スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

See you again(150131)

 
ナル×ジャンのケルベロスです。北風が強くて寒い一日でしたね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。僕は元気に相方と余生を全うしております(笑)。『NARUTO -ナルト-』の連載が終了して糸が切れた凧のようですみません。それでもナル×ジャンの今後を考えてウロウロしてたんです。コメント欄を開けて皆様方で意見交換して頂くとかどうかしら…などと考えていましたが、欧文の変なURL貼られたり何かの踏み台にされて悪事の片棒を担がれそうになっていたのでコメントを受け付けない設定に順次変えております。FC2の設定でそうするとこれまで皆さんが書き込んでくれたコメントが閲覧出来なくなるでありんす。まったく何処の国の困ったチャンか知りませんが大いに迷惑しました。

しかしながらナル×ジャンのコンテンツはこのままネットにぶら下げておきますのでお暇な時に読んで頂ければ幸せに思います。個人的には考察とは生ものと考えておりましたので、書いた時が賞味期限みたいなところがあるのは否めません。また新事実…というか物語が完結してますやん…が出た後で<ズズズズッ…>もないですよね(笑)。ま…考え遊び的に楽しんで貰えるならそれはそれで一理あるかも知れません。なので自己責任でお読みください(笑)。まだ耐性の弱い少年少女には毒気が強かったりするかなー。でも想像する楽しさがほんの少しでも届くなら僕は嬉しいな。そこに鷹揚さが備わる時、優しさとか思いやりという花が咲く。パァ〜ッと咲く!!きっと咲く!!

そしていつしか皆さんの想像する力こそがこの世界を支えている事に気付いて貰えたなら僕は幸せです。思えばそれは『NARUTO -ナルト-』の中で耐え忍んだキャラ達が悉く経験して来た事なのだと僕は思うのであります。今、一つの物語が終わった。僕らはその起承転結を一つ一つ解き明かし愛でて来た同胞なのであります。それは実に尊い行いであった筈です。自来也が雨隠れの深い深い水底に沈んで行く時にナルトに送ったエールを思い出して下さい。彼はナルトに託したのであります。それと同じ様に僕らもこの物語から何をか託されたのだと、大変不遜ではありますが、僕は斯様に思う次第であります。そして、それは皆様方にも当てはまるでしょう。勿論、少年少女もな(笑)。

何かと出会い、それに惚れ込み、愛して欲しい。自由に考えて欲しい。想像して欲しい。しかし、それは他者を否定する方向に力を発するものではなく、どっちかと言うと許す方向に働くべきだと僕は考えています。ああ…この人はそう思うのだ!!そういう考え方もあるんだ!!それでいいと思います。それをなし得る為に自己というものが重要になる筈です。それがナル×ジャンで偉そうに語った「アイデンティティ」の入り口になる事でしょう。もうこれ以上、何も申しますまい。偏ったおっちゃんの戯言に付き合って頂いてありがとうございました。皆々様方のこれからのご武運、心の底よりお祈り致しております。僕も一生を懸命に生きて参ります。お元気で!!愛してるよ!!

ナル×ジャン ケルベロス


ReStart(150401) | BLOG TOP | あけましておめでとうございます(150105)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。