スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第700+4話「邂逅②」④

 
(……もう少しで
パパに……

やっと会える!!)<ギュウウウ…>(サラダ)

(パパ!!)<ハァ><ハァ>(サラダ)

<ハァ><ハァ><ハァ>(サラダ)

<ハァ><ハァ>(サラダ)

<ザッ>

「!」<ハァ>(サラダ)

<ハァ>(サラダ)


「パパ」(サラダ)

「よくここが分かったな…」(サスケ)

<カチャ>「………
奴の仲間か……!?」
(サスケ)

「え”!?」(サラダ)

移動はやはりチョウチョウのガス欠がブレーキとなって目的地を前にサラダが先行する形に…。それでサラダが単身、<ハァ><ハァ>と妖しい吐息(トイレに…と男子不可侵のエクスキューズ付きでしたけど)を吐きながらサスケに急ぎます。まぁ、その前からサラダ象徴的に描かれて気にはなっていましたが、この時、サラダ写輪眼開眼してしまうんですね。オビトの神無毘橋の戦いにおける開眼とはかなり違う状況だけど感情の高まりが引き金になって脳内に特殊なチャクラが溢れ出して…みたいなうちは一族の特殊な体質によるものなんでしょう。ところでイタチの「大切な友を殺す」という万華鏡写輪眼開眼条件サスケ逃げ場のない一本道に追い込む為の”嘘”だったんですよね。

しかしサラダ一つ巴文様ではありますが、写輪眼開眼したということは最低でもサスケの血は入っている…一応、写輪眼の少年・シンが登場するまで現存する写輪眼サスケのみでしたんで父親サスケ確定でしょう。公式データブックに「サラダはサスケとサクラの子」とか何とか書かれていたようですが(←見ろー!!ちゃんと読めーッ!!)、そんなもの次のデータブックで「…とされていたが、実は…」と返されたらおしまいじゃないですか!!(笑)っていうか、僕は自分の目で見て自分の頭で考えたいんですよ。自分の心で決めたいんです。それで予想してた事が外れても構いません。僕が味わっているのはそのプロセスなのであります。僕は考える事楽しんでいるのであります。

僕はナル×ジャンの活動を通して少年少女に”考える楽しさ”というものをお伝えできたらいいなと考えています。その為に僕はこうして書いている訳です。考える為書いているのです。僕の尊敬する林修先生「書く事なしに考えた事がない」とか何とかと哲人の言葉を引用されていましたが、全くその通りだと思ったものです。僕の中にわき上がる雑多な想いを文章にする。言語化するという事。その書く事こそ「考える」という事なのだと思います。そして、僕は「考える事」楽しんでいるだけなのです。…というか「考える」という事が楽しいだけなんです。僕のひねくれた予想妄想ではなくて少年少女には是非とも「考える」というプロセス楽しんで欲しいと僕は常々考えて楽しんでいる次第です(笑)。

「知識」「思考」は全くの別物だからね。少年少女は心して自分の頭で考えるんだよー!!その為に自分の目で、耳で、肌で、舌で、手で情報を得て欲しいなと思います。そして、そういう気持ちでナル×ジャンを読んで頂ければ僕はもの凄く嬉しいなと思っています。かなり横道に逸れてしまいましたけどごめんなさいねー。僕がナル×ジャンで皆さんにお伝えできるのもあと少しなので。そう考えてると涙が込み上げて来るんですけど、歳をとると(”歳を重ねると”とフィルターを掛けるのがナル×ジャン流なので…)涙もろくなっていけやせん。近頃は子猫とか子犬見ただけで泣けるからね。スミマセン。何か謝ってばかりでホントにごめんなさい…。湿っぽくなるとアレなのでお話に戻りますと…。

さて…<ハァ><ハァ>と息を切らしながら写輪眼まで開眼させてサスケに辿り着いたサラダでしたが、サラダが絞り出した「パパ」の一言を覆い隠すようにサスケサラダ「賊」扱いですか!?ここでありがちな展開を考えると、実はサラダにあの目玉オヤジのような使い魔的なゴブリンちゃんが取り憑いててサラダにではなくそいつにサスケが凄んでるってオチだけど、それはこの前段階のナルト”仙人・尾獣モード”悪意の感知消去されちゃうと僕は思うんですよ。シンが戦闘中にサラダに何かを仕込むってアイデアなんですけど、ナルトはシンのターゲットがサラダだと断定してましたからね。実際、サラダの気配を感じる為に”仙人モード”に入ってたくらいですし、サラダの緻密で徹底的なスキャン残当と思われます。

ただナルト予想外と言えば、この期に及ぶサラダの写輪眼開眼であります。まぁ、サラダ目元サスケに似てて「写輪眼になったら…」ナルトが指摘する辺り、キッ神の伏線の張り方が絶妙過ぎて痺れましたけど(笑)。サスケサラダ開眼したばかりの写輪眼を見てサラダが想像もしなかった反応を示したのだと思います。これも写輪眼の少年・シンとの交戦が大きく影響してるんだけど、自分以外の写輪眼は全員が「賊」という思考回路じゃーないでしょうか?つまり、これは何を意味するかと申しますと、サスケは将来、写輪眼開眼する可能性を秘めた自分の子孫存在を知らない!!という事なのではないかと僕は考えるのであります。サスケはサラダの存在を知らなかった!?そこにサラダ出生の秘密を解くがあるように思うんですが…。

「え”!?」ってこっちが言いたいわ(笑)。

第700+4話「邂逅②」
ナル×ジャン ケルベロス


第700+5話「未来は」① | BLOG TOP | 元気です!!(150529)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。