スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散策(100417)

 
皆さん、こんばんは!

ナル×ジャンのケルベロスです。

全てのアクセスに感謝致します。

今日はひねもす横浜を散策していました。

4月半ばだと言うのに風が冷たかった。

相方と赤煉瓦倉庫や汽車道をのたりのたりと歩きました。

ナル×ジャンを読むと不安になる人がいるのだそうです。

ボーッと歩きながら、景色を観ながら、それを考えていました。

僕は皆さんが考えるほど立派な人では無く、寧ろ情けない人であります。

これからどうしようか…と、将来を未だ決めかねる迷い人であります。

そんな人の書く文章ですから、ナル×ジャンの考察なんてその程度です。

例えば…美しくなりたい人がいたとします。

今、自分の前を歩く女性のようにキレイで細い脚になりたい。

あの人みたいにキレイな脚だったらどんなに素晴らしいだろう。

素敵なスカートがはけるだろう…羨ましい…。

しかし、僕はそれは「違う」と考えています。

自分は自分だから、その人にはなれません。

否…なるべきではないです。

皆、美しいのです。

キレイなのです。

全ては自分の中に在る。

自分の中に美しさは在るのです。

それに気付けはいいのだと思います。

自分は自分になればいいのです。

それは自分を受け容れるという事です。

『NARUTO -ナルト-』に登場するキャラクターも同じ事を悩んでいます。

ダンゾウがヒルゼンの胸の内を気にしたように。

大蛇丸が自来也を眩しがったように。

サスケがナルトに苛つくように。

自分の中に在る自分を見つけられずにいる。

それが不安の正体なのです。

「ノーマライゼイション」という考え方があります。

誰もが自分のできる事をすればいい…とする考えです。

僕は何故だか子供の頃から普通にそれを感じていました。

誰かと同じ事をするんじゃない。

誰かのようになるんじゃない。

自分は自分でいいんだ!!

『NARUTO -ナルト-』とは自分が自分になる物語なのです。

僕らは物語の中で悶え苦しみながらそれに向かう人生を見つめているのです。

どうか焦らないで下さい。

答えは自分の中に在るのだから。

全ては自分の中に在るのだから。

頑張るな!!

ナル×ジャン ケルベロス

散策(100417)

 

第491話「人柱力監禁!!」 | BLOG TOP | 第490話「九尾の真実!!」(ナルトのチャクラ編)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。