スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第589話「穢土転生の術・解」②

 
<ボワワワワワワ>「!!」(キラ尾)

「!!」(トビ)

「ナルト!
人柱力達が消えそうだ♪
どうやらイタチがうまくやったようだ♪」
(キラビ)

<ハァ><ハァ>「ありがと…
イタチ」(ナルト)


「こっちはまだうだうだ♪」(キラビ)

「うだうだ言ってねーで
こっちもやるってばよ!!」(ナルト)

「穢土転生の術・解」の仕舞いの辺り(イタチの前)…ちょっと訂正がありまして、イタチがカブトに解印させた穢土転生テイルズ六道が消滅しようとしてますんで、これはカブトが呼んだ死人をトビが「魔像の杭」を用いて外道の術下に置いたのでしょう。僕はトビがカブトから見取った穢土転生テイルズ六道を仕立てたと考えてたんですが、トビはカブトの穢土転生の人形をアレンジして流用したんですね。尾獣の封印は人柱力を殺さず捕獲して外道魔像の元に拉致るのが原則ですから、基本、”暁”は人柱力の死体(尾獣を抜かれて死ぬ)を保有してる事になるんです。なのに、トビが何で穢土転生の人形を使ってテイルズ六道を仕立てたのかが疑問でしたが、ヤッツケ仕事で済ませたかったのかもね。

トビの移動能力ならば何処かのアジトに隠した人柱力の死体を回収するのは造作もない事なのに…。凄く疑問だったんだけど、目の前にある材料でチャッチャと仕上げてしまったのかな。しかし、穢土転生テイルズ六道を構成したので、奇しくも尾獣のチャクラと人柱力の御霊が再会してしまったんです。それを足場にナルトは尾獣同士が独自に繋がる「心の階層」に達し、件の「九つの名前」「(約束の?)チャクラ」を貰う事ができました。僕はそこにトビが隠し持つ何らかの狙いみたいなものがあるんじゃないかと期待したりしていたんですが、それがトビのある台詞と相反しましてうまく説明できずに居た…訳で、しかし、これがナルトにとっての結果オーライだったんかしらと納得できました。

(汗…?

…イヤ…雨だ…!
…オレが…あんな奴ら相手に
汗を流すことなど
あるハズがない!!」(トビ)

<ポツ><ポツ>

(ナルトはただのサスケへの当て馬…
オレにとっては余興でしかないガキ
だったハズだ!!)
<スッ>(トビ)

<サァー…>

(あいつの力は把握していた…!
この違和感は力くるものではない…!


なら何だというのだ!?
いったい何が…!?」
(トビ)

(…イヤ……
そんなことはどうでもいい
ナルトが何者かなんてのは 
どうでもいいことだ…)
(トビ)

第573話「輝きへと続く道」でトビがナルトに脅威を感じるシーン…トビは明らかに戦慄しています。しかし、それが余りにも想定外でリアリティがない。だから、汗なのか雨なのか…が解らない。僕はトビが「何らかの狙い」を持って、死体のみを利用する「六道の術」ではなく、穢土転生を咬ませて元人柱力の御霊も呼び寄せる…そこに何をか期待してしまった(汗)。でも、その想いがトビの焦りまくる姿としっくり来ない。しかし、これがチャッチャと済まそうとしたトビの手抜きが生んだナルトの結果オーライだったら非常に上手く繋がります。そもそも、兄系は「心」というものに不感症なところがあり、外道魔像すら尾獣の「力の階層」は支配しようとも「心の階層」には無頓着です。

なので、ここはトビのナルト軽視が生んだ悲劇…かと(汗)。いろんな方にヒントを頂きまして、不整合な部分が上手く繋がって参りました。今日は忙しくてお休みさせて頂こうかと思ったんですが、ここは書かなきゃと、急遽筆を執りました。実はここから面白い捏造限界が生まれてたりしまして、またキッ神を困らせてしまうかも知れないんですが、テイルズ六道(外道)はトビの穢土転生ではないけれど、トビもまた穢土転生を使えます<キリッ>。それが今後大きく物語に関わる可能性があります。術の解印に関しては発動者が行わねば術が解けない…「因果=印果」というものが忍術にあるだけで、だからイタチはカブトを幻術に嵌め操りカブト自身の印で「穢土転生・解」を行っただけ。

カブトの発動した穢土転生をトビが解けないのは当たり前なのです。だから、それとトビが穢土転生を使えないという考えは繋がりません。トビは予めカブトを”暁”に取り込む(共闘する)段階で取引して穢土転生の術の全てを見ています。写輪眼持ちが目の前で術を曝させるという事はその術を「頂きます!!」と同義であります。ここ、もう凄し掘り下げてナル×ジャンらしい捏造限界を示せれば良いなと思います。最近、いろいろとありましてナル×ジャンの活動に没頭できなくて物足りなさを皆さんに与えてるかなと申し訳ないし、いろんなメッセージにもお返事できなくてスミマセン。ま…その分、書ける時は書きますので、今回の「無いナル」は何とかナル×ジャンが踏ん張って…<ゲフォッ>(←吐血)。

…と、いつものお約束で続きます(笑)。

 

第589話「穢土転生の術・解」③ | BLOG TOP | 第589話「穢土転生の術・解」①

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。