スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第562話「己を拾う場所」(NAVI)


「己を拾う場所」はかなり面白かったと思います…というかキッ神がまた元に戻った…みたいな、もっと凄い言い方するなら、自分で書いてる…本来のテンポを取り戻したんだと思います。何だか、ここからかな…と、僕は感じてて、キッ神がホントに書きたいと思ってるお話がそろそろと始まるんじゃないかとワクワクしました。しかし、五影が雁首揃えて穢土転生のマダラ一匹に拳振り上げるのも何だかなーなんですが(笑)、そもそも第四次忍界大戦がナルトとサスケの「終末の谷の決闘」の前座だと考えれば納得できます。それほど「終末の谷の決闘」には重い意味があるんじゃないかと、僕は考えています。勿論、ソースは「うちはの石碑」なんですが…(笑)。ま…今度はこっちが書きたくても書けない(汗)。

それでもオオノキの会心の「見得」は心に響きました。『NARUTO -ナルト-』がホントに少年少女に伝えたい「愛」に気付いたオトナの姿が鮮明に描かれていた様に思います。「愛」は空気の様に世界に満ち溢れている。でも、空気の様だから大切に感じられない。当たり前の様にあるからそれが大切なんだと感じられない。感謝とは有り難い事を有り難いと認識する事であります。時が満ち、自分が誰かに「愛」を与える様になってその大変さ、困難さに、かつて自分が浴した温かい想いに気付けるのです。僕はそれをして「後悔」だけが人生なんだと訴えています。この有り難さ…有る事が難しい。その希有に対する認識を「感謝」と言うのです。それに気付けずにいるマダラにオオノキは血を滾らせているのです。

あれこれ語り出すと収まらないのでこの辺にしますが、いよいよ在るべき姿にお話が戻ると思います。同時に未出のトビの輪廻眼・ペイン六道と永遠の万華鏡写輪眼・サスケ…そして、KFB(カブトフルボッコ)に一直線(希望)のうちはイタチの動向も気になるところで、もう毎週wktkで週ジャン買いに走る…走りますがな!!(笑)やっぱお約束の五影集結のラストの見開きが暗示する様に忍界大戦編はいよいよクライマックスです。ここに来ての風呂敷の畳み方からしてキッ神のリミッター解除でゲシゲシ描いてくれると思います。僕もここまでの道すがら何度か辞めちゃおうかと思うくらいのグダグダがありましたが、もう安心して良いと思います。安心して「己を拾う場所」を読み耽ってください(笑)。

第562話「己を拾う場所」①

第562話「己を拾う場所」②

第562話「己を拾う場所」③

 

第563話「五影集結…!!」① | BLOG TOP | 第562話「己を拾う場所」③

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。