スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カカシはリンをどう想っていたのか?(〆)

 
「サクラは……
サクラはお前を…助けたかったんだ

ずっと…」(カカシ)

「恋愛ごっこでも楽しめってのか?
オレにはこいつを好く道理
好かれる道理もない」(サスケ)

「理由があるのは
人を嫌いになる時だけでいい!

それにサクラは今
お前を自分のものにしたいんじゃない!

ただお前を助けたいんだ!
お前に殺されかけた事もある
この子が…
今でもお前の事を想い
涙を流すのは…

お前を愛しているからだ!」(カカシ)

「…それが…………
失敗した過去の…縛り
なのかもな…」<ザッ>(サスケ)

「……!!」(カカシ)

「………」(サスケ…)(カカシ)

サクラの胸を<ドッ>と貫いたサスケを懇々と諭すカカシですけど、カカシも相当後ろめたいんじゃないかと僕は心配しました(笑)。…と言うか、寧ろカカシ自身を未だに戒めているんじゃないか?!確かにそれがカカシらしい!!(笑)カグヤ戦の終盤も終盤。改心したオビトと共にサスケとナルトに向かう共殺の灰骨の盾にならんと頑張ったカカシは再びリンちゃんに再会できる運びとなりましたが、僕はその光景を見ながらカカシの本心に気付いたのであります。今回のサスケの「うざい」はサクラを黙らせる為の幻術でしたが、カカシはリンちゃんの胸を伝家の宝刀・千鳥リアルに貫通した過去があり…。しかし、それはマダラの呪印札を排除する為にウンタラカンタラ(ry

奇しくも「風穴」で同じようにオビトの胸もカカシの千鳥が見事に貫通していて、そんなカカシがサスケに懇々と…というのも何とも皮肉な巡り合わせだなとひねくれ者の僕は思うのです(笑)。しかし、いつの世も大人は失敗者として後進に物申す立場にありまして、父君母君が「勉強しなさい!!」と連呼するのは勉強しなかったダメな自分をほんとは戒めているのだと気持ち悪い子供になってほくそ笑んで欲しいと思うのであります。人生とは万事が失敗の繰り返しであり、それに伴う後悔をうず高く積み上げて行く作業みたいなものなのです。だからこそカカシの説教は胸に迫るのでしょう。ここまでヤサグレるサスケにも何をか考えさせる程には沁みているじゃないですか。

それでもサスケは止められず後はナルト任せになってしまいましたがそれはそれとして、カカシの言葉がおっちゃんとおばちゃんは身につまされてしまうものなのだという事はお忘れなきよう(謎ディナ風)。カカシの何が切ないって「理由があるのは人を嫌いになる時だけでいい!」ですから!!カカシは事情はどうあれリンちゃんをその手に掛けてるんですよ。オビトを神無毘橋で失った後、リンちゃんまでも死んでしまったのです。厳密に言うと神無毘橋で死んだのはオビトではなくカカシなんですけどカカシ的には。…だから里抜けしようとしたサスケに「大切な人はみんな殺されてる」なんて馬鹿な事言っちゃったのね。オレ(←サスケ)はカカシの大切な人じゃないんだ!!

…って感じのサスケのポカン顔が眼に焼き付いてますよ僕は(笑)。兎に角カカシだって孤独で薄幸な人生を歩んでいた訳だ。いやいや…カカシだけじゃない生きてればみんなそんなもんだと。サスケだけが不幸なんて思うな!!(不幸に怒られるぞ!!)とカカシは何とかサスケに伝えたいのだと思います。そしてそれがそのままカカシの痛い腹をまさぐるのです。それがオビトとカカシの手を引くリンちゃんの降臨と絶妙に混ざり合って疼(うず)くのです。オビトはあっちの世界(死者)とこっちの世界(生者)を繋ぐのがチャクラだと示しました。あの時、オビトとカカシの間に打ち合わせなんてありませんでしたから、二人が同時同じ想いを抱いたと考えていいでしょう。

あの時、オビトと同じ様にカカシもリンちゃんに助けを乞うた訳です。オビトだけがリンちゃんにイケイケの描写でしたが、カカシだってホントは同じ気持ちだったんじゃないですかね。カカシは父・サクモを早くに亡くししっかりしないといけない意識が強かった為に恋愛にかまけられない意識が高かった筈です。しかもリンちゃん好きオーラの出足がオビトは半端無かった(汗)。そしてオビトもリンちゃんも亡くなってチャクラの真理がなければそこでプツリとカカシとの関係性がそこで切れてしまいます。それはカカシにオビトやリンちゃんを嫌いになる理由を失わせたという事なのであります。先に死ぬのは狡いんですよ。そして、チャクラのチートはリンちゃんの御霊を召還してくれた…。

オビトとカカシはナルトとサスケを守る為に同時にリンちゃんに縋ったのだと思います。その願いがそれぞれのチャクラに宿りあっちの世界からリンちゃんの御霊を呼び寄せ二人の手を引いた訳です。オビトは自分の手だけでなくカカシの手を引くリンちゃんを感じていたと思います。カカシだって同じ。それでオビトはカカシを残そうと神威を使ったのでしょう。オビトもカカシがホントはリンちゃんをどう思ってるのか?にこの時気付いてしまったのです。僕と同じ様に(笑)。カカシもオビトと同じ様にこんな風にリンちゃんに手を引いて貰いたいとズーッと願っていたんでしょうね。きっとめちゃくちゃ甘えたかったし抱きしめたかった筈。カカシもオビトと同じ様にリンちゃんを想っていたのです。

カカシもリンちゃんが大好きだった!!!!

第693話「ここでまた」余話
カカシはリンをどう想っていたのか?(疑問の考察)

ナル×ジャン ケルベロス




第694話「ナルトとサスケ①」(1) | BLOG TOP | 第693話「ここでまた」③

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。