スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無(ムウ)様の捨てゼリフ(ep553補足)

 
<ズザザザザ…>

<ズズズ>

「用心しろ
オレは…」
(ムウ)

エーッと捕捉なんですが…無(ムウ)の捨てゼリフはスルーしようと思います。そもそも穢土転生なんていけ好かない忍術で呼ばれた忍が生前の能力をそのまま発揮できる設定に虫酸が走ります(笑)。しかも元影とかイタチ兄さんとか…何で大蛇丸の部下のもやしヤローのカブトなんて三下キャラに呼ばれなきゃなんないんでしょうか?個人情報物質(恐らくDNA)さえあれば人柱(依憑)に降ろせるらしいですけど、そんなもんでフルスペックの能力が発揮された日には一生懸命生きてる命が浮かばれません。第四次忍界大戦がタケナワでありますが、ホントだったら忍連合軍の忍は穢土転生反対のデモしたっていいくらいです。しかも、不死なんてオプションありですから、デイダラなんていきなり出オチのC0連発すれば楽勝。

それか死ぬ程のチャクラ練った忍術を炸裂させて大回転させれば効果的ですよね。でもそれだと「エネルギーの総量」が無尽蔵になっちゃう忍術なんです…穢土転生って。それで禁術扱いに…なんじゃなくて、その前に著しく倫理に反する忍術で(笑)…人の命を奪う。殺める。所詮、忍術に倫理観も無いかッ!!ハハッ…きっと余りにも下らないから禁術指定されたんだと思います。忍界はそれくらい粋な集まりだとケルベロスは考えとります。それで穢土転生の無(ムウ)様の捨てゼリフですけど、僕は「ちゃんと封印しろよ」の意味に受け取りました。そして、我愛羅は砂で縛り封印の術式をしっかり刻んだので、一件落着だと思うんです。これが穢土転生で呼ばれた無(ムウ)様じゃなけりゃ話は違いますけどね。

…と言うのは、穢土転生って召還者のスキルを外界からの刺激に対して反射させるだけの忍術だと思うんです。召還者も勝手に身体が動くから皆気をつけろと警告してましたよね。能力が高い忍を呼べばそれなりに戦力にはなると思うんです。でも、それで完璧に生前の能力を再現できるか…ちゅーと無理があります。それは「行い」「心」が備わっていないからです。カブトは「行い」を操ってるだけなんです。「心」は残すか無くすかしか選択肢がない。それが穢土転生の弱点…つーか限界だと、僕は思います。人の「行い」には必ず「心」が宿っています。僕らは『NARUTO -ナルト-』で本当の強さって何なのかを見せられている。それを思い出して欲しいんです。それは「行い」「心」があるかないかという事なんだよ!!

確かに無(ムウ)様は「血継淘汰」の強い忍で、それを黙らせるには忍界唯一の「血継淘汰」であるオオノキしか無いと言われてました。でも、ナルトの九尾チャクラモードの多重影分身に吹っ飛ばされたじゃない。あれはナルトの多重影分身分の数分の一がめっちゃ強い…という提示かしらと一時考えたんだけど、穢土転生の召還者が本来の強さを出せない…ちゅー提示だったと、今は思う様になりました。僕らは人の本当の強さを考えているんです。それは「行い」「心」が備わっているかどうかという事なんだ。穢土転生「心」「行い」を切り離して「行い」だけを勝手に走らせるコスイ忍術なんですよ。でも…それじゃ「本当の強さ」なんて出せないと、僕らは『NARUTO -ナルト-』のいろんな場面で見て来たじゃない。

だから、無(ムウ)様が意外にヘタレだったり、その前の完全体・長門瞬殺だったり、三雷が恐らく風遁・螺旋手裏剣か風遁螺旋丸の新術で粉微塵になっちゃうだろう予想も僕には普通です。そして、唯一の例外としてイタチ兄さんが居る。究極幻術・別天神穢土転生を返したイタチ兄さんの「行い」には「心」が備わっています。だから、例外的にイタチ兄さんは強いんです。しかも、病魔は御破算になっておりますれば生前の制限もありませんし、相手がド汚い忍術使いのカブトですんで、優しさ故の制限も却下です…却下(笑)。そして、カブトが「取って置き」を召還する為に時間稼ぎなんかしてますが、呼びたきゃ呼べばいい!!どんな奴が来ようともイタチ兄さんは負けせんよ。イタチ兄さんは大切なものを守る為に戦ってるんだよ!!

穢土転生なんかに負けるかよ!!


 

第554話「螺旋手裏剣の限界…!!」 | BLOG TOP | 第553話「主戦場到着!!」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。