スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今夜は月が綺麗ですね」(110922)

 
「今夜は月が綺麗ですね」

かの文豪・夏目漱石は”I Love You”をかの様に翻訳したそうです。当時、東京帝国大学で英語の講師として働いていたと思います。まだ日本に「愛してる」なんて言い回しが無かった頃かと思います。極めて叙情的な翻訳から東大生に不評だった…という風説も何だか納得できました。暗い道を独り歩いていた。ふと見上げるとキレイなお月様が浮かんでいる。静かな風が吹いて、水面に映る月を僅かに揺らす。アナタにも今宵の月を見て貰いたい!!…その時、頭の中に浮かんだ人って「好きな人」だと思うんですね。もしも、その時代にメールが在ったならきっと月のシャメ送ると思うんです。こんなにキレイなお月様を見て欲しい!!同じお月様をアナタと観たい!!そう伝えたい気持ちを”I Love You”だと訳したんです。

僕は相方と散歩してて凄く幸せな気持ちになってましたっけ。それでもこのお月様を誰かに伝えるべきだと思った訳です。それでナル×ジャンに「キレイなお月様ですね…」と記述を上げた訳です。最初は夏目漱石の「今夜は月が…」のエピソードは知らなかったんですが、それでも、月がキレイだなー…と思った時に皆さんの事が心に浮かんだ気持ちは、夏目先生の「今夜は月が…」と同じだと思います。それって「愛してる」と同じ気持ちだと思うんですよ。キレイな月を観て、それを観て欲しいと思った。日本の何処に居ても、世界の何処に居ても同じ月を観る。凄く素敵じゃないですか。メールなんかなくても、遠く遠く離れていても心は一つだよ。僕らは一緒だよ。そう思える感受性を皆が持ってるのです。

”I Love You”

そう考えるとトビが「月の眼計画」で全ての人に幻術を掛け一体化したいと願う気持ちも、正しいとは思えませんが、一応理解できます。トビは凄く寂しいんだと思います。どんなに「力」があっても自分を信じる事が出来ないでいるんです。誰にも触れられる事なく他者を傷付けられる能力があろうと、トビが不安なのは自信がないからです。だから、他者を夢の中に落として自分と同じ夢を見て欲しいと思うのです。しかし、それは「今夜は月が…」と誰かに伝えたい気持ちとは全く違います。それは相手の感じ方を無視してるからです。トビにとっては相手がどう感じるかが不安の源であり、幻術なんて卑怯な手段で世界を一つにしようと思ってしまう訳です。それではいけない…否…寂し過ぎると、僕は思うんです。

ホントにキレイなお月様を観て、それをキレイだな…と感じて、誰かに(好きな人に)観ても貰いたいなァ…と考えるのと、幻術で誑(たぶら)かすのは意味が違います。それこそ「力」に頼った平和(平穏)なんじゃないでしょうか。兄系が見出し六道仙人が否定した「力」。そうでなくて「今夜は月が綺麗ですね」とただ伝える。それを受け取ったそれぞれが個々に感じれば良いのです。他者の評価を気に病む必要はないのです。ホントに心の底から同じ月を観たい。アナタにも観て貰いたい。そう思う気持ちこそ夏目漱石氏翻訳の”I LOVE YOU”なのです。あのキレイなお月様を観た時に思い浮かんだ人を思い出してみてください。それが……きっとアナタの好きな人なんだから!!僕は皆さんを想ったんだからッ!!

繋がる…って、そういう事なんだから!!

I LOVE YOU ALL.(マイケルジャクソン)

「愛」が世界を一つにするんだッ!!!!!!!

「今夜は月が綺麗ですね」
ナル×ジャン ケルベロス


 
業務連絡(110924):今日は相方と遠出するんでレスが遅くなります。涼しくなって来て食欲満点でぽっちゃり系になっちゃうと困るのでしっかり運動してきます。それでは「また今夜!!」(ワンダフル風←古ッ!!)。


第556話「我愛羅VS水影!!」 | BLOG TOP | 第555話「矛盾」(補足)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。