スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第696話「ナルトとサスケ③」(1)

 
<ズッ>(ナルト)

「またその術か…」(サスケ)

<ボボン>(ナルト)

「ナルト…
お前のその術が
お前の弱さの象徴なのさ

それは孤独
紛らわせるための術だ」<ギン>(サスケ)

二人だけの世界に入ったかと思ったら袂を分かった二人は刃を仕舞えず…。サスケは地爆天星で縛った尾獣達からチャクラを吸い上げて須佐能呼・インドラモードに変異し、ナルトもそれに多重影分身からの三面六臂・アシュラモードで応戦します。何としてもサスケを止めたいナルト。何もかんも切り捨てて一人になりたいサスケ。全くの異質が激しく絡み合う戦場をサスケのインドラの矢とナルトの超大玉の風遁螺旋手裏剣尾獣玉螺旋手裏剣が更に激しく撹拌する…ってな感じで残り三話と相成りましたが、仕舞いまでの尺が分かっちゃってるから感想どころじゃないです(汗)。何で公式に最終回の発表しちゃったのかね?!衝撃のラストシーンが気になって何も入って来んよ!!

しかし、今回サスケの本心が見え隠れしていて興味深かったです。サスケがナルトの影分身の術小馬鹿にしています。それにナルトが絶句するんですが、「ちげーよッ!!」と言いたかったんだと僕は思います(笑)。同時にサスケも孤独を感じ、その共感者としてナルトを感じていたんだろうなと何だか解りました。しかし、そんなサスケの想いがスーッと入って来ないのはサスケにはイタチが居た事を知っているからかな…と僕は思います。サスケにはイタチが居たんですから!!自己紹介で「殺す」とか散々イタチアピールしてたサスケがホントに孤独だったんですかね…と僕は言いたい(笑)。ま…そんなサスケをいろいろと拗らせたのがナルトだったんだけど…だけどですけど(笑)。

サスケは最初から何もなかったナルトにはある日突然全てを失った自分を理解できっこない!!と思い込もうとしているというのが僕の持論であります。しかし現実にはナルトにはちゃんと両親が居て(当たり前だけど)、ナルパパが四代目火影・波風ミナトだったりして…って事は九尾事件でナルトも全てを失っててサスケよりも悲惨な人生を歩んでいた事が判明して今はもうグダグダなんじゃないでしょうか(笑)。その意味でナルトとサスケの悶着の全ての元凶「八卦の封印式」だった…という考えに辿り着くんですが、それは場所を変えて書くとしましょう。兎に角、サスケのズレっぷりが異常過ぎてこの終末の谷の決闘そのものがサスケの狂言としか思えなくていまいち盛り上がりません。

サスケはイタチを討つという目的を与えられる事で生きられた存在であったのだろうと思います。しかし、ついにはその手でイタチを殺め自棄のやん八の行動の末、イタチの眼を受け入れてしまう…。結局イタチを完璧に切り捨てられなかった訳だ。それに”鷹”なんて悪党を従えて中途半端孤独に酔い痴れ、必要なくなったら素っ気なくなる只のメンヘラーだよなー(サスケファンごめん!!)と思ってしまうのであります。そんなサスケがナルトの孤独を笑うな!!と僕はふと思うのであります。でもここまで常軌を逸したサスケの言動に逆に光明を見出してしまう一言をサスケが吐くのです。ナルトの三面六臂のアシュラモード(術の解説は感想その②で書く書く)での一言…。

「やっとオレを殺る気になったか」(サスケ)

続きまーす!!


第696話「ナルトとサスケ③」(2) | BLOG TOP | 第695話「ナルトとサスケ②」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。