スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第479話「イザナギ」(前編・イザナギ解説編)

 
「……!!」<カハッ>(サスケ)

「!!」(サスケェ!!)(香燐)

<ギュッ>「………」(香燐)

(うろたえるな!)<キッ>(香燐)

(今のウチにできる事は
ダンゾウの術を分析しきる事!)
(香燐)

初めにちょっとだけ香燐の援護射撃をさせて下さい(笑)。香燐って好き嫌い極端なキャラだと思うんですよ。僕もそんなに好きなキャラじゃーなかったんだけど、先週くらいからちょっとそれが変わって来ました。香燐はドンドン変わって行くサスケ(のチャクラ)に戸惑いながらもサスケの為に何かがしたいと真剣に考えています。その為に必死に頑張っています。僕は頑張らない主義なんだけれど、やっぱ…時と場合によります。時には頑張らなきゃならない時もあるって事で、香燐はその時合を敏に感じているんです。それでダンゾウに歯向かって蹴り一発で呆気なく吹き飛ばさて地面に叩き付けられたりしちゃった訳です。

人の存在とはその人の能力とか才能に決して依存するものではないと、僕は考えています。大人は子供によく「お手伝いしたら…」とか「テストで100点とったら…」なんて条件付きで子供を許容するような事を言ってしまうけど、それは違うなー…と思うんですね。何ができようとできまいと、そんな事、その子の命…存在に何の関係があると言うのでしょうか。生まれてくれただけで素晴らしい!!元気に育ってくれるだけであり難いじゃない。僕はそう思うんですね。今の世の中って沢山お金を稼ぐ人が偉いとか、高い地位に居る事がカッコいいみたいな…人生が「成果主義」みたいな構造になってて凄く悲しいです。

それだと、一番じゃなきゃ価値がないみたいじゃない。一番になれない人はダメなの?子供がそう感じてしまう様な世の中にしちゃいけないと思うんです。過去に「デイダラ」「おくるみ」でも書いたんですが、人の命ってそんなじゃないですよね。存在ってもっともっと大らかな筈ですよね。身体が強い人もいれば弱い人もいます。走るのが速い人、遅い人。勉強が得意な人、不得手な人…いろんな人がいます。それを比べる必要なんかないと思うんです。人それぞれなんだから。だから、人は自分ができる事をすればいい……と、僕は思うんです。どんなに詰まらなくてチッポケでもいいから、自分ができる事をすればいい…のですよ。

今の香燐が、正にそれ!!だと思うんです。ダンゾウに蹴飛ばされて這いつくばって、身体だって痛いだろうし、僕だって同じ立場になったら怖いと思います。それでもサスケの為に「自分ができる事」を一生懸命になってやろうとしてる。僕はそれが大切だと思うんです。それで、これから香燐が頑張っちゃうんですよ(ちょっと塩っぱく…笑)。ま…先週からそんな感じなんですが、僕はその気持ちが嫌いじゃないのね。意地らしーっちゅーか、健気ちゅーか、サスケ(のチャクラ)がドンドン変わって行こうとしてる中ででも、それでもサスケを信じようと必死になってる訳……可愛いじゃない!!恋って…だから素敵なのね。


<スッ>(須佐能呼)

<ダッ>(ダンゾウ)

「ウオオオオオ!!」<ギギギッ>(サスケ)

<カッ>(須佐能呼)

(イザナギ―)(トビ)

<ガッ>(ダンゾウ)

(ほんの僅かな時間だけ…)(トビ)

「ヴッ」(ダンゾウ)

(術者のダメージや死を含めた不利なものを
夢に描きかえる事ができ―)
<スウー…>(トビ)

<パッ><ザッ>(ダンゾウ)

<バッ><バッ>(風遁・真空大玉!!!)(ダンゾウ)

<スッ><ブワ><ドッ>(ダンゾウ)

<ハァ><ハァ>(サスケ)


(そして術者の攻撃などで
有利となるものは現実にできる
幻と現実の狭間をコントロールできる―
己自身へかける究極幻術!!)
(トビ)

<スウ…>(…そして…
イザナギを使用したその眼は光を失い)(トビ)

(二度と開く事はない……)<ピタ>(トビ)

エーッと、トビの解説「イザナギ」の仕組みがよーく解りました。眼球一個と引き換えに敵の攻撃を「夢」として昇華してダメージをチャラにしちゃう幻術…ザックリ言うとそんな感じです。ダンゾウの右腕には10個の写輪眼が装備されてて、その数だけ「イザナギ」が発動できる…しかし、写輪眼なんてレアアイテムを一回こっきりで使い切り忍術なんてかなりお大尽に思えます。それに写輪眼って相手の攻撃を見切って回避するアイテムの筈。それにイザナギが禁術指定されてたのは失明前提の自爆技に近い忍術だったからだと思うんですが、ダンゾウの使い方って「受けのドM」過ぎやしませんか?

何かしっくり来ないのはダンゾウの戦い方が酷く卑屈に見えるからだと思うんです。サスケの攻撃をモロに喰らって死んでしまう様なダメージを何度も貰っています。それでも、「イザナギ」の効力でそれを免れる…。でも、そこには写輪眼の失明という代償がある。しかし、ダンゾウがそれをサクサク消費しちゃうのは基本、奪った眼であって、自分はいろんな意味で痛くも痒くもないからだと思います。写輪眼のスペアもまだまだ有るのかも知れないし、或いは仙人の肉体…千手の細胞が生み出すチャクラが光を失い、二度と開く事のない写輪眼を復活させる可能性も残しますが、余りに放蕩過ぎますよね(汗)。


<チラ>(ダンゾウ)

(が…あの眼の数
イザナギの効果時間には個人差がある…
それを無理矢理延ばすために考案した
大蛇丸の実験物に間違いないが…)(トビ)

「……」<ジー…>(香燐)

むちゃくちゃ低燃費の写輪眼を十個も搭載して、恐らく膨大なチャクラを消費する幻術を使い続ける為に、千手柱間の頭部の組織(細胞)や経絡系を右上腕に移植して対処している…きっと大蛇丸が考えた方法なんでしょう。僕の読みでは大蛇丸が天地橋でヤマトの存在に気付いてからの施術だった筈で、ダンゾウがこれまで表に出れなかったのは写輪眼の運用に見合うチャクラ供給源がなかったからだと…そんな事を「うちはの力と千手の力…」で書きましたっけ。しかし、どう考えてもレアアイテムの写輪眼を一回こっきりで使い果たす勿体なさが理解できません。ダンゾウがそこまでの刹那主義にも見えませんし(笑)。

ここは千手のチャクラが写輪眼を復活させる効果を持ってる可能性に期待したいです。ダンゾウは木遁忍術が使用可能ですし、ヤマトの加工された材木を扱う人工的な木遁ではなく、原木をダイナミックに発生させるチャクラから生命を生み出す唯一の木遁チャクラ…柱間ネイティブの細胞と経絡系を搭載していますから、そのくらいのオプションがないと、ダンゾウの写輪眼の消費量と運用効率が現実的じゃーなさ過ぎます。サスケ戦で終了!!だったら分かりますが、世の中そんなに甘くないです。ましてや忍界を一つにする野望なんて気が遠くなる道程…もっとエコに行かなきゃ無理ですよねー(笑)。


(マダラめ…
参戦してくる様子は無さそうだが…
奴とやり合う力も残しておかねばならん…
まだ会談で使った右眼が復活するまで
時間もかかる…
しかし…この”須佐能呼”…簡単にはいかん
あの矢の攻撃…かわすのは難しい
イザナギを解く訳にもいくまい…)<クチャ>(ダンゾウ)

(残りは五つ…
そろそろ決着をつけなければ…
この一分にかけるか………)(ダンゾウ)

「口寄せの術!」<スッ>(ダンゾウ)

ま…ダンゾウもサスケを倒してもトビ(ダンゾウはマダラと呼びますが、ナル×ジャンではトビと…具体的にはマダラを被るトビなんだけどね…笑)が残ります。そして、その為に「イザナギ」を温存したい…と考える。これから「イザナギ」を使用して敵に近接して風遁で仕留めるダンゾウの戦闘パターンがフェイクでない事が判ります。しかし、柱間の細胞を使って肉体活性をしたのだから、写輪眼の動態予測や洞察眼を活用して機動力の高いスピーディーな戦闘パターンだって充分実用化できると思うんだけど、ダンゾウのご老体には厳しかったのかしらん…。

ダンゾウの右眼には瞬身のシスイの写輪眼が収まってる訳で、それがたまたま活動限界にあるからこんな戦法になってるのかなー…とも考えたんですが、サスケには万華鏡もあれば”須佐能呼”もあります。動態予測や攻撃力に関してはダンゾウよりも上でしょうし、ダンゾウもそれは承知の上だった筈です。だからこそ、「イザナギ」を使用しているのだと思います。基本、「イザナギ」って格下が格上と戦う方法論と言うか、通常は片目を失明する…言わば自爆技に近い忍術で、一か八かで相手の懐に飛び込んで刺し違える覚悟があって然るベキで、それを卑屈と言うのは失礼だけど、ダンゾウが盛ってるのは特別ですよね(笑)。


<ボン>「ヴォオオオオ!!」(貘)

<ゴゴゴ>「くっ!」(香燐)

<グラグラ>「!!」(サスケ)

<ダッ>(ダンゾウ)

<ズオオオオ>(貘)

それで、現状のダンゾウの風遁スペシャルコンボの相方に呼び出したのが超巨大な「貘」(バク)…僕は「象」かと思ったんですが…で、相手の攻撃のダメージを「夢」に換えてしまう幻術を自分自身に施しちゃうファンタジーなダンゾウらしくてちょっと嬉しかったです(笑)。ダンゾウっちって案外心配性で木ノ葉の将来とか忍界の未来を気に病んで夜中に魘されて起きたりしたのかも知れませんね。お陰で通り名が「ナイトメア(悪夢)のダンゾウ」(←すっごくキュート…笑)。それで、枕の下に「貘」の絵をそっと忍ばせてたりして…(笑)。それで右腕に人面疽なんてあるもんだから何気に怖くなっておしっこに行けなかったり…。

第479話「イザナギ」(後編・男の優しさ編)に続く……


 

第479話「イザナギ」(後編・男の優しさ編) | BLOG TOP | うちはの力と柱間の力…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。