スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第502話「四代目の死闘!!」ナビ

 
暑さと仕事の忙しさでうっかり週ジャンの発売日を失念してまして…しかし、「ミナト△」(ミナト三角形→ミナトさんかっけー…なんだそうです…笑)の今回、何気に「二代目」の真実みたいなものが浮かび上がって来ました。個人的に、ミナトはクシナと(猿のように…)交わった結果、ナルトがクシナの子宮内部で九尾のチャクラの影響を受けたように、ミナトも九尾のチャクラの影響を受け、「飛雷神の術」を会得した…と考えてまして、それと二代目が同じ状況になる為に、柱間の奥様だったミトと扉間がやっぱ(猿のように…)交わらねばならないと、ナル×ジャン的に相成りました(笑)。ミナトと扉間のチャクラが同じ時空間忍術を使うってところが似てて、それが九尾のチャクラだったら嬉しいな…と思うんですが…。

九尾が一向に時空間忍術らしき能力を使わん事が悩みの種で(笑)。でも、尾獣のチャクラが血継限界チャクラと関係してて、人間に影響を与えて来た歴史(血継限界の一族がいる事)を考えれば、人柱力との交わりが人間のチャクラに影響を与えたとする考え方は理に適ってるとも思います。なので、今後、クシナの回想で何らかの提示があれば良いな…と思いますし、「九尾の陽のチャクラ」だけを取り出してナルトにワザワザ封印した理由がそれかも知れませんし…。何せ「九尾事件」のあの忙しそうな最中に、何の理由もなくミナトだって面倒くせーことはしませんて(笑)。また、千手とうずまき…弟系の系譜が混ざる事で弟系の濃い血筋が出て来るのもアリですし、人柱力を母体にして血継限界や特異体質が産まれるのもアリだな…と、僕は思います。

特に、今回書いてて(タレコミにもあったんだけど)サクラの事が気になりました。サクラが何で怪力医療忍術をサクッと修得できたかってーと、やっぱミトと扉間(二代目)の間の血脈を受け継いでるんじゃーないかと考えてみました。綱手とは祖母(ミト…曾祖母?)が一緒になるのかな。そう言われれば似てる?(笑)クシナが九尾を引き受けるまでミトが存命したんだし、きっとミトは常に「愛」を探す人だったろうから、いろんなロマンスが在っても不思議じゃないです。やっぱ、扉間が時空間忍術繋がりってのは、やっぱ九尾の人柱力と関係してると、エッチな僕は考えちゃうんですね。だから、扉間はミトと結ばれてて、それこそ猿の(ry…(←しつこいので割愛)。でも…そこに「愛」が在るんなら良いじゃない。

他者を好きになって愛すれば自然にそういう事があると思うんです。いつだったか書いたけど、アルファベット「I」(愛)より先に「H」(エッチ)が在るんだから仕方ない!!(笑)ぶっちゃけ、やる事やんなきゃ始まらない…ちゅー話でもあります。そればっかりじゃーない…ってのが重要だけど。しかし、そんなコアなお話が純真無垢の無菌状態を16年間維持し続けたナルトに、その張本人とも言うべき「諦めないド根性」を持った母親の口から語られるかは極めて微妙(笑)。クシナはナルトと一緒に居られなくなるだろうから、本心では悔しくて悔しくて仕方ない筈ですから。ま…もう少し、黒バックの回想が続くと思いますので、キッ神の「細工(さいく)は流々(りゆうりゆう)仕上げを御覧(ごろう)じろ」としましょうか(笑)。

第502話「四代目の死闘!!」①(イタチとサスケ編)

第502話「四代目の死闘!!」②(九尾襲来編)

第502話「四代目の死闘!!」③(四代目激闘編)

今日は相方とドッグサロンに行って相方のシャンプーに付き合います。身体乾かすのに二時間くらいかかるし、プロのトリマーの魔手によって毛玉ちゃん(アンダーコートと言うらしいです)を除去してもらうので何時間も拘束されます。よって終日オフラインになる予定です。沢山いただいて居りますが…メッセージのお返事とか全くできてないのにスミマセン。戴きましたメッセージは熟読しまして考察の参考にさせて戴いとります。折しも梅雨明け。高い高い空。猛暑日が襲いかかる夏がやって参りました故、皆々様方には心より暑中お見舞い申し上げます。くれぐれも体調を崩されませんようにご自愛ください。ケルベロス、お前もな!!←ハ~イ!!。

 

NARUTO-ナルト-第51巻に寄せて…① | BLOG TOP | 第502話「四代目の死闘!!」③(四代目激闘編)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。