スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナル×ジャン+閃光万雷!コラボ待画

 
今度こそ!どうよ!

↑圧縮方法を変更しました。最新画像に更新しています。ブラウザーで「ページの更新」をした後、画像をクリックしてみて下さい。今度は大丈夫だと思います。バタバタしてスミマセンでした(汗)。

先日、アクセス状況の分析をしていまして、ほとんどがサーチエンジン(グーグルとかヤフーの検索エンジン)経由なのに、それとは違うURLからのお客さんがある事に気付きました。それで、どこなんだろう?と思って、飛んだら「閃光万雷!」様と言うサイトに辿り着きました。ナル×ジャンをリンクで紹介してくれてたんです。仄かにお誉めの言葉も添えられていて、ジワッ…どころか、飛び上がるくらい嬉しかったです。

管理人はWILLIAMさん。四代目を中心に四代目班を漫画やイラストで表現しています。カカシ外伝で転んで、片手間で運営していると言う割にはやけに本格的。って言うか、相当のクオリティです。兎に角、絵が上手いんです。ナル×ジャンのリンクにURLが紹介してあるので、是非、覗いてみて下さい。自分の目で確かめるのが一番です。そして、味わって下さい。

特に四代目がカッコ良いです。僕の理想の人物像とも言える四代目がココでは活き活き描かれていて、とても嬉しいです。そもそも原作では「カカシ外伝」で登場しただけで、ほとんど描かれてませんから、凄く貴重で、あり難い限りです。四代目の透明感。空気を震わせない存在感。知性的な威圧感。四代目のいろんな魅力が詰まっています。ところで、四代目って「四様」(よんさま)って言うんですね。知らなかった…(汗)。

また、パロディ畑出身(他にも多様な活動をされているんでしょう)とのことで、4コマ漫画はシュールで、とても面白いです。一コマの方は更にシュールで大人向きになります。相当な点数の作品がアップされてますので、存分に味わって下さい。ジワッと面白いですよ。あのテンポはカカシのかな。独特な「間」です。それが「味」になっている。カカシファンは必見だと思いますよ。

それに、コアな線では「リン」がいけてます(汗)。何せ、リンは僕のド真ん中ですから…(汗)←(ド真ん中ばっかりでスミマセン)。健気で優しくて、肝心なところでキリッとしてる彼女の良いところが、上手く表現できてると思います。名前の通り、「凛と」してる。お嫁さんにするなら、こんな娘が良いんだけど、こう言う娘に好かれたためしがない(笑)。僕なんか…僕なんか…(生きててスミマセン)。

も一つ、目が離せないのが若い頃のカカシ。これは、ガタイも今よりも華奢な感じで…(ジュルッ…)明らかに、僕好みです(それはあくまでも噂であって…)。青年と言うよりは少年…?凄く軽やかなんです。脂肪がついてない細さがあるんです。あの線は「若さ」だと思います。それを表現して(ちゃんと伝えて)いるところに絵の力を感じるんです。

そして、カカシは、あんな風に四代目と一緒に修行したり、任務をこなしていたんだろうな…って感じてしまいます。カカシの「今」は四代目によって在るのでしょう。四代目のやぶさかでない眼差しは暖かく優しいです。しっかり「何か」をカカシに託したんだと思う。だから、今もドキドキするくらい、カカシはカッコ良いんです。

是非とも、若き日のカカシでもコラボ待画を、いつの日か作らせて下さいませ。

勿論、オビトもいますよ(ちょっと少なめだけど…)。四代目班はもれなく活き活きと描かれています。カカシとリンの見えざる過去のストーリーとかさり気なくて良かったなぁ。調子に乗ってリクエストするとすれば、神無毘橋でカカシとリンを追い込んだ岩忍を四代目がやっつけるところや、木の葉の劣勢を四代目が一人でひっくり返した「木ノ葉の黄色い閃光」の戦闘シーンとか描いてみて欲しいです。

もっとさかのぼって、九尾事件でも良い。現時点から15年前の10月10日。ナルトの誕生日に起こった騒動。ナルトの全ての始まりの大事件で、四代目は、カカシは…どんな風に行動してたのか?あの謎だらけの…と言うか、全く描写のない空白を、形にできたらどんなに素晴らしいでしょう。絵が描けるって、凄いスキルだな。羨ましいなぁ。

このインターネットの果てしない海の中では、数多の記述がかつ消え、かつ結んでいます。それは、久しく留まる事のない泡沫のようでもあります。その中から自分が記した記述を味わって評価してもらえるのは非常に嬉しい事であります。有り難い事であります。

僕は何度も口を酸っぱくして言ってるけど、自分の表現はほとんど他者に伝わらないと思った方が良い。究極、自分と同じ考えなのは自分だけなのです。世の中には、自分が考えてる事が何もなくても他者に当たり前のように伝わってると考える(勘違いしている)歳をとった人が多いけど、伝わらない事にイライラするのは物凄く滑稽な事だと、僕は考えています。そう言う、歳とった人(大人とは敢えて言わない)って、身の回りの多くないですか?(汗)

その上で、少しでも、感想をもらったり、何かしらの評価をもらえるのは、正に有り難い事なのだと思えます。「有り難い」=非常に「稀」なのです。考えがほとんど伝わらないとすれば、逆に少しでも伝われば、御の字も御の字じゃないですか。これは決して当たり前の事じゃない。極稀に起こる、非常に有り難い事なのです。だから、僕は感謝してしまうのです。

それを、少し味わわせて頂いた…「閃光万雷!」様の考察系のリンクのところを拝見して…キュンとなりました。有り難い事です。あんまり嬉しかったんで何か一緒に出来ないかな?って。何か記念に残せないかな?って思ったのです。で、四代目のカッコ良い画像をお借りして、ついでにサイトのエンブレムもお借りして、ナル×ジャンとコラボで待画を作ろう!と言う企画に発展した訳です。

管理人のWILLIAMさんには、突然の不躾な申し出にも嫌な顔一つせずお応え頂き、重ね重ね嬉しかったです。僕の拙い待画のデザインにも如才なく対応していただけて助かりました(笑)。確かな大人を感じました。ホントにありがとうございました。

紹介した四代目のナル×ジャン+閃光万雷!のコラボ待画は、基本的に再配布はなしで、ご自分で楽しむ為にダウンロードして使って下さい。auの標準サイズ(240×320)で作成してあります。画像をブラウズしたらダウンロード→保存→待ち受け画像に選択…でいけると思います。どうしても無理な人は相談して下さい。メールで送る手も残されているし、パソでダウンロードして…て言うのも可能です。

インディゴブルーに載せてみた…

ナル×ジャン+閃光万雷!コラボ待画 Ver.仔カカシ | BLOG TOP | 第366話「兄弟」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。