スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第700+4話「邂逅②」①

 
<ギギギ>(シン)

「!?」(サラダ)

「………
なるほどなぁ…」(ナルト)

<スウー…><スウー…>(シン)

「万華鏡写輪眼まで…

ならガキだって
手抜きはできねーぞ」<メラ><メラ>(ナルト)

<ギン>(シン)

<フワァ…><ガキ>

<ガキン>

<ヒュン>




<ガ><ガ><ガ><ガ>

「!!?」(チョウチョウ/サラダ)

「!?」(シン)


「ナルト…
久しぶりに暴れるのか?」(九喇嘛)

<ゴゴゴ>「ほんの軽くな!」<スッ>(ナルト)

ボルトサラダと同じ年の頃に見えるシンですが、なかなかやるなー…と感心していたのだけれど、ま、まさかの万華鏡写輪眼開眼者でした。万華鏡写輪眼開眼条件開眼後の制約なんかを本編で散々考察しましたけど、後半は失明なんかどこ吹く風でしたし、何もかんも柱間細胞で解決しちゃう雰囲気があったのできっとシン君もそんな感じにブレイクスルーしちゃってるのかな…と思います。ところでシン君の万華鏡ですけど、まん丸に刺が三つのシンプルな文様です。ついでにこのままマダラが漏らした「直巴」の説明をしてもらえたら助かります。ナル×ジャンでは「直巴」から「逆巴」とか「並巴」があるんだ象ッ!!と捏造網羅のチャクラを迸らせてますけど今は反省してます(笑)。

ところでシン君万華鏡写輪眼発動したかと思うと、あれは確かシン君が巻物からズルズルと引きずり出した武器が<フワァ…>と浮き上がって手裏剣みたいな部分が分かれてナルトを襲っています。どうみてもこれがシン君万華鏡写輪眼の能力と思われまして、これはまさか!!サイコキネシス?!(念動力)じゃーないでしょうか?しかし、こうなってくると磁気とか風圧とか蒸気じゃなくてチャクラが自然のエレメントを引き摺ってるのから離れやしませんか?と、何でもありはアリなんですが、余りにも何もかんも許すとそれこそ収拾が付かなくなってしまわないか心配です(え!?もうなってるって!!??)。ま、しかし、その攻撃を九尾のチャクラの具象化で軽ーく受け止めたナルトも随分よね。

しかし、そこは久方ぶりの九尾・九喇嘛の登場に免じまして。ところで九喇嘛って陰と陽が合わさって一つになったんですかね?九喇嘛がナルトに語りかけるカットでは見慣れた感じなので九喇嘛・陽だよな…と思えます。九喇嘛・陰って黒っぽかったような。しかし、ナルトは最終的に九つの尾獣全てから「約束のチャクラ」(仮称)を拝領して血継網羅のチャクラを我がものにしましたから、そんなミミッチーことを考える必要は無くなってますかね。ちなみに「約束のチャクラ」有限なんでしょうが、自然エネルギーを扱えるナルトはそこから基本五大チャクラを生成して、その中から二つの違った性質を取り出して組み合わせることができますから「約束のチャクラ」を常に補填できると僕は考えています。

きっとその為に仙人モードというものが救世主たるナルトに備わった…というか、仙人モード救世主必須条件みたいに妙木山で取り扱われていた痕跡があってやけに腹黒いカエルさん達だな…と考えてたなー(個人的に邂逅中)。ミナトが「ナルトの鍵」を転写した巻物蝦蟇をナルトは飲み込んでて、それが九尾チャクラモード辺りからナルトの身体に浮き上がる文様に明らかに反映されてます。自来也の仙人モードではフカサクとシマがその双肩融合(両性の術だっけ?)してたのをナルトの時には九喇嘛が拒否ったのに巻物蝦蟇はまんまとナルトの中に入っちゃったんですよ。妙木山必死だな…って思いませんか?(そ、それはケルベロスさんの考え過ぎというものさー、さー、さー…)

何か変な声が耳元で聞こえるので一旦切りまーす。

疲れてんのかな…Σ(*゚Д`;)ア…ア…アッハァァァァァァァァ?!!


第700+4話「邂逅②」② | BLOG TOP | 第700+3話「邂逅①」⑤

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。