スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第693話「ここでまた」②

 
■自分用メモ

無限月読が発動して忍だろうが一般人だろうが猫だろうが…皆、輪廻眼になりましたよね。実は僕はそれを見て「忍宗」何たるかを知った気がしていました。恐らく「忍宗」とは非幻術系の忍術で、いのやいのいちの扱う心伝身(心転身)と似た系統…っていうか、チャクラや忍術の大元はカグヤや六道仙人なので現行忍術やチャクラの種別に関しては派生して伝わったと言う方が正確でしょうけど…。確かにハゴロモはカグヤの無限月読を禁忌とし忌避していましたが、ハゴロモの提唱した「忍宗」とはチャクラで人と人を繋ぎ「集合知(集合智)」を作るという…ぶっちゃけてしまうと無限月読亜種みたいなものだったんじゃないかと僕は考えております。

きっとその方向性柱間はリードされて「腸を見せ合う」みたいなノリでマダラアクセスしてしまったんじゃーないかしらと思うんです。いやはや…それが純粋に柱間のキャラとか人間性だったのかも知れませんが、柱間アシュラのチャクラが宿ってて結局は仕組まれてたので、そこは寧ろ「世界の導き手」としての重責をデフォで担った上での人格形成だった筈ですから、柱間の人となりは無垢とか純粋で成ったのではなくある種の導きがあって形成されたと考えるのが合理的であると僕は思います。それと同じ方式でナルトのここまで完備された正直、気持ち悪い「ヒーロー気質」「人たらしキャラ」だって仕組まれて育まれたものだったと考えないと僕らは生きていられません(笑)。

下々の皆様方…そうは思いませんか?そう考えなければ僕らは生きていられないじゃありませんか?それを受け入れなければ、この何でも無い僕(ら?←これは皆々様自身が吟味されよ)がナルトを論じるなんて余りにも不遜じゃないですか!!??僕はね…賢いサスケがそれに感付いているんじゃなかろーかと勘ぐっているんです。六道仙人がそうだったように、無限月読からそれとは違う輪廻眼の使い方を思いついたんじゃないですかね。もしかしたらそれがサスケの考える「火影」なのかな…って僕は思うんです。ハゴロモ「忍宗」に気付いたようにサスケも人と人を繋げるチャクラ使い道を見つけたんじゃないかと、僕は思い描いてるんだけど時間がないのでメモさせて。


第693話「ここでまた」③ | BLOG TOP | 第693話「ここでまた」①

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。