スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業務連絡(110110)

 
エーッと、ナル×ジャンのケルベロスです!全てのアクセスに心より御礼申し上げます。新年一発目の感想を上げてから猛烈な大寒波じゃなくて激務に忙殺されてまして(こんなだったら休暇なんて要らねーッ!!)、更新が疎かになっておりまして申し訳ありません。加えてパソコンの旧システムでのソフト遺産を活用しようと旧システム最速マシン(MacOS9.2.2+MDD)を調達して、メモリやCPUやらHDやらモニターなんかがバラバラの調達でセットアップに時間を要しました(こんな忙しい時期に何を…)。お陰でフルスペックのイラレやフォトショが使える環境が整いまして今後はアートワークも提供できそうです。前は会社のマシンを使ってたんだけどmjd忙しくなって…(滝汗)。

そんな感じに年始は書けずにいました。昨今の新事実の提示で書きたい事は雪のように降り積もっております。差し当たってすべき優先順位は単行本のレヴューかしらと思いました。な…何せ既に三冊も溜まっております(脂汗)。これがお仕事だったら完全に担当者に怒鳴られ何処か場末の旅籠に缶詰にされて…(笑)。ま…僕は作家の大先生でもなければナル×ジャンは趣味の一環なので気軽に考えたいんですが、こんな僕の書くものでも楽しみにしてくれる人がいる事実も捨て置けないです。それと「白」と再不斬の再登場(穢土転生)で持ち出した…「カカシが怒った日」(はたけカカシの考察)を再読して、ナル×ジャンを初めて仕舞った頃の気持ちを想い出した次第であります。確かに「熱」を帯びています。

ナル×ジャンを初めて頃の「熱」は半端なかったと思います。あの頃は寝ても覚めても『NARUTO -ナルト-』でした。いつも「次は何を書こうかしら」が僕の脳の大部分を占拠しとりました。正直、それも今は昔、「熱」が下がって来ました。だから単行本のレヴューだって等閑(なおざり)になってる訳です。以前は単行本が書店に並んだら速攻ダッシュで購入してましたもの。こんな事をグダグダと書きながら未だに最新刊の巻ノ五十四は未購入(滝汗)。それとカブトが穢土転生を大量投入して忍連合と忍界大戦なんてグダグダやってる現行のお話がかなり関係してるのも事実です。ま…こんな恨み辛みは置いといて、萌えない時は萌えないなりに書いて行けばいいじゃない…と開き直る事にしました(笑)。

そんな訳で先ずは巻ノ五十二レヴューからボチボチと…。



 

NARUTO-ナルト-第52巻に寄せて① | BLOG TOP | 第522話「死んだんだ」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。