スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第545話「不死身軍団!!」

 
あらすじ:初代火影の妻・うずまきミトが「敵意」を感知する能力を持っていて、鬼鮫の情報(口寄せ鮫に運ばせた巻物)から、ナルトも同様なレベルの人柱力になった確信をトビは持ちます。白ゼツのチャクラをコピーする変化で忍連合を撹乱する作戦は、実はナルトを誘き出す為の戦術だったようです。ここから分かるのはトビが初代火影・千手柱間やその周辺を熟知していた事実で、やはり同時代を生きていた忍だと考えるべきでしょう。その中には勿論、うちはマダラも居ます。僕はやはり「イズナ説」を支持しますが、大外一気で猿飛サスケとかもアリでしょうか(笑)。ま…その辺はキッ神の種明かしに譲るとしまして、第四次忍界大戦そのものを囮にしてトビは九尾を穫りに行ってる…物凄い執着心がそこにはあるのです。

一方、雷影と火影が戦線に飛び出して殺風景な作戦参謀のシカクと秘書忍が雷影の決断に驚きます。勿論、これがトビの策略である事も二人にはお見通しですが、医療班の混乱振りが、ナルトの感知能力に頼らざるを得ない現実を示しています。それでも医療班も黙って指を加えてるだけではなくて白ゼツの細胞の解析を進めていて、五影会談で捕獲された白ゼツとの比較対照でより初代火影・柱間の細胞に近付いていると判明。ヤマトが何らかの形で白ゼツを強化した事も見事に突き止めている。参謀本部に戻った綱手がその情報を吟味して、柱間(おじい様)に執着したマダラ(トビ)と大蛇丸を思い出しながら、トビの不死認定を下すに至ります。今のところ、綱手にはトビを打倒する方法が思い当たらないとかなり気弱ですが…ここ何気に気になっています。

追記:綱手は白ゼツの細胞の情報からカブトとトビのヒエラルキーを見抜き、初代の研究成果としての「不死」を可能性のレベルではなく事実として受け止めています。五影会談で雷影に殺された白ゼツと第四次忍界大戦で捕獲した白ゼツとの差異にヤマトの細胞情報の関与もシズネとサクラのレベルで言い当てるという事は、綱手としてはそれより上位の情報を持っているのではないかと、僕は考えます。つまり、綱手もトビや大蛇丸のように初代の細胞を研究してたんじゃないかと。そう考えれば綱手の陰封印解による「創造再生」って、もしかして「その成果」なんかしらと思えるし、木遁にしたって柱間のオプションですから、他の真っ当なチャクラ性質とやっぱ違う象限の存在じゃーないんかと思います。だとすれば、「溶遁」「熔遁」も片付くから有り難い。この辺は図解でキッチリ説明したいんだけどなー…ゲフォッ…おっといけない持病の癪が…(笑)。

戦線に奔る九尾チャクラモードのナルトとキラビにいのいちの通信忍術を介してシカクが話しかけます。そこでトビの悪行や月の眼計画の全貌を噛み砕いて知らせます。同時に白ゼツの解析で判明した柱間スキー達の不死さ加減も解説してナルトに手加減など必要ない事を知らしめます。そんな矢先に調子ブッこいた白ゼツが変化した忍の一団がナルトとキラビに近付いて来るもんだからナルトの容赦ないフルボッコが始まります。九尾チャクラモードでの「九尾の鎧」の微細なチャクラコントロールが可能にした螺旋丸の同時生成と同時攻撃の「螺旋乱丸」「螺旋吸丸」「ミニ螺旋手裏剣」などなど…超お大尽に新技を披露しています。ヤマトの細胞により強化されたと言えども白ゼツってかなり弱いですね(笑)。

ま…ここで注目すべきは九尾チャクラモードの攻撃で白ゼツ達が樹木化(樹木化しちゃったら二度と白ゼツには戻れないかも知れません…白ゼツの言う「攻撃の影響」が引っかかります)しているところ…かな。これってキラビが思い出してるけどナルトの九尾のコントロール編でヤマトの木遁に影響を与えた九尾チャクラの生命力の所為で、何でこんなにもトビがナルトの九尾を欲しがるかの謎の答えが潜んでるんじゃないかと思うんです。何せ白ゼツ…いやいや…戦争自体がナルトを誘き出す為の囮になってるのに八尾・キラビをどうこうしようとする欲が全くありません(笑)。そう考えると、トビは九尾を単体で欲しいんじゃないかとも思えませんか。月の眼計画すら囮という考え方…。

強くなったナルトが亡き師匠・自来也の屋台崩しの口寄せ(ガマヒロ)しちゃったり、調子がいいのは結構だけど、その勢いで多重影分身しちゃうのはどーなんだろう。九尾チャクラモードでは九尾のチャクラを使うナルトは、九尾にナルトのチャクラを奪われるリスクを持っていまして、それが九尾のコントロールで仙人モードのナルトにフルボッコにされチャクラを引き剥がされてガリガリになった九尾を復調させてるんですが、多重影分身はその速度を速めます。それをシカクらは知らんのかも知れませんが、ナルトは知っています。これってよーく考えるとトビの思惑通りでしょう。それは桑名の焼き蛤…で、ナルトがトビの策略をうっちゃるとは思うけど、その為のタコ足一本琥珀の浄瓶の金銀保険なのね…きっと。

 

第546話「新旧影対決!!」 | BLOG TOP | 第544話「二つの太陽!!」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。