スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未だ読んでいない人の為に…⑤

 
第一部は良かった…全部良いんだけど、中忍になったばかりのシカマルがルーキーズを引き連れておっ始めた「サスケ奪還任務」から「ナルトVSサスケ in 終末の谷」…そして「第一部完」の洞窟の”暁”集合までが堪らなく好き。この頃のお話はリアル週ジャンで楽しんでた訳じゃなくて、第二部入ってからコンプした単行本で一気読みなもんで多少欲目もありますかね。どっちかってーと『NARUTO -ナルト-』は単行本で続けて読んでみて<ふうっ…>ってなれる傾向があると思うんです。それと第二部入ってからが面白くないかってーのも違いまして、今も十二分にキッ神の掌でゴロゴロと転がされております。そして、第一部の終末の谷が終わり、七年振りに行われた”暁”の同窓会の数週後、それはやって来ます。

「カカシ外伝」(戦場のボーイズラブ)

…おっと、すみません!!副題は「ボーイズライフ」でしたっけ、いけない!!いけない!!暑くて頭がボーッとしてたもんでスミマセン(笑)。若かりし日のカカシを軸にミナト班で任務に励むリンとオビトを描くスピンアウト作品。これがまた単なる第一部と第二部のつなぎであるだけでなく、かなり高度な恋愛模様を描く『NARUTO -ナルト-』屈指の名作と言える作品でした。『NARUTO -ナルト-』の夏休み映画でオリジナルストーリー考えるくらいだったら、これをそのまま忠実に映像化すれば良いんじゃねーの…と思ってたらホントにアニメ化されてDVDがリリースされましたね。劇場版程のクオリティじゃないけど捻り無しで忠実にアニメ化してくれまして楽しめる作品に仕上がっています。

『カカシ外伝』(戦場のボーイズライフ)

ナル×ジャンでも実況中継なみのレスポンスで感想が上がったくらいですから…全く同じネタで弄ってるのはご愛嬌です(笑)。かいつまむとカカシが写輪眼を仕込む経緯を描いてるんですけど、それに添えられるカカシとリンとオビトの何とも高度な三角関係が凄くて、その解析にとうとうメリケンの”NASA”が名乗りを挙げた程で、その一部始終をナル×ジャンでまとめさせていただきました。それにナル×ジャンの目薬好き(興味のある方は探してみてください。ちょっとブリザードな考察がありますんで…)が高じてオビトが作中点眼するのを拾い上げて、「ふむふむ…恋とは…だね」と、偉そうに持論をぶち上げて書き上げた考察があります。全くどのツラさげて…なお話ですがウィリアム様の待画に免じまして(ry

「オビトは何故、”目薬”をさしていたのか?」(恋愛論)

確か…リンちゃんの待画だけはケルベロスはノータッチウィリアム様が直々にロゴの配置等デザインを完結されましたっけ。だから、ひと味違いますね。こんな暑苦しい時期に暑苦しいオッチャンが「恋愛論」でもないでしょうが、一生懸命、任務や恋に生きたカカシとリンとオビトが描く壮大な三角形を是非とも味わって欲しいです。多分に捏造限界が加味されてはおりますが、ナル×ジャン・ケルベロスの「恋愛論」が余す事なく述べられています。自分自身もちょっと甘酸っぱく感じながらたまに読み返したりもするお気に入りの一本です。まだ読んでない人がいらっしゃるなら、是非この機会にお目を通してください。もしかしたら、カカシが二次(イチャイチャ)に走った理由もそこに在るのかもね(笑)。


 

未だ読んでいない人の為に…⑥ | BLOG TOP | 未だ読んでいない人の為に…④

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。