

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。