スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第697話「ナルトとサスケ④」(2)

 
ホントのホントに佳境なんだけどナルトとサスケがガチ殺し合ってて若干引いてます(笑)。ナルトもチャクラが底をつき、サスケも瞳力を使い果たしてカラカラ…。それでも殴り合い蹴り合う。イタチはあれ程サスケに「一人で完全になろうと思うな」と諭したのに、サスケはそれの真逆の火影像を目がけて世界を牽引しようとしてて、それをナルトが必死で止めようとしている。全く…今までの騒動とは、悶着とは難だったのか?!をサスケはどう受け取ってこんな答えを出したんだろうと僕は考えていました。それでその問いの答えをサスケがナルトに込めた「散ってくれ!!!」という願いに何となく見出しています。サスケはナルトを殺さないと僕は考えています。

それはイタチがサスケを残したのと同じ。この世の全ての一身に背負いただ黙ってサスケに殺されたイタチイタチはサスケを慌てさせ怖がらせ怒らせました。追いつめられたサスケはイタチの血を浴びて新たな生を得たようなものでした。サスケにとっての火影とはイタチのような忍を言うのです。この世の闇の全てを請け負いそれでも生きる…絵空事。現実味のないサスケのアイデアの裏にはイタチになりたいサスケの本心が忍んでいるのだろうと僕は考えています。そして同時にそれはキッ神の想いでもあるように感じます。サスケが願う「散ってくれ!!!」とはこの作品…『NARUTO -ナルト-』に対する叫びなのかも知れないと僕は思うのです。キッ神もまた…

その点においてイタチを目指している。僕はそう思えます。そんな台詞を神に吐かせたは反省して頂きたいと思うのであります。こんなになる前にもっとキレイにお話を閉じるなんていくらだってできましたもの。かの終末の谷においてナルトとサスケが殴り合う様に何をか感じて欲しいです。これはキッ神と週ジャン編集部との殴り合いにも等しい。この先どんな事があろうとも僕は『NARUTO -ナルト-』という作品を愛している。心の底からそう思える作品に出会えたこの幸せを僕は何よりも感謝する。その上でサスケの下した決断を噛み締めるべきなんだと思う。キッ神の慟哭に耳を峙(そばだ)てるべきなんだと思う。キッ神は今…その一言を絞り出さんとしているのだから。

許せこれで最後だ…と。

第697話「ナルトとサスケ④」
ナル×ジャン ケルベロス


第698話「ナルトとサスケ⑤」 | BLOG TOP | 第697話「ナルトとサスケ④」(1)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。