スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第700+9話「私が守る」①

 
「………」(サラダ)

「…イヤ…

悪いのはオレの方だ

どう考えてもな
お前が謝る必要はない」(サスケ)

「オレの
そんなヤワな女じゃない」(サスケ)


「………」(サラダ)

(…この人はママの事…
どう思ってんの?
2人の間には…
本当はどんなことが
あったんだろう?


写真の女の人は
…パパと…私の…)(サラダ)

<トン>(ナルト)

「!」(サラダ)

「………」(ナルト)

「………」(サラダ)

「………」(サラダ)

<ギュ>(今ごちゃごちゃ考えるのは止め…
七代目が言ってくれた通りでしょ…

今はただママを助けたい

それだけなんだから!)(サラダ)

先週、サスケ「カグヤの時空間の位置を調べその中に入るにはかなりのチャクラを…」と言ってたので、時空間移動でシンを強襲するものと期待してたんですが、須佐能呼(完成体)で飛んでましたね(笑)。きっと高速のインターチェンジみたいなポイントが各所にあって、シンのアジトに一番近いところから須佐能呼で出て来たんでしょう。カグヤの空間に入るにしてもトコトコ歩くのもアレですからサスケ須佐能呼に入って移動する必要もあったのでしょう。ちなみに大蛇丸水月、重吾は連れて来てないみたいですね。あの子らは自宅(アジト)軟禁みたいな感じなのかな。しかし、それだと香燐が他のアジトに居る…っていうのが受け入れ難くなる…特段の事情がなければ…となるかな<ボソッ>。

多分、サラダ出生に関して香燐は大きく関わっているのでしょう。一応、水月の検査で香燐サラダの遺伝子がマッチしていますが、香燐の身体の一部である机から持ち出した臍の緒(検体)が香燐のそれである確証はありません。香燐サラダ出生…もっとダイレクトに出産に関わっていたのであればサラダその母を繋いでいた部分(臍の緒)を香燐が預かっていたとしてもおかしくありません。香燐医療忍者ですから産婆さんとして関われる立場にありますから、可能性では他の登場人物よりは高いと言えるでしょう。それとサラダがしているメガネももしかしたら香燐が与えたのかも知れませんし、そこにサラダ出生秘話の核心があるんじゃーなかろーかと僕は考えています。

しかしながら、ナルトサラダに伝えたかったのはとか時間だけじゃ説明できない「想い」でありまして、サスケは兎も角、サクラがサラダに注いだ「愛について」サラダがどう感じ、考えているのかというところにあります。サラダも我が胸に刻まれたその「想い」を今一度確認していましたね。きっとサラダをサクラやサスケがしっかりと感じられたならサラダ出生の秘密を明かす気になるんじゃないでしょうか?サラダは悩みながら自分で考えて答えを目指して頑張っているのです。これが子の、人の成長なのであります。そして、それを折れないように曲がらないように支えるナルトの見事な大人っぷりが際立って、ナルトを育てた僕としては(←言い過ぎだぞーッ!!)目頭が熱いです。

…エッ!!??面の皮が厚いって!!??どーもすいません(笑)。今、ナルトが行うサラダサポートとはナルト八卦の封印式の内に父・波風ミナト母・うずまきクシナチャクラを保有していたものと同じであったと考えると何とも狡い子、チートな子なんですよナルトって。表面的には孤独が足を生やして歩いてる…みたいな子なんですから!!それがあんなにおおらかに屈託のない笑顔で他の皆を変えていくもんだから劣等感を抱きまくったサスケなんかは真っ先に闇堕ちしちゃった訳だ。しかし、多かれ少なかれ生きていく限りはみな同じように問題を抱え苦しみながら、それらを解決して歩むのです。決して独りきりではありません。誰かが補い、誰かが助け支えているのです。

少年少女はして欲しい。自分がどれだけされているかを見失わないで欲しいのです。そして忘れないで欲しいんですよ。今こうしてサラダを優しく見守るナルトのようにアナタ達に寄り添う誰かが必ずいます。玉石混淆ではありますが、曲がりなりにも僕らは大人になった訳であります。僕はその誰しもが誰かに支えられたのだと言える。親であったり先生であったり友であったり、全く見知らぬひとであったり。例えば飛行機事故で子供の生存率が明らかに高いのは墜落の一瞬に近くに座る大人が抱きしめるからだという説があるくらい、人は無意識に子供を守るものなんだって。そう創られているのかも知れません。本能?それもまた小難しい言い方をするなら遺伝子に書き込まれたプログロム…。

それを僕なりに解釈するなら、恩義を感じている…ということなんだと思います。事実、僕を育ててくれた人がいる。心を与えてくれた人がいる。愛してくれた人がいる。僕は今まで数々の素晴らしい出会いを繰り返して来ました。出会った人達。出来事。いろいろな経験が僕を僕たらしめた。僕を形作った。それらに感謝せずに居られない。この恩義に報いずにははいられない。だから今、こうして恩を返しているのであります。こうして書き続けているのであります。は確かにあるのです。少年少女の周りに。溢れて息苦しい程に。時にそれが煩わしいかも知れない。面倒くさいかも知れない。でも大人は自分の受けた恩義が忘れられないから皆さんの成長寄り添いたいのよ。

それだけは何としてもお伝えしたいのです。

続きまーす!!


第700+9話「私が守る」② | BLOG TOP | 第700+8話「本物」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。