スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第700+9話「私が守る」②

 
「………この辺りだ
ナルト感知を頼む」(サスケ)

「おう!」(ナルト)

<ドゴ>

<ゴゴゴゴ>「チィ!」(サクラ)

<ブン>(シン)

<ジュジュ>

「!?」(サクラ)


<ヒュ>「ぐっ!!」(シン)

<ドン>

<ゴゴゴゴ>


(何だ!?)(シン)

「!?」(シン)

<ガッ>「ぐっ!!」(シン)

<グッ>

「ぐあああ!!!」<ボキ><ボキ>(シン)


「ママ!!」(サラダ)

<ズボッ>(サスケ)

(天照!!)<ギン>(サスケ)

<ボッ>



「アナタ…ありがとう…」(サクラ)

「傷痕は自分で治せるな……」(サスケ)

「うん…」(サクラ)

「………」(サラダ)



「やっぱ瞳力戻ったサスケは
やりやがんな……」(ナルト)

「あーもう!
なんであちしのパパじゃなくて
サラダのパパなのじゃ!!」(チョウチョウ)

ナルトシン感知を依頼したところを見ると、サスケ輪廻眼も何でもお見通しではなさそうですね。サスケが「(シンの)位置が分かった」みたいに言ったのは大蛇丸からシンアジトの在処を教えてもらったのでしょう。それでカグヤの空間輪廻眼でアクセスして一番最寄りの出口を探し出して皆を運んだのだと思います。多分、ナルトからサクラの居場所を聞いてもサスケには正確にそれを把握できないと思うんだけど、須佐能呼の槍みたいな武器でいきなり切り込んでいますよね。これはサクラにもし当たっても創造再生があるから何とかなるっしょ!!みたいな大雑把なものだったと思います。ちょっとに感じられるでしょうが、サスケサクラを高く評価しているからだと僕は思いました。

サスケシンをサクッとシメた後にサクラに刺さったシンの刃物を抜くなり天照で燃やしてますよね。これは行動停止させたにしてもシン瞳力でまた操られてサクラを傷付けられないように刃物そのものを燃やし尽くしてしまう為です。天照なんて消耗の激しい能力サクラの為に使っちゃうところにもサスケサクラに対するが垣間見えて嬉しかったなー。きっとシンが懲りずに刃物の操りでサクラを攻撃なんかしたらサスケは同じように天照シンの攻撃を悉く燃やし尽くしてしまうんじゃーないでしょうか。黒炎だけにお熱い話やなー…なんてね(笑)。兎に角、サスケサクラをちゃんと評価し、尊敬しています。そして大切に想っていると、僕は感じています。

それをサラダ<ジトー>っと見ていますね(笑)。

一見冷たいとも取れるサスケの振る舞いがサラダのお年頃の女の子にどういう風に映るのかはおっちゃんには分かりませんが、見かけの冷たさに邪魔されずサスケ深層に在る温かみサラダに伝わればいいなーと僕は思います。ま、賢いサラダだからちっぽけな刃物天照なんて高負荷の忍術で排除するサスケサクラに対する想いが伝わるでしょう。ところで天照サスケの左目の輪廻眼で発動してますから瞳力に関しては下位互換基本巴永遠の万華鏡写輪眼の瞳術も輪廻眼で扱えるのでしょう。それで輪廻眼瞳力が整い過ぎの所為か天照「血の涙」が流れてないので、ここはサラダアピる為嘘でもいいから血を流しなよサスケと…

僕は心の中で叫んださー(笑)。

続きまーす!!


 

第700+9話「私が守る」③ | BLOG TOP | 第700+9話「私が守る」①

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。