スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「読者緊急参戦指令・調査任務」

  
以下、週刊少年ジャンプNo.26…100~103頁より引用…五代目火影・綱手より、木ノ葉の精鋭と読者に向け、緊急任務が発動!!キミも今すぐハガキを手に、この任務に参戦せよッ!!。調査範囲は245話~399話まで!!2年半の修行の旅を終え、木ノ葉隠れに帰郷したうずまきナルト!!今回の調査任務は、この瞬間から始めるものとする!!

(任務NO.1)キミの心を掴んだ…最高の名シーンを探せ!!

修行の日々、苛烈な戦い、出会いと別れ…。忍によって紡がれる数多のドラマ。その中で、印象深い場面を1つ選び、掲載された話数とその理由も教えてくれ!!

うずまきナルトからのアドバイス:

数年ぶりの仲間との再会!!新たな忍者の登場シーン!!そして新術の発動…!!思わずグッときたーって瞬間を選ぶてばよ!!

ケルベロスの答え

名シーン:第381話「その正体…!!」(第42巻/35ページ)。自来也がペインの「正体」に気付き、死を覚悟して再度、ペインの前に赴こうとした時、二大仙人を生かす為に自来也が単身突入しようとするのに"頭"が随伴を申し出ました。それを、いつもは口うるさい"姐さん"が言葉を挟まずに、ただ一言…「晩飯までに戻りんさい」と言ったシーン。

理由:もう個人的な「ツボ」でスミマセン。シーンの説明文を書いているだけで泣けてきました。二大仙人の自来也に対する接し方や距離感は人として見習うべきだと思います。これが血の繋がった親子であればなんて事はないのですが、カエルと人間ですから…否…血の繋がりのない間柄で、甘やかしすぎず、それでいて冷たく突き放したところがない。これをして人は「思いやり」と言うのだと思います。

「ああ…終わったら自来也ちゃんと一緒に飯を食いに帰る」と言う"頭"の言葉に「…………」と姐さんが微笑むシーンに又、涙です。そして、その暖かさに自来也は「…………」と最早、言葉も無い。心の中で(ありがとうございます…)と呟くしか無かった…。この光景は美しかった。人を思いやる心。それを感じ取り、その上で感謝できる心。この刹那には人の清らかさが溢れている。今も…涙が止まらない。

「柱間VSマダラ」の終末の谷の一戦もベストシーンなんだけど、僅差で次点。あれに種明かしとか、もう少し実際の戦闘シーンの描写があったら、「ベストシーン」と「ベストバウト」のダブル受賞だったんですけどね。ま、あの見開きはきっちり「考察」で、「ああでもないこうでもない…」とアホな事を書きますから、楽しみにとっておいて下さいね。


(任務NO.2)キミが最も感動した…名ゼリフを探せ!!

忍は過酷なる日々を生きる。そしてそこから生まれた言葉には、熱き忍の忍道が宿るとされる…!!キミの心に刻まれた感動的な名ゼリフを1つ選び、話数と理由も記入してくれ!!

春野サクラからのアドバイス:

任務中や戦闘中には、沢山の名言が生まれたわね。忍道が伝わってくるセリフはもちろん大事。だけど「日常の時間の中で、思わず飛び出した珍言」も面白いと思うわよ~ッ!!

ケルベロスの答え

名ゼリフ:「サスケを助けたいなら君自身の力で助け出せ。九尾の目ではなく自分の目で…サスケの姿をしっかり見たいなら。そして、サクラを守りたいなら」(第299話/「強さの源…!!」~第33巻/181頁)。九尾のチャクラの毒に当たったサクラを休ませ、少し離れたところにナルトを呼んで、ヤマトが叱責したシーンで、ヤマトがしっかりとナルトを見つめて伝え切った言葉。

理由:先ず、ヤマトの叱責の作法に唸りました。ナルトの自尊心や羞恥心(どっちもサクラに対する気持ち)に配慮して、少し離れた場所で、静かに高ぶる事無くナルトの行いを、ヤマトは叱責しました。確かに、ナルトは間違った事をしましたが、それでナルトを全否定していませんよね。ちょっとした過ちですら人格すら否定してしまう様な責め方をするオトナが多いのに、ヤマトの態度は素晴らしかった。

そして、この時、ヤマトがナルトに伝えた言葉は、波の国で出会った「白」がナルトに伝えた「……君には大切な人がいますか?人は大切な何かを守りたいと思った時に本当に強くなれるものなんです」(第21話/「森の中の出会い…!!」~第3巻/75-77頁)に匹敵する…ナルトの「生き様」を決する様な大切な言葉なんだと思います。「白」が母親の大役を果たしたとするなら、ヤマトは間違いなく父親役。それが、初代のDNAの為せる御業であるなら…或いは…。


(任務NO.3)キミが究極に熱くなった…ベストバウトを探せ!!

"暁"や"蛇"の参戦により、激しさを増す戦い。その中でキミが思わず拳を握りしめた、究極のベストバウトを1つ選ぼう!!「○○○VS○○○」と記入し、掲載話数と、選んだ理由を書き込もう!!

犬塚キバからのアドバイス:

オレたちも中忍になって、厳しい戦いも多くなった!!集団戦にも個人戦にも名勝負が生まれたぜ!!ま、「ナルトVS木ノ葉丸」みたいな、アホ丸出しの戦いを選ぶってのもいいけどな。

ケルベロスの答え

ベストバウト:「黒刀のライドウVS角都」の…突き(第327話「絶望の中に…」~第36巻/141頁)。アスマを退けた飛段を取り囲む黒い鳥(カラス?)の中から、ライドウの「黒刀」一閃!!角都が「!!」(黒刀!)と驚いてる。そして、<キュイン>と堅い角都の顔に傷を負わるシーン。

理由:出会い頭の一撃!!これこそ「忍」の理想的な闘い方だと思います。普段は地味なライドウですが(笑)、充分な見せ場を作ってくれましたね。この時、柱間と対戦経験のある角都が(黒刀!)と、内心驚いてる所がミソで、これがないと駄目だった。角都が驚く程の業ものを持つライドウ。三代目火影存命中のライドウの描写からすると、恐らく彼は…ザザザザザ…ザザッ…(黒汗)。

できれば…自来也のピンチも救って欲しかった(汗)。たとえ身代わりになろうとも…(笑)←アメリカンジョークですからね…(ど、何処が…)。


(任務NO.4)忍術、忍道にシビれた…先生にしたい忍を探せ!!

ナルトには自来也、サクラには綱手…師匠となる人物は、弟子の未来を左右する重要な存在である!!もしもキミが、自分の師匠を1人だけ選ぶことができたとしたらどうする…!?名前と選んだ理由を教えてほしい!!

ヤマトからのアドバイス:

あの忍の術を教えて欲しい!!あの忍のような忍道を歩んでみたい!!そう思える人物を是非、選んでほしいな。え、僕!?残念ながら僕の木遁忍術は、教えてあげられないんだよね…。

ケルベロスの答え

名前:波風ミナト(四代目火影)

理由:「先生だからこそです!本当の忍の才能を持つ立派な忍者で、あなたほどの忍はいませんからね」(第382話「本当の選択!!」~第42巻/53頁)と、やや卑屈に接する自来也にきっぱりと言い放ったミナト。その肩に暖かい掌を添えるクシナ。自来也のホントに伝えたい気持ちを汲み取り、自分のモノにしているからここまで自信を持って言えたんですね。

これは優しいとか、賢いとかで考えるレベルじゃなくて、「魂」が何をすべきなのか?それが「心」と同調しているからなんだと思います。つまり、ミナトは自分が何者かを知っているのです。自分が何者かを理解する…一口に言ってもそれは容易い事ではない。それをサラッとやってのけるミナトを、僕は「師」と仰ぎたい。本心でミナトに師事したい!!と願う…ケルベロスです。


(任務NO.5)キミが1番好きな…トビラ絵を探せ!!

『NARUTO -ナルト-』の各話トビラページ。そこに描かれた絢爛豪華なイラストは、様々な物語を想起させるものばかりだ!!その中で、キミの1番のお気に入りのイラストはどれ!?1点を厳選し、話数と理由を報告してほしい!!

日向ヒナタからのアドバイス:

選んでもらうトビライラストは、カラーでもそうじゃなくても大丈夫です。も、もしも私が選ぶとしたら、ナルトくんのイラストを…ああ…。たくさんあって…ど。どうしよう!!

ケルベロスの答え

トビラ絵:第388話「力の差…!!」のトビラ絵。アオリ(それは始まりから幻だった。兄と弟という絆。)「うちは」の家紋があしらわれた壁に腕組みして持たれるイタチ。それを真似るように腕組みして寄り添うサスケ。背丈の低いサスケがイタチを見上げてる。イタチはサスケを優しく見つめてて、二人とも微笑んでいる。微笑ましい光景…。幻…幻術(まぼろし)?

理由:やっぱり、イタチとサスケの微笑みに<ズキュン>でしょ。イタチって感情の露出がめちゃめちゃ少ないので、こうして軽ーく微笑む…口元が緩むだけで<キュン>となっちゃいます。そして、その視線はサスケを優しく包んでいる。決して、サスケに眼の高さを合わせる様な近付き方はせずに、自分の高さでサスケに接している。サスケもイタチを見上げ、少しでも近付こうと背伸びしているように感じます。この光景を「幻」と言いきれる!それこそが真の優しさなんじゃないかと…イタチを見て思います。イタチもサスケを容易く抱きしめたりしなかった。それって…『NARUTO -ナルト-』の素晴らしきオトナの共通点なんですよね。

(任務NO.6)キミが兄弟(姉妹)にしたい…忍を探せ!!

もしも、兄弟や姉妹を1人だけ選べるとしたら…?兄、弟、姉、妹から選び、その名前と、理由を報告してくれッ!!

サイからのアドバイス:

兄弟にしたい忍を選ぶことは、強い繋がりや絆を得たいと願うことかも知れないな。ナルトとサスケくんのように、自分と相反する存在を兄弟として選んでみる…というのも、興味深いな。

ケルベロスの答え

名前:奈良シカマル(弟)

理由:「先ず、弟で練習…」じゃなくて(どんだけやねん!!…笑)、最近、無性に将棋が打ちたくなって…あの縁側で相手してもらいたいです。シカマルは賢いから、歳が離れてても言葉が通じると思います。こんな賢い弟がいたら、それはそれでプレッシャーだろうけど、そこは兄の威厳で誤摩化しましょう(笑)。

お酒が飲めるようになったら、二人で酌み交わしたいです。朝までブイブイと徘徊したり、いろんな事を教えてあげたいなと思います。そして、いつまでも尊敬され、慕われるような兄貴でいられるように、努力すると思います。きっと、アスマもそんな気持ちだったろうな…と思います。


(任務NO.7)作者・岸本先生に…質問せよ!!

『NARUTO -ナルト-』の物語や世界観についてでも、岸本先生についてでもOK!!岸本先生に、キミの質問を1つぶつけてくれ!!

油女シノからのアドバイス:

もちろん、ふと頭に浮かんだ素朴な疑問でも構わない。…ちなみにオレは、体内に飼っている寄壊蟲の数を把握している。だが今は教えられない。なぜなら、質問が来た時に答えたいからだ…。

ケルベロスの答え

質問:(非常に、非常に不遜ではありますが…)「ナル×ジャン」の存在を知っていますか?(ボソッ…)もし、知っていらっしゃるんでしたら…いつもいつも…アホな事ばかり書いててスミマセン。生まれて来てスミマセン。心から尊敬しておりますのでお許し下さい。『NARUTO -ナルト-』を毎週楽しみに愛でるように楽しませて頂いております……。

以上。

一部、黒くてスミマセン(黒汗)。僕もこの内容で応募しときますね。皆さんも自分自身の目で見た『NARUTO -ナルト-』から感じたシーンや名言を探してみて下さいね。僕のコピペは駄目だからね(笑)。それだと参加する意味ないし、折角…こんなに楽しい企画なのに、それが台無しになっちゃうからね。

……ヤマトがナルトに言ったように「自分自身の力で」って言うのが大切なんですよ。アレは全ての少年少女に放たれた言葉だから…。それを肝に銘じるように!!

ナル×ジャン ケルベロス


任務応募者の中から(抽選で)150名様に
『ナルト×サスケ千社札シート』(2枚セット)をプレゼント!!

※それぞれに7枚の千社札がついた特製シート!
※千社札はキミの名前が入るぞッ!!



■応募のきまり

ハガキの裏に住所、氏名、年齢、学年(職業)、電話番号と応募する任務NO.、任務結果を書いて送ろう!!ハガキ1枚につき、応募できる任務は1つだよ!!※ペンネームで応募する場合も、必ず本名を書いて下さい。

●あて先/〒119-0163東京都千代田区一ツ橋2-5-10集英社
WJ26号『NARUTO -ナルト-』「緊急任務」係まで
●しめきり/2008年6月23日(月)(当日消印有効)

※頂いた個人情報は今後のWJ他の企画で使用します。
※当選者の発表は、今後のWJ誌上でで行います。



 

「違和感」 | BLOG TOP | 第401話「幻術(まぼろし)」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。