スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「九尾のコントロール」を書き終えて…

 
ナル×ジャンのケルベロスです!!全てのアクセスに感謝致します。エーッと、「九尾のコントロール」①~⑤まで書きまくりました。別に暇だったからじゃーなくて、書かねばならんと感じたからで、ぶっちゃけ、むちゃくちゃ忙しかったんだけど書き上げられたのは、書かねばならぬ「時合」(じあい)だったからかと思います。『NARUTO -ナルト-』が示す物語の旨味を少しでも味わって戴きたくて、僕の「老婆心」が騒ぎまくったのです。この旨味を少しでも噛み砕き、是非とも少年少女に届けたかった…多少、僕の偏った性格が影響して捏造が入るんだけど…兎に角、今まさに『NARUTO -ナルト-』から沁み出して来る旨味のエキスを、大きく広げられた口に放り込みたかった。その舌の上に乗せたかった。

ま…そんな気持ち悪い人間なんで(汗)、考え過ぎチャクラ満載だし、捏造限界だし(笑)。それを僕は「老婆心」と呼んでる。老婆の心ですよ。何でか若い男女をくっ付けたがる…「後はお若い方同士で…」と言い遺し、不敵で嫌らしい笑みを残して立ち去る…ババアですよ(笑)。そんな性癖が「自分」(前編・後編)→「九尾のコントロール」(①~⑤)を書かせた…。何かが降りて来て書かせる。だから、忙しかろうと、しんどかろうと書ける。それは書かねばならんタイミング(時合)だからなんだろと、僕は思います。ナルトが九尾とガップリの四つで勝負している。その為に「自分」と向き合い、「自分」になった。そして、ミナトが残した「課題」と決着を付けようとしている……。

キッ神がそれを描く事にどんな意味があるのか?!それを伝える義務が僕にはあるんだと、僕は感じている。もう、勝手に感じてるだけなんだけど、僕はそれを「使命」だと思い込んでいる。僕がこれを書かなければ誰が書くんだ!!と(笑)。ま…それが「老婆心」なんだと思います。「自分の心遣いを、度を越しているかもしれないが…」の、一応、謙譲を表現する言葉なのね…知らなかった(汗)。でも、そんな決意だから書けた…書き上げられたんだと思います。しかし、しんどくなかったのは、忍術じゃーなくて仙術みたいに、書く事で何かを得てるからなんだろうなー…なんて思えて来る。書く事で、僕は確認して、再認識してるんだろうと思います。そして誰よりも『NARUTO -ナルト-』を楽しんでる。

そんな風に恥ずかしい事を恥ずかしげもなく書ける人だからナル×ジャンをやってられるのかな(笑)。でも、「九尾のコントロール」は書けたなー…書けた(←自分で言うなーケルベロス!!)。自来也が「物語は最後の”結び”の出来で決まる」(第42巻/48頁)と言ってたけど、今日書き上げた時、何だろう…何か大きな存在に書かされた…書かせて頂いた…みたいな感じがしてならなかったです。別に意識した訳でも、狙った訳でもないんだけど、「ナルトとサスケの表裏」が合った。全く違ったアプローチで「強化」される二人の出来上がりが、気持ち悪いくらい等しく整った…と、僕は感じました。やっぱ、それが成るのは守られてるからだと思います。誰かに守られてるからなんだと…感謝が湧いて来ます。

ナルトとサスケは守られてるから、こんな風に成長し強化された訳です。ある時は不幸に塗れながら、実は守られてる。支えられてる。それに「気付かせる教育論」「気付かせない教育論」をナルトとサスケで『NARUTO -ナルト-』は提示してる訳です。ナル×ジャンではそれをして「アプローチが違う」と言ってるのです。僕が感謝するのは書かせてくれるお話に出逢えた事に対してであって、それは少年少女を取り巻く日常と酷く似てると思います。これ以上書くのは無粋だし気付く事を妨げるから書かないけど、皆さんの周囲を満たしてるものを感じて下さい。空気と水がないと生き物は一秒たりとも生きていけない。そして「自分」が生かされているのが、それだけじゃ足りない事も…もう感じてるでしょ。

あと…どれだけ皆さんと交われるか?…どれだけ『NARUTO -ナルト-』が続くか解らないけど、僕はそれまで書き続ける。こんなにも素晴らしい作品に皆さんと共に出逢えた事に感謝してるから。こんな僕が「老婆心チャクラ」を絞り出して騒いでる。その滑稽さも、僕には快感でしかないのよ。書く事が僕の幸せ。有り難い。有り難い事です。そして、書けた!!と思った後、僕は激しく「褒めて欲しい!!」と思ってしまう甘えん坊でもあります。そんな気質が『NARUTO -ナルト-』ドンピシャでハマってるのかな。でも、今は褒めて欲しい。こんなにも頑張ってしまったケルベロスの頭を優しく優しく撫でて欲しい…(笑)。何の事か解らない人は「自分」から「九尾のコントロール」まで一気に読んで頂きたいです(笑)。

「自分」(前編)
「自分」(後編)

「九尾のコントロール」①
「九尾のコントロール」②
「九尾のコントロール」③
「九尾のコントロール」④
「九尾のコントロール」⑤


  

三周年!? | BLOG TOP | 「九尾のコントロール」⑤

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。