スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第471話「八尾、バージョン2!!」(フーVS青編)

 
「ありました水影様
今度はここです」(長十郎)

マーキングの流れからして
青はこっちのようですね
先を急ぎましょう」(水影ちゃん)

「ハイ!」(長十郎)

枯れ枝のマーキング…ビスケットの欠片じゃなくてマジに安心しました。青が残したマーキングをたどって水影ちゃんと長十郎が青を探しているようです。「忍連合軍の準備がありますから…」と、サッサと霧隠れに水影ちゃんが帰ってなくてホッとしました(笑)。青がダンゾウに固執する気持ちが僕にはしっくり来ないんですが、雷影の指示を厳格に守ろうとしてるのかな…と考えると、例の「霧の隻眼」(第460話/「サスケ包囲網…!」)なる雷影の言葉に青も「!」と反応してて、青が心の中に携える想いを揺さぶる響きがあったんじゃないかと、僕は考えています。霧隠れの水影ちゃんの護衛である青が雲隠れの雷影の指示を重んじるには相応の理由が必要であり、僕としては青が雷影の求める「信義」に応えようとしたというよりは、雷影が青に示した高次の理解に震えた…と考える方が好きです。確かに男同士ってこういう感じ方はあるのよ。男って何気ない一言や、偶然巡り逢った一冊の本で人生が変わってしまう生き物ですから…単純なのか馬鹿なのか…可愛い生き物でしょ(笑)。

それと、僕はダンゾウがトンズラこいたのが不思議でならないです。そもそも五影会談で写輪眼瞳術を使って悪事を働こうなんて、影を嘗め過ぎだし、バレないと思ったんかしら。ダンゾウも満更バカじゃないからその辺のリスクマネジメントくらい出来るだろうに何故だかやっちゃった…。その上、逃走。ダンゾウは五影会談で結果(=忍連合軍の指揮官の座)を出して、木ノ葉の上忍衆の信認を得る事が目的だったと言うけれど、焦っていた様でもないです。逃げてどうなるの?…という疑問もある。ここは裏の裏を読んで、ダンゾウがホントは良い人で、ダンゾウがヒールになる事で影同士の共通の敵となり、五大国の一致団結の切っ掛けになった…と考えると、ダンゾウの逃走が何となく理解できます。ダンゾウがシーとトルネに「これも忍界の為…」などとさもありなんに男気見せるのもまた面白いです。しかし、「半蔵事件」で既に「オレが!オレが!」の片鱗も見せていますし、今は大蛇丸(カブト)に固執している…ウウン…解らん。


「くっ…!」(青?)

<ギチチチ>「くそ……
やはりダメか…」(フー)

(やめておけ…それはオレ達
霧の暗部…追い忍部隊でしか
解けない結界忍術だ)
(青)

<バサッ><バサッ>(霧が唯一保有する貴重な白眼…
簡単には取り返せると思うな)<ピタ>(青)

「目に危機が迫ると自動的に発動するってやつか
通称死体処理班のお前らが考えそうな術だ」<ザッ>(フー)

「…簡単とは思っていない…
お前の目を抉れば術者本体のオレの目も潰れる…
分かってるだろ」<ズズッ><ズポッ>(フー)

(ダンゾウの命令か…
部下を何だと思ってる)
(青)


「このオレの目一つ
霧の戦力が大きく低下するなら安いものだ
結界のせいで今のままでは無理だがな」<ギュッ>(フー)

<ザッ><ザッ>「だが
やりようならいくらでもある」
(フー)

(何をする気だ?)(青)

<グッ>「このまま飛び降りてこの首を切断する
目が無理なら首ごと木ノ葉に持っていくしかあるまい」(フー)

(死ぬ気か?)(青)

「いや首を切る寸前
この心転身の術を解く…とにかくお前は死に…
自分の体に戻ったオレは後でここへ引き返し
お前の首を持っていくというわけだ」(フー)

(まあいい…
そういう事なら用心しろよ…
でなけりゃ失敗するぞ)(青)

「どういう事だ?」(フー)

ビビって少しでも早くその術を解いたら
オレは必ず鎌を防ぐ!!)(青)

「………」(フー)

「もしオレが死んでなかったら…
お前がここに首を取りに来た時は
立場が逆転すると思え!」(青)

「フン…」<バッ>(フー)

フーと青の心理戦はある程度面白いけど、心転身の術がベースになっていてまどろっこしくていけない(笑)。初めからフーが単身アンブッシュ(待ち伏せ)して青とガチで勝負した方が何倍も面白かったと思います。ま…「フーVS青」とは木ノ葉隠れと霧隠れの水面下の確執…つまり、暗部レベルの小競り合いを際立たせる意味が強いんだと思います。そう言えば、波の国任務で「白」が霧隠れの暗部のお面を付けてて、それを見たカカシが死体処理(忍者の体は秘密だらけ…)=追い忍の存在をナルト達に明かしてましたけど、どうやら青も「暗部…追い忍部隊」とサクッと自分の所属を明かしております(笑)。暗部が自分からこんな風に公明正大なのはあり得ないんだけど、殺るか殺られるかの切羽詰まった状態でブラフも大量に混入してるから信憑性も低いので気にしない…つーのもあるんかしら。でも、青もフーも登場して間もなくて、それ程物語に影響力を持っていないから、こっちとしても感情移入のしようがない(汗)。

ま…青は水影ちゃんの痰壷みたいな立ち位置で、地雷踏みまくりの愛いオッチャンだから多少は思い入れがあるけど、それでも白眼一つで霧隠れの戦力ダウンする程、白眼って存在感あったけ?ってのが、僕の本音です(笑)。ペインの木ノ葉強襲でも結界班に白眼がどっさりと居たけれどあんまり役に立たなかったし、青の片目に白眼があるだけでどんだけ戦力なのかは甚だ疑問です。ただ、ダンゾウが青の左目だけは処理するようにフーに命令したのは、心転身の術の特性上、フーの左目と引き替えを意味しているのは、ダンゾウの「良い人フラグ」を薙ぎ倒しました(笑)。ダンゾウの命令に合理性があるなら、青はフーを生け贄にしても潰しておきたい霧の戦力になるんですが、これまでの青の描写からはその説得力も充分とは言えない。だから「フーVS青」もあまり萌えないの。感想もこのまま割愛したいくらいだったんだけど、「気は心」と申しまして…(笑)。しかし…ホントに乗らない感想で申し訳ない…。


 

業務連絡(091119) | BLOG TOP | 第471話「八尾、バージョン2!!」(キラビVS鬼鮫編)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。