スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業務連絡(120324)

 


新約ペイン編…と言ったところでしょうか。
九尾のチャクラの解釈も微妙に木遁っぽいものがあって興味深い。
直ぐに消されちゃうと思うので早めに味わってみて下さい。
サクラがナルトを助けに行かなかったのは、行かなかったのではなく、
医療忍者の掟に従った結果だったのかも知れません。
しかし、それ以上にヒナタの母性は評価に値すると思います。
やはり、八卦の封印式見る目は確かですね(笑)。
今から考えると「ペイン編」もなかなか面白かったですね。
単行本がコンプしたら『NARUTO -ナルト-』の再評価がある筈。
今はかなり焦れったい想いもありましょうがご辛抱を(汗)。

ナル×ジャン ケルベロス


 

第579話「兄弟、共闘!!」① | BLOG TOP | 第578話「絶望の弱点!!」③

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。