スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第700+2話「写輪眼の少年…!!」②

 
「この人…

私と同じメガネかけてるから……」(サラダ)

一方、サラダはというと…自分の出生にいよいよ疑問を感じてて医療忍者のシズネにいろいろと質問するけど何だか歯切れが悪いです。サラダは前回サクラがぶっ壊した自宅で見つけた写真を持ってて、それは”鷹”でブイブイ言わせてた頃の若き日のサスケらが写っていました。それを繁々と見るシズネの顔…僕はそれに感情移入してしまって酷く切なくなってしまいました。それを思い出して今日はもう少し寝てようと思ってたんだけどパチリと目を開けてカキカキしています。何だろう…今回のお話では全編に渡ってそうなんだけど、何とも言えない既視感があるんだな。冒頭の眉無し…もとい…ナット(仮称)の登場といい、このシズネ困り顔といい…。どっかで見たな感がムンムンとします。

例えばナット(仮称)の襲撃を一蹴したサスケは演習場でイチャパラ片手にサスケを生き埋めにしたカカシですし、どう見ても香燐のだろ…の状態に困惑するシズネはやっぱ僕らだよなー…って思います。キッ神は今回の短期集中連載「700+n話」と表記していますよね。それには何らかのメッセージが在るように僕は感じてたんですが、何て言うのかな…700話で一旦気持ちが切れてるというか、そこでピシッと線を引かれているんじゃないでしょうか。まるで想い出をなぞるようにキッ神は描かれているように感じます。きっとそういう気持ちがキッ神の筆に乗っかってて、デジャブを僕らに見せてると。丁度、僕は今、シズネさんの表情でサラダの携える懐かしい写真を覗くように「+2」を見てる…。

「あちしって……
パパとママの本当の子じゃないと思うの……!」(チョウチョウ)

「!?」(サラダ)

「だって…あちしィ…
両親と全然似てないと思うの……」(チョウチョウ)

「……?」(チョウジ/カルイ?)

「……そ…そうかなあ…」(サラダ)

「それって悲劇のヒロイン症候群ってヤツだね」(ミツキ)

「!」(サラダ)

「は?」(チョウチョウ)

「まぁ…そんなのはどうだっていい事なんだけどさ」(ミツキ)

「…アンタは少し前に他里から来た…
えっと…」(サラダ)

「ミツキ

君はうちはさんだね」(ミツキ)

「+1」でアカデミーの教室でボルトの横に座ってる男の子って誰!?となった人、一杯居ますよね!!(笑)お、何、このイケメン!!って(笑)これって大蛇丸が捕獲してた実験体で、それを戦わせて最後に残った…結局、それを不屍転生でペロッと大蛇丸は平らげた幻幽丸に凄く似ていると僕は思います。それが何ですか?!少し前に他里から来た…ですか??!!ミツキって名前。あの悪者・ミズキを思いっきり彷彿とさせるじゃないのー。もし僕がタブレット純だったらここでやおら週ジャンを投げ捨ててギタレレをかき鳴らしてますよ!!(笑)サラダ!!他人を疑うのは良くない事だけど、これからはミツキとは距離をおいて警戒しながらお付き合いした方が良いかと思います〜♫<ジャカジャン>

いやーミツキヤバいですよ!!こんなのぜってー大蛇丸のスパイか、大蛇丸本人なんじゃーないの!!しっかし、こんなの木の葉もよく認めるよな…。でも中忍試験大蛇丸ももっと分かり易い変装(舌が蛇みたいに長くて器用なのに誰も気が付かず!!)で潜入してたし(笑)。ホントに、そんな事より気になるの〜!!♫<ジャカジャン>折しもアカデミーの卒業試験が始まろうとしてて雲行きが怪しいです。何だかこう…ザワザワするの。胸騒ぎがします。そうして早く起きた朝。相方は僕のベッドで一頻り遊んだ後、部屋の隅っこにゴロリと身体を横たえてまた眠ってしまった。僕もまたウトウトしようかな。5月なのに台風が近付く。落ち着かない眠い朝。胸がザワザワとします。

続きまーす。

第700+2話「写輪眼の少年…!!」③ | BLOG TOP | 第700+2話「写輪眼の少年…!!」①

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。