スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第700+10話「その眼に写るもの」②

 
「落ち着けよ………」(ナルト)

「……」(シン君)

「………」(シン君)

「!!!」(シン君)



「九喇嘛…」(ナルト)

<ゾッ><ガク><ガク>(シン君)

ナルトはシン君「落ち着けよ…」と言ったんじゃーなくてガチでご立腹の九喇嘛に冷静になるように促してたのね。きっと放っておいたらシン君を殺しかねない勢いだったんでしょう。サスケはそんなナルトを「(相変わらず)甘い」と言うけれど、サスケも一気にシン君クローン軍団"天照"で燃やさずにいたし、刃物を持ち出さずにグーパン(須佐能呼のも含む)のみであしらってたじゃないのォー〜(ダメよダメダメ風)。でもそれよりもサラダに地面を勝ち割られ、ナルトの中で荒ぶる九喇嘛のチャクラの一睨みで後ずさりして白旗あげちゃうくらいの覚悟で”暁”を名乗ろうなんざ、そっちの方が甘い罠(笑)。これは多分、シン君が余りにも世間知らずだったからだと僕は考えます。

シン君にとって唯一の情報源シン(パパ)だった筈で、戦いの中で遺伝子は進化し続ける…みたいな偏った価値観を植え付けられて育ったのだと思うんですよ。その上、サラダ目玉オヤジグーパンで潰されて死んじゃうシン(パパ)が上限なんだから、九喇嘛が本気で牙むいてるの見たらお漏らししてもおかしくありません。この子らはちゃんと物事を学んでいませんから基本的な感情が、彼らの発する片言の言語より不足しています。その中で九喇嘛のチャクラに恐怖できたのは写輪眼の持つチャクラの感受性と、唯一開発されていた恐怖心が無用な争いを回避させたものと思います。つまり、シン(パパ)シン君らに「恐怖」だけは教えてた?…つーか恐怖シン君支配してたのかな?

しかし、シン君らの知識圧倒的に不足してたんなら外伝の初めの方でサスケと交戦して「ものすごく強い」サスケを評価したのが解せないのです。あの時、サスケは瞳力が弱ってたのかな?輪廻眼が閉じた状態だったにしてもサスケのチャクラをシン君写輪眼は感じられた筈でけど、少なくともシン君の足はすくんでいませんでした。シン君があんまりメンコイ男の子の姿をしてるからサスケが手を抜いてたのもあるでしょうが、シン君は冷静にサスケの力量を推し量っていました。これは九喇嘛のチャクラ<ゴクリ>と生唾を嚥下しながら後ずさりするシン君とは明らかに違うと僕は思うんですね。それで、もしかしたらサスケを交えたあの一体のシン君だけは他と違うんじゃないかな…って、

僕は考えているんです。御霊の有無…っていうのかな。話せば長いんだけど、シン(パパ)シン君らの遺伝子的な繋がりサラダ並みの懐疑心で僕は疑ってて、僕がシン君だったら間違いなく「父親探しの旅」に出る勢いです(クローンだけど)。肝心のシン(パパ)能力の説明が端折られてややこしいですが、うちは一族でないのに写輪眼を複製できる部分がどうも受け入れられなくてシン君オリジナルが別に居てシン(パパ)がそれを利用している可能性を示唆してるんじゃないかと僕は疑っているのです。つまり、シン君オリジナルからシン君らをクローン技術で複製して写輪眼やらその他の臓器シン(パパ)がかすめ取って使っていたという悪辣な構造が浮き上がってきて吐き気がします(笑)。

それと、肉体とは別に御霊(魂)が確かにこの世界では存在し穢土浄土を行き来してて、それに関わるのがチャクラであると既に定義(チャクラの真理)されてましたね。恐らくシン君オリジナルは既に死亡してて肉塊になってるか培養液に浮かぶ的な姿に成り果ててるんじゃないでしょうか。それで一度浄土に向かったシン君御霊穢土にて複製されたシン君の一体にまた降り立ったのがサスケと交戦したシン君だったんじゃないかな?と僕は考えるに至った訳です(長ッ!!)。肉体だけが命を構成するのではなく御霊が揃ってはじめて命たり得るのではないかと、改めてシン君クローン軍団を見てて僕にはそう思えたんです。それでシン君らに足りないのは教育だけじゃないなと僕は感じたのです。

シン君クローン軍団はこの後、木の葉隠れの里が提携するある施設に引き取られますが、このままだとその他大勢のシン君らの行く末が心配です。如何に忍術の万能を持ってしても、御霊までは増やせまいて(できるんなら大蛇丸が既にやってますって)。クローン技術量産されたシン君らには御霊が足りない筈なんです。だからいろいろと乏しいのではないでしょうか。誰かがそれに気付いてシン君らに御霊を降ろせたらいいのにな…と老婆心な僕はふと思ったりするのです。もう描かれないかも知れない部分だけど、それがチャクラの真理とやらの恩恵で先の大戦で失われた大勢の人々の御霊が還れる受け皿になれれば、無念の想いを噛み潰しながら逝ったネジ兄さんも浮かばれるのではないかと思ったりするのですが…誰か絵の上手い同人の方に描いて頂きたいなー。

続きまーす!!

 

第700+10話「その眼に写るもの」③ | BLOG TOP | 第700+10話「その眼に写るもの」①

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。