スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TO BI O BI TO(壱)

 
TO BI O BI TO

トビ オ ビト

「アナグラム」(anagram)

何か暗号めいた感覚が当初から「トビ」には感じられました…。こう言うのが「アナグラム」(anagram)つーのを皆さんは知ってましたか?…で、wikiの但し書きに「文字列を逆順にして一致するかどうかを調べればよい回文とは異なり、単純に考えて異なるN種類の文字列ならNの階乗通り(例えば5文字なら120通り)の並べ替えが可能なので、意味のあるアナグラムを一瞬で見つけるのは困難である。逆にそれだけの可能性があるため、大抵の言葉は(強引な意味づけをすることで)アナグラムになりうる」なんて、戒めっぽくも思えて、疑えばどんな事だって疑えるんだよー…って聞こえるんだけど、それを耳元で囁いてるのが相方に変化したトビの可能性だってある!!(笑)←これが始まると終わらない(笑)。

ツンツンと立った髪。戯けたキャラ設定。変な渦巻き文様のお面をしてて右眼のところだけ穴ぼこが開いてる…隻眼?…それって神無毘橋で大岩の下敷きになったオビトの復活フラグだったし、黒ずくめで秘匿しなきゃならない思わせぶりが、トビがオビトである自己提示だと、僕は考えていました。思いっ切り乗せられ易い性格なもんで、キッ神の思うツボなんでしょうけど、さもありなんの地雷は尽く踏む。自分で踏む。そして吹き飛んで来ましたがな(笑)。これって「攻めのドM」なんですかね。性癖って隠せないですね。そんなこんなで、ゼツが「トビはいい子だ…」(第31巻/185頁)で、サソリ亡き後、”暁”に入隊した瞬間から、僕はトビはオビトなんじゃーないかと、疑う…と言うよりは期待していました。


<ザー……>

「甘くみていたな…
考えれば元”暁”メンバーだ
お前も」
(トビ)

<ハァ><ハァ>(小南)

それで、第509話「平和への懸け橋」で、小南の女の意地に気圧され気味のトビのお面が綻びます。右眼の辺りがガッツリと消し飛んで、ご尊顔が露になっちゃう。フー&トルネ戦で簡単にパージした右腕も小南の起爆札に持って行かれてました。額には包帯が巻かれてて、僕の目には左眼を覆う為に巻かれているように見えまして、地雷踏み師としては、それが神無毘橋でカカシにプレゼントした左眼の欠損部位をカバーする医療処置にしか見えません。そして、細眉。キリリとした。そして、写輪眼に適合したうちは一族の身体…。この顔。面影。最近、激しい老眼なので可能なかぎり腕を伸ばして週ジャンの紙面を遠ざけたけど、それでもぼやけてたけど(←どんだけ激しい老眼なんだか!!)、これってやっぱ…

オビトでしょ

どう見たって神無毘橋で岩の下敷きになった、例のボーイズラブの…戦場のボーイズライフ「カカシ外伝」で登場したオビトじゃね…としか思えません。既に地雷をポチッと踏んでますんで。でも、トビのアイデンティティとオビトのアイデンティティは違う。それは悪役の権化みたいなゼツと居るトビと、眩いばかりに光を放つ…まるでナルトのような…オビトとは違うって意味ね。実際、カカシもトビとは対戦(対面?)してますが、トビの写輪眼まで見せられて、それでも何の共鳴驚きもありませんでした。僕はその機微に一時、「トビ=オビト仮説」を棄てたんだけど、今となっては、その機微こそ「トビって何なのか?」に通じる抜け道だったんじゃないかと。

そうか…そういう事か!!

少し落ちついたので、少しずつ説明させて下さい。



 

TO BI O BI TO(弐) | BLOG TOP | 第509話「平和への懸け橋」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。