スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第539話「血の夜…!!」(ネジ兄さんご乱心編)

 
<フラッ>(ネジ)

「!」(キバ)

「クッ……」<ズサ…>(ネジ)

「おい!
ネジ大丈夫か?」(キバ)

「ああ…大丈夫だ…」(ネジ)

「無理すんなって…
敵の感知はアンタの眼だけじゃなく
オレの鼻もある」<ザッ>(キバ)

ちんちくりんに涙腺が緩み、輪廻眼と写輪眼の絡みにホンワカしてると、いきなりネジ兄さんのご乱心に突入します。このまま成長したナルトが戦場に舞い降りて一気に片をつけるんじゃ…と期待してたもんだから、またややこしい事を始めますたな…と凹みました(笑)。ナルトと九尾のやり取りの後、不気味な満月が挿入されてネジが唐突に倒れています。キバと赤丸とネジが最前線で敵の感知に当たってたんだろうと思います。この時、ネジは白眼を全開にして感知に専念していた。きっと何かを見入っていたんでしょう。この時ネジは何者かの幻術にハメられたんじゃないかと考えています。キバと赤丸は臭いで感知するタイプですし、おまけに彼らはネジと全く違う方向を向いてます。

例えば、サスケの五影会談襲撃で雲隠れと”鷹”がやり合った時、サスケは仲間の陽動に合わせて感知系のシーを写輪眼の幻術にハメて真っ先に潰しにかかりましたよね。感知系って何かに敏感な才能だと思うんです。普通の人には見えないものが見えたり、聞こえない音が聞こえたり…このシーンでもネジにしか見えない何かだったからキバと赤丸は無傷だった訳で、感受性の高さが逆にアダになるんじゃないでしょうか。どんなセキュリティをも打破してハッキングするスベがあるように、瞳術使いが居て見張ってるのが解っていれば、その瞳術使いだけを狙い打って攻略するのはかなり簡単な事だと思います。きっとネジも白眼の過敏さを逆手に取られて攻略され幻術にハメられたんだと、僕は思いました。

「お前の六道の力・輪廻眼と
オレの万華鏡写輪眼…
この二つの瞳力さえあれば
ほぼ何でもできると言っていい…」


僕はこの伏線がネジの急変に繋がってるんだと考えています。トビは写輪眼と輪廻眼を装備しています。小南戦でうずまき文様のお面が砕かれて、その後リニューアルされた写輪眼をモチーフにしたようなお面は三つ目になっています。前からあった左目の写輪眼と、右眼はイザナギ用の写輪眼や長門から回収した輪廻眼を配置しています。そしてオデコにある穴にも眼があってもいい。もしかしたらそこに誰かの万華鏡写輪眼があるのかも知れない。例えば、それがマダラかイズナの万華鏡写輪眼の可能性もあるんじゃないかと、僕は考えています。或いは左眼がカカシのように万華鏡を開いてるかも知れません。ま…何にしてもトビがイタチの示すように万華鏡写輪眼と輪廻眼を所有していてほぼ何でもできる可能性は極めて高いです。

何でもできるんだから…正義感と才能と弛まぬ努力と…恐らく登場人物中最もパーフェクト(に僕には思えるんですけど…)なネジですら一瞬で別人格に変身させちゃうような幻術をかける事ができるんじゃないでしょうか。ちなみに、ネジの白眼は兄系の特質=瞳術なんだけど弟系の千手に付き従ってる特殊な立ち位置でありまして、その意味では仙人の肉体を持つ弟系から瞳術にアプローチした…単刀直入に言うと写輪眼を改造して弟系に最適化させたと、僕は仮説っております。第一部の中忍試験編で「白眼→写輪眼」のカカシのリークがあるんですが、それがプロパガンダの可能性だってありますもの(汗)。写輪眼の弟系の身体に毒となる成分を排除したら模様が漂白されたのって寧ろしっくり来ませんか?

「隣の奴が犯人かもしれない
…という疑念が互いの不信を生み
混乱を生む事になる
それが狙い…」(ネジ)

「医療忍者は今や戦術を成すための要
穢土転生の不死を相手にするには
私達のバックアップ無しでは
考えられない」(医療班)

「こんな事でここが麻痺したら
夜明けの開戦で不利になる」(医療班)

「…オレが犯人を見つけ出してやる
この眼にかけて!」(ネジ)

それで医療班にまんまと入り込んだネジが治療もそこそこにスパイの捜索にグイグイなんですけど、いかにも怪しい包帯男がサクラに突撃する単なるストーカーで、ぶっちゃけ咬ませ犬だった…なんて、この期に及んで不必要なネタ振りなんじゃないかと毒を吐きたくなる展開でしたが、ネジが瞳力を鼻にかけるような事を言いますまいかと即座に感じました。この時点でネジの不穏フラグが立ちまくっていましたが、このままネジがご乱心まっしぐらだと確実に「死亡フラグ」ですんで、それはないわ…そんな事になったら引くわー…と思ってたらお話はドンドン困った方向に流れて行くし、三択法でも何でも構わないのでネジ兄さんが不幸にならない展開をキッ神に切にお願いしたい気分であります。

「あやしい奴…
いったいどんな奴だ?」(医療班)

「…………そうだな
…確か…」
(ネジ)

<ガッ>「!!?」(医療班)

「ていうよりオレだ」(ネジ)

ご乱心のネジ兄さんが医療忍者を殺っちゃってます。柔拳使いの筈のネジ兄さんがクナイで殺める…ってのも既に解せない話ではありますが、医療エリアに入る前に感知系の忍によってスキャンされてますから、幻術もチャクラの乱れで察知されるし、通常の変化もバレちゃう筈です。だからネジが幻術にハマって…とする考えにも無理があります。それにネジ兄さんの悪顔にも妙に馴染めなくて、長門みたいにもうどうでもいい…と思えるくらい萎えそう(笑)。兎に角、ネジ兄さんのご乱心が本人の演技じゃなければ、この行は完璧にネジ兄さんの「死亡フラグ」であります。既に何人か忍連合軍の医療忍者を殺めてますから…。でも、回りくどいじゃないですか…こんな崩し方って。

これが”暁”VS忍連合の”暁”側の戦術だとしたら…ですよ。既に九尾の代用品である金角銀角を封印した”琥珀の浄瓶”も手中に収めてて、八尾のチャクラはタコ足一本分ではありますが外道魔像に封印済み。つまり、一尾~九尾までのチャクラは一応収集済みなのです。それなのに忍連合軍の戦略の要である医療班を崩しにかかるなんて、いくら負けられない戦いだとしても石橋を叩き過ぎじゃない。こりゃ代用版の外道魔像がかなりショボイのか、そうじゃなきゃネジ兄さんがやっぱり良い人じゃなきゃ困ります(笑)。ま…ナルジャンでこんだけ面倒くさい考察をしなきゃなんないのが、「ほぼ何でもできる」って設定から立ち上がってまして、それを言っちゃーお終いよ!!なんだけど…。

ほぼ何でもできる…なら、何で戦争を終わらせんの?!…かと。

キッ神…おっと…ネジ兄さんのご乱心

第539話「血の夜…!!」了



 

第540話「マダラの作戦!!」 | BLOG TOP | 第539話「血の夜…!!」(イタチと長門の邂逅編)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。