スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第359話「その眼…!!」


刹那の攻防。サスケは潜影蛇手を繰り出して、横方向に逃げます。潜影蛇手がもろ肌で、こんな風に発動するんだ~ッて感心しました。きっと、皮下に口寄せ動物の召還用の忍具を埋込んでいるんでしょう。口寄せに必要な「血」は常に供給されているでしょうから、印を結べば術が発動するんでしょう。何だか、納得。一方、デイダラも風魔手裏剣(?)を脚で何とか外しました。サスケもデイダラも必死です(汗)。

そう、必死なんです。サスケは別に圧倒的でもなく、どちらかと言うと、泥にまみれるような、人間臭い闘い方をしています。あの200人を倒し、なおかつ、一滴の返り血も浴びないような、圧倒的な闘いではない。写輪眼も特殊な瞳術を発動した描写もない。やや、痼りが発生中です(笑)。

<ズズズズ……>(←僕のじゃないです…笑)

サスケは呪印状態を一旦、解除します。デイダラに折られた左翼の付け根が痛々しいです。この折れた翼は元に戻るんでしょうか?ワザワザ、千切られた翼を回収してきたようでもないし。例えば、手が切られたら再生なんてしない。これが、しばらくして復活しているなら、例えば、皮膚の一部分の細胞を急激に変質&増殖させるようなロジック(方法論)で呪印が人の細胞に関与しているとする仮説に対する答えになるのではないかと、注目している描写です。

「やっぱ最後は爆死じゃないっスかぁー!」
「デイダラ先輩のバカヤロー!!」

でも、しっかり生還するデイダラ。咄嗟に粘土細工の鳥を出現させて、あの猛烈な爆発を回避したようです。

【補足…トビの物言いは誰かに似てるな…って思ってたんですが、元タケ○軍団の、現宮○県知事の東○原さん…かなって、個人的に思います。相手のパーソナルスペースのギリギリに侵入して障壁を浸食して行くような…「人誑し(ひとたらし)」…と言わしめるような、独特の間合いを持っている。腹が立つけど憎めない。気がついたら友達になってる。トビはそんな空気感を常に漂わせています。仮面の奥の顔は、果たして笑っているんでしょうか…気になりますね】

「しぶとい…」

デイダラを強く見据えるサスケの写輪眼。力強いです。それに対して、デイダラは…。何かを思い出しているようです。

「あの眼…」
「あの眼だ…」
「ちくしょう…」

と、何やら反応が…。そして、黒塗りバックの回想シーンに突入します。

ヒルコの姿のサソリとイタチと鬼鮫がデイダラを勧誘してます。「暁」もこうして仲間を集めてたんですね。このシーンはサスケが「蛇」のメンバーを集めて回ってたのとダブりました。個人的に(笑)。サスケはイタチと違うように見えて、実は同じ事をしている。僕は何故かそんな風に今、考えるようになています。余談です(笑)。

【急いで書いたので補足…。サスケは集会場の地下の「写輪眼の本当の意味」を記しているとされる碑文を読んでいます。つまり、イタチの真意を知っている…と考えれます。「蛇」を編成する時、単に「イタチへの復讐」の為とするには大袈裟過ぎる…との考えもありました。ここは推測する材料が不足していますのでペンディング(先送り)で良いと思いますが、もしかしたら「その先」もサスケが見越してる可能性もあるよ…と、覚えておいて欲しいです。やや痼り…です。僕的にも(笑)】

「芸術は爆発なのだァァ!!」

芸術に対する持論を展開するデイダラを「暁」の一行は完全に無視(笑)。これから2マンセルを組む予定のサソリなんか…

「…ウザいな…」

ですよ。全く興味なしって感じです。鬼鮫なんか理解する気配すらなく。最早、デイダラの勧誘自体を諦めてます(笑)。結局、イタチが閉めにかかります(笑)。

<スッ…>

写輪眼の三つ巴文様がデイダラを見据えます。厳しく凛然とした力強い眼差しで…。丁度、今、一戦交えているサスケのように。

「何だあの眼は?」

デイダラはこの時、初めて写輪眼を目の当たりにしたのでしょう。当然、その意味も恐ろしさも知らなかった。デイダラはタッパも低いし、何だかあどけない。時期的には第一部の前でしょうが【補足訂正:この描写は恐らく、大蛇丸の「暁」抜けの後。つまり7年前よりこっちでイタチが12~13歳程度。サスケの年齢に換算して7~8歳程度でしょう。うちは虐殺の前なのかな…後なのかな…材料不足です】、かなり若い設定ですね。前髪が柔らかな感じで、凄く可愛いです。

「オレの忍術は何より崇高な芸術だ! うん!!」

デイダラは起爆粘土でイタチに先制攻撃をしかけます。多分、C1でしょう。蜘蛛型で揺動→ムカデ型で拘束~爆破の複合芸術…の筈が、イタチの幻術にハマっていて、思いっきり自分を捕獲してしまい、速攻、ゲーム終了(汗)。

自分が壊した壁の大穴に静かに立つイタチ。背後から差す日輪が後光のようです。左右に闘神を従えるようにして…。

「これは……芸術だ!」

デイダラは敗北を受け入れたようです。イタチの美しさに見入ってしまった。認めたくないほどの惨敗を、デイダラはこの時、感じていたのでしょう。そして、イタチがデイダラに引導を渡します。

「お前の負けだ」

ところで、イタチが左右に従えていた仏像の光背(後光)が三つ巴文様の写輪眼風のデザインになっています。皆、気付いたと思いますが、これはうちはの仏師が彫った仏像なのか?はたまた、「三つ巴」がこの仏像を祭る宗教の宇宙観に起因する文様なのか?いろんなパターンが考えられます。この仏像がどのくらい前に彫られたのかは不明ですが、写輪眼には先人の残した叡智みたいなモノを感じてならないのです。プログラム説の根もそこにあるんですが、例えば、「神」とか「宇宙的な意思」とかが、写輪眼に関係していまいか?と、個人的に期待しています。そして、この描写がその伏線であったら良いな…と思っています。

【補足です…仏像のモチーフに写輪眼が使われていた…と取るか? 自然界の根源的な意匠であった…のか?はどちらとも言えず、ここで確かに言える事は、どっちにしても、写輪眼の文様はナルト世界の「宇宙観」に則した、自然の理に適った「文様」である事を物語る…事実であると言う事です。この写輪眼の三つ巴の文様が意味するものは何なのか?それは、物語が進むにつれて解き明かされる事でしょう。注目していて下さい】

「オイラの方が上だ… 負けるハズがねェ!」

デイダラはきっと、イタチに負けて、その弟のサスケにまで負けるわけには行かない!…と言う意地みたいなものがあるのかも知れません。とうとう、奥の手を出すつもりのようです。十八番の中の十八番。何で、トビがこんな奥の手の名前を知っていたのか?デイダラは常にトビを心配もしていますから、相当、昵懇だったのかも知れませんね(笑)。

「C4 カルラだ!!」

カルラ…。多分、『カルロ・カルラ』の事だと思います。カルラは未来派のなかでは、ダイナミズムな運動に魅せられた画家です。「赤い騎士」が代表作で、スピード感よりもダイナミズムを伝えようとした傾向があります。ダイナミックな迫力を表現するためには、「量感」が必要となると考え、キュビズム的な解釈や技法も取り入れてました。そして「量感と運動の同時成立」を目指した…んだそうです。……聞きかじりなんで、怪しいです(笑)。カルラの画風がデイダラの最高のお気に入りなんでしょう。キュビズムの流れ…何だか解るなぁ。

これから、僕なりに想像すると、真っ赤な馬に自分が騎乗して、騎士風になる造形…真っ赤なのは、デイダラの「血」を練り込んでいるから。命を燃やすような闘いをするのではないでしょうか?恐らく、デイダラの起爆粘土の中で、量的にも質(力)的にも最大級。きっと、凄い大大爆発です(怖ッ)。サスケはこれをどう凌ぐのでしょうか?

【補足…デイダラが顔の口を使ったのがC4だからなんだと思いますが、両腕は風魔手裏剣で傷ついてて使えなかったのかも知れません。C3でも良かったんだけど、もうC4しか大技が残されてなかった…って感じなのかな。シーさんも心配してたけど、死んで欲しくないです。デイダラは苦労人で努力家で芸術家です。友達なったら、きっと楽しいだろうな~って思います。夏なんか、でっかい花火(C3)を上げてくれたり…きっと、楽しいでしょうね(笑)】

カカシの「失言」をもう一度、考えてみる… | BLOG TOP | イタチと「うちは虐殺」の時系列の補正

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。