スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第700+4話「邂逅②」③

 
「サラダ…
さっきお前見てて
すっげー昔のサスケとサクラちゃんを
思い出しちまった


サスケはメガネをかけてねーけど
お前にそっくりだってばよ
特に目元なんかよ……
写輪眼になったら余計そうだろうよ

でもどことなく
雰囲気はサクラちゃんに似てるしな……
キレた時が怖そうなところもな」(ナルト)

(何だろう…
七代目と一緒にいると)(サラダ)

「チョウチョウも
顔はカルイそっくりだけど
体形は昔のチョウジに
そっくりだってばよ!」(ナルト)


(すごく安心する…!)(サラダ)

サラダ黒髪サスケ似性格サクラに似ていると言えば似てると思います。しかしながらサラダ出生に関しては何らかの秘密があるのは確かでしょう。例えば、サラダが掛けている思わせぶりなメガネはホントに香燐に関係…っていうか形見(=同一品)かも知れません。ところでサラダお弁当に拘りを見せ「食べてもらわなきゃ困る!!」みたいなセリフを理解できないでいたんです。お弁当サラダから受け取ったナルトが鈴取りの演習の件を想い出してましたよね。サラダサクラと一緒に生活していますから昔話としてサスケナルトの事をサクラからよく聞かされていたんじゃないですかね。そういう風に考えるとナルトの取り留めのないサスケの説明へのサラダ的確な突っ込みがしっくりきます。

例えば、今は火影になっちゃったけどナルトはホントにおっちょこちょいな子供でドジでのろまで成績ドベの…みたいな情報サクラからは提供されていて、件の演習場でのお弁当サスケサクラ、そして捕縛されて身動きの取れないナルトの三人で分け合ったエピソードがそれにぶら下がっていたんじゃーないでしょうか?ナルトにはサスケサクラ大恩がある(→だから私のお願いは聞き入れて貰える!!)…と子供のサラダが考えたとしてもおかしくはないなーと僕は思うのであります。またそういうところがサクラと似てる…凄く似てるなー…と想ったりもします。しかし、サラダにはサスケ情報が余りにも少ないように思え、そこがまたサラダ出生に関する疑義の芽であったりして悩ましいのです。

サクラ性格を考えるとサスケ自慢話をしない筈はありません。イケメンで賢くてカッコ良くて写輪眼で…おまけに輪廻眼を開眼してこの世界の大ピンチを救った!!…と、サクラサラダ自慢しない訳はないでしょ!!しかし、どうもこの件を読み返すにつけサクラナルトの事はサラダに伝えているけれどサスケの事はサラダにあまり語っていないように思われます。それは何でだろう…と引っ掛かるのであります。ナルトの話はできてもサスケの話はできない…それが、サクラにとって「できない」ではなく「したくない」だったらどういう事なのさ!!って僕は思うんですよ。ここんところのパズルの非常に肝心なピースが欠けているから画が出来上がらずハッキリとしないんです。

ま、しかし、サラダが感じるようにナルトといると安心するのはサラダナルトに未だ見ぬ父の姿を重ねているのではないでしょうか?もしサスケが一緒に居たらきっとあの写輪眼の暴漢・シンからも自分を守ってくれただろう!!とサラダは思ったのでしょう。ナルトにしても子供の頃から一緒に居るサクラ(とサスケ?)の子なんですからサラダ可愛くない筈ありません。歳取ると解ると思いますけど自分の子じゃない友達とか良く知る人の子はそりゃー可愛いんですよ。爺ちゃんバーちゃんの「子より孫の方が可愛い」と同じ理屈だと思いますが、気楽さがいいんでしょう(笑)。それにナルトは今や火影様。木の葉隠れの子供らのでもあります。そんな感じに立派に成長を遂げた(ヤンチャな子供だった…)ナルトが僕はもの凄く可愛く感じられてならないのです。

続きまーす!!

元気です!!(150529) | BLOG TOP | 第700+4話「邂逅②」②

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。